原子力発電所反対デモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京・新宿での反原発デモ 「9・11原発やめろデモ」にて(2011年9月11日)

原子力発電所反対デモ(げんしりょくはつでんしょはんたいデモ)とは、原子力発電所の新設や既存の原子力発電所の存続、停止中の原子力発電所の再稼働等に反対するデモ活動である。反原発デモ脱原発デモとも言う。

日本[編集]

日本の原子力発電所反対デモは、1970年代以降の原発建設予定地周辺における建設反対運動の他、都市部での原子力発電所反対デモとして、原子力発電所事故が発生した際に盛り上がる例が多い。1986年(昭和61年)4月26日に旧ソ連(現ウクライナ)で発生したチェルノブイリ原子力発電所事故や、2011年(平成23年)3月11日に発生した[1][2]日本の福島第一原子力発電所事故を引き金にして盛り上がっている。特に福島第一原発事故以後は、日本をはじめ世界各国で多い所では数十万人単位の参加者が集うようになっている。

東京での反原発ラリー(2011年3月27日)
VOA Herman 東京での反原発デモ(2011年4月16日)

2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震を主因に福島第一原子力発電所事故が発生すると、地震による原子力事故への危惧が高まり、東京福島県浜通りなど全国各地で、原発の廃止を求めるデモ活動が行われるようになった。

2011年3月18日東京電力本社の前で活動家3人がトランジスタメガホンを手に福島第1原発に関する声明を読み上げ、参加者が増えていった。同年3月20日に東京・渋谷で、同月27日には銀座で大規模なデモが行われ、いずれにも約1000人が集まったと報道された[3][4]。 同年3月27日には、名古屋にて『脱原発を歩こう!~ストップHAMAOKAぱれーど~』が行われ、一時間弱のパレードを開催し、約400人が集まった。4月10日には、東京で2つの反原発デモが行われ、それぞれ芝公園では2500人、高円寺では主催者発表で1万5千人、ロイターによれば5千人(どちらで行われたデモかは不明)が参加した[5][6][7]6月11日には新宿で主催者発表で約2万人が参加するなど[8]、「6・11脱原発100万人アクション」としてデモやイベントが全国各地で開かれ、参加者は合わせて朝日新聞によれば7万9千人と報じられた[6]。この時、自由民主党幹事長石原伸晃は「アナーキー(無政府主義的)で代替エネルギーのことを考えていない」と発言した[9]。同日、宮崎駿スタジオジブリのある東小金井でデモを行っており[10][注 1]、スタジオジブリの屋上では同月16日から、「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」と書かれた横断幕が掲げられている[11]

同月19日には東京・明治公園で、ノーベル賞作家大江健三郎らが呼びかけて主催者発表によれば6万人規模のデモが行われた[6][12]

一方「山河を守れ」「国土を汚すな」と保守派や民族派右翼団体からも、反原発デモや団体に同調したり、参加したりする場面も出てきている。例えば一部の右翼団体が「祖国を荒廃させるリスクがある原発依存体質からの脱却」を主張し、2011年7月から11月にかけて「右から考える脱原発集会&デモ」と称して集会・デモ行進を実施したことを、公安調査庁は指摘している[13]。また民族派の新右翼鈴木邦男は、脱原発を唱える環境団体グリーンアクティブの賛同人に名前を連ねた[14]

2012年(平成24年)7月20日には、保守派の論客勝谷誠彦大飯原発再稼働に反対する首相官邸前デモに参加。同年7月29日にはかつて警察官僚として過激派対策を担った亀井静香国会議事堂を取り囲む反原発集会に参加。両名とも、デモの集会では原発再稼働を批判するスピーチを行っている[15]。7月13日の官邸前デモに同行取材したジャーナリストによると、デモには日の丸を掲げるグループもあり、統一戦線義勇軍は「子供たちの命と麗しき山河を守れ」と大書した旗を掲げたという[16][注 2]

経産省前テントひろば[編集]

原子力発電所の廃止を日本政府に求めることを目的として、2011年(平成23年)9月11日東京都千代田区霞が関経済産業省庁舎敷地内の一角に本来違法である国有地を占有するテントが設営された。以降は24時間体制での泊り込みや議論、交流、行動する場となっている。テントの設置の淵源については原発の再稼動中止を求める市民団体らが、2011年9月11日に行われた抗議活動「人間の鎖」の一環としてテントを張ったことがきっかけとなり始まっている[18]

2012年(平成24年)1月24日には経済産業大臣・枝野幸男より退去命令が出された[19]

2013年(平成25年)3月29日、経済産業省はテントを設置している市民団体に対して立ち退きを求めて東京地方裁判所に提訴した[20]

2015年2月26日、東京地方裁判所は、「表現の自由の行使という側面はある」としながらも、「国が明け渡しを求めることは権利の乱用ではない」として、テントの撤去や過去の土地使用料として、被告側に1440万円の支払いを命じる判決をした。被告側は、「テントは脱原発運動そのものだ。日本の原発が全部なくなるまで頑張る」と撤去に応じない考えを示し、控訴する方針である[21]

2016年7月28日、最高裁判所が上告を棄却。テントの撤去と約3800万円の支払いが確定した[22][23]

2016年8月21日未明、東京地裁の強制執行により、テントは除去された[24]

さようなら原発10万人集会[編集]

2012年(平成24年)7月16日「さようなら原発10万人集会」と銘打ったデモが、東京都渋谷区の代々木公園で開かれ、主催者発表で約17万人、警視庁関係者によると約7万5千人が参加した[25]

紫陽花革命・金曜デモ[編集]

2012年(平成24年)6月頃にストレステストの2次評価を待たずに大飯原発の再稼働を進めようとする動きに反対して規模が拡大した原子力発電所反対デモが、野田政権打倒の主張にまで発展したことから、アラブ世界各国の民主化運動「アラブの春」における「ジャスミン革命」になぞらえて、「紫陽花革命」と呼ぶ人たちも現れた[26][27][28][29]。賛同者が毎週金曜日に総理大臣官邸前に集結して原発再稼働の反対を訴えた[30][31][32]。言葉のそもそもの起こりは、いとうせいこうが東日本大震災直後の2011年9月11日、「9・11原発やめろデモ」で行なった詩『廃炉せよ 廃炉せよ 廃炉せよ』の朗読の中でデモ隊を“君たちは路上の花だ、蛇行して咲く植物だ”と詠んだことに始まるという。

7月29日の集会は参加者が10万人単位にまで膨れ上がり、人々が機動隊の規制を突破して国会議事堂正門から内堀通りに伸びる車道を埋め尽くした[33]

「団扇で脱原発」プロジェクト[編集]

関西の反権力的な市民活動家原子力発電所を批判するメッセージが記載された団扇を作成し、関西を中心に団扇を配布することによって反原発を訴える市民活動を行い[34]、様々な報道機関から取材を受けた[35][36][37]

葬式デモ[編集]

「いのちを守るデモ」プロジェクトは、高度に放射能汚染がされている被災地に居住し続けると死亡する可能性が高いと主張し、2011年10月18日に大阪府内で「葬式デモ」を実施した[38][39][信頼性要検証]

過激派[編集]

公安調査庁は、2011年(平成23年)の動向として、“中核派革マル派などが、反原発運動の高まりを好機と見て反原発を訴えながら活動を活発化させる一方で自派の機関紙やビラを配布するなどの宣伝活動に取り組み勢力拡大を図っている”とする[13]

2011年3月31日には約100人による東京電力に対する抗議デモが行われたが、行進を停滞させるなど、デモの許可条件や警察官の警告に反する違法な先導をしたとして、警視庁公安部が中核派の活動家3人を逮捕したという[40]。なお、公安当局によれば6月11日のデモには革マル派・中核派や原水爆禁止日本協議会が後ろ盾にいたという[9]

事件・犯罪者の関与[編集]

2011年平成23年)9月11日には新宿でデモが行われたが、参加者が機動隊員らの顔を殴ったことや車道で行進していたデモの隊列を歩道に広げたとして、公務執行妨害公安条例違反の疑いで12人が逮捕されている[41]

反原発デモに対するカウンターデモ(原発推進デモ)[編集]

一方、“行動する保守”諸団体は“原子力発電所の停止で電力不足に陥るから代替エネルギーが確保できるまでは原発の再稼動による電力確保が必要”と主張してデモ活動を行った[13]福島第一原子力発電所事故の影響で社会問題化した電力不足については「在日韓国・朝鮮人の基幹産業であるパチンコ業界こそが電力を浪費している」などとして、パチンコパチンコ店全廃を訴えた[13]

2012年(平成24年)9月25日には「原発推進国民会議」(幸福実現党系の市民団体。代表者も幸福の科学の会員)が首相官邸前で「政府に原発推進を求める集会」を開催。この集会には約1000人が参加したと幸福の科学出版ザ・リバティ(電子版)が報じている[42]

2013年8月24日に東京都日野市万願寺において「原発再稼働推進デモ」が実施された[43][信頼性要検証]

台湾[編集]

2011年3月20日に日本の福島第一原発で放射能漏れが起こった為に台湾首都の台北市で四基目になる新規の原子力発電所の増設に反対及び現存している原発の総点検を求めるデモが行われた。デモ参加者は主催者発表では約5000人で警察発表では約2000人で参加者には元行政院長行政の長の役職で日本では総理大臣に値する)や野党・民進党の政治家も参加していた[44]

欧州[編集]

ドイツ[編集]

ドイツでは2011年3月26日から3月27日にかけてベルリンハンブルクミュンヘンケルンなどの大都市で反原発デモが開催され、約25万人が集まったと報道されている[45]

フランス[編集]

フランス社会党は2012年、福島第一原発事故発生後の世論の高まりを受け数十年来の原発推進政策を転換し、今後20から30年で原発を廃棄する方針へと転じ[46]2012年フランス大統領選挙では、フランス社会党の支持を受け、「減原発」を訴えるフランソワ・オランドが現職のニコラ・サルコジ大統領を破り、大統領に当選した。

南アフリカ[編集]

2017年11月、南アフリカでは国内2か所目となる原子力発電所の建設が承認され、環境保護団体のグリーンピースの活動家らがプレトリアでデモを行った[47]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 表紙は「NO ! 原発」と書いたプラカードを胸に下げて歩く宮崎駿で、「6月11日、宮崎駿監督は東小金井で小さなデモをした」と書かれている。またこの号で宮崎駿は、原発をなくすことに賛成と述べており、ジブリとしては原発に反対であることなども語られている。
  2. ^ また7月1日に新宿で催された「原発やめろ野田やめろ」デモを取材した別のジャーナリストは、右翼の街宣車が「反原発右派」と応援看板を見せて去っていったというエピソードを紹介している[17]

出典[編集]

  1. ^ “【社説検証】原発事故1年 産・読「『脱』で年3兆円の損」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年3月19日). オリジナル2012年3月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120319021126/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120319/plc12031907350004-n1.htm 2012年3月21日閲覧。 
  2. ^ 原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書”. 首相官邸 (2011年6月). 2012年3月21日閲覧。
  3. ^ “渋谷でデモ「原発は即刻停止せよ」…中国メディアが注目”. サーチナ (SBIサーチナ). (2011年3月22日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0322&f=national_0322_014.shtml 2012年3月21日閲覧。 
  4. ^ “反原発デモ:東京で行われる 市民ら1000人が参加”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年3月27日). http://mainichi.jp/select/today/news/20110328k0000m040029000c.html 2011年3月27日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “10日、都内でふたつの反原発デモ 高円寺では若者中心に1万5000人が参加”. 日刊ベリタ (ベリタ). (2011年4月10日). http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201104102327080 2012年8月6日閲覧。 
  6. ^ a b c “6・11脱原発デモ、48%が初参加 ネット・口コミ7割”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年10月19日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201110190199.html 2012年4月30日閲覧。 
  7. ^ “反原発デモに約5千人(10日)”. ロイター (トムソン・ロイター). (2011年4月11日). http://jp.reuters.com/news/video?videoId=201717200 
  8. ^ “震災3カ月、各地で脱原発デモ 福島・新宿・フランス…”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年6月11日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106110405.html 2013年7月20日閲覧。 
  9. ^ a b 毎日新聞』2011年(平成23年)6月19日[要ページ番号]
  10. ^ 『熱風』第8号、スタジオジブリ、2011年
  11. ^ ジブリ屋上に幕「原発抜きで映画を」”. ビジネス情報誌オルタナ (2011年6月17日). 2012年4月30日閲覧。
  12. ^ “大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年9月19日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201109190278.html 2013年7月20日閲覧。 
  13. ^ a b c d 「内外情勢の回顧と展望」(平成24年版) (PDF)”. 公安調査庁 (2012年1月). 2012年3月21日閲覧。
  14. ^ 組織概要”. グリーンアクティブ. 2013年7月28日閲覧。
  15. ^ “特集ワイド:国会囲む「原発ノー」の声 政治家たちに届いているか”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年8月2日). http://mainichi.jp/feature/news/20120802dde012010025000c.html 2013年7月28日閲覧。 
  16. ^ “金曜の夜、叫ぶ、歌う 官邸前で脱原発訴え”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年7月14日). http://www.asahi.com/special/energy/TKY201207130632.html 2013年7月28日閲覧。 
  17. ^ “特集ワイド:西新宿から4キロ2時間、「素人の乱」デモに参加した 「再稼働反対、再稼働反対!」鳴りやまないシュプレヒコール”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年7月4日). http://mainichi.jp/feature/news/20120704dde012040009000c.html 2013年7月28日閲覧。 
  18. ^ 寺家将太「“脱原発テント村”退去期限迫る! 経産省前からニコ生放送中」『ガジェット通信』2012年1月27日
  19. ^ “脱原発テント村”退去期限迫る! 経産省前からニコ生放送中”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2012年1月27日). http://getnews.jp/archives/164913 2012年3月21日閲覧。 
  20. ^ “「脱原発テント」撤去求め提訴 経産省”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2013年4月8日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130408/trl13040818220003-n1.htm 2013年5月22日閲覧。 
  21. ^ http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1891
  22. ^ “経産省敷地の「脱原発テント」撤去へ 国側の勝訴確定”. 朝日新聞. (2016年8月1日). http://www.asahi.com/articles/ASJ814WRYJ81UTIL02F.html 
  23. ^ “脱原発テント、撤去命令が確定 経済産業省前、市民団体側の支払額は3800万円”. 産経新聞. (2016年8月1日). http://www.sankei.com/affairs/news/160801/afr1608010003-n1.html 
  24. ^ “東京地裁 「脱原発テント」を経産省敷地から強制撤去”. 毎日新聞. (2016年8月21日). http://mainichi.jp/articles/20160821/k00/00e/040/142000c 
  25. ^ “さよなら原発「17万人」集う 酷暑の中 最大規模”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞社). (2012年7月16日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012071702000189.html 2013年7月20日閲覧。 
  26. ^ 伊田浩之 (2012年7月9日). “野田首相の地元・千葉県船橋市で反原発デモ――政権打倒訴える「紫陽花革命」”. 週刊金曜日ニュース. 金曜日. 2013年7月28日閲覧。
  27. ^ Joieau (2012年7月7日). “Japan's 'Hydrangea Revolution' in Full Swing!”. Daily Kos. 2013年7月28日閲覧。
  28. ^ La révolution des hortensias - JAPON”. ARTE JOURNAL (2012年7月17日). 2013年7月28日閲覧。
  29. ^ 日繡球花革命 反核10萬民將圍國會”. 世界新聞網 (2012年7月29日). 2013年7月28日閲覧。
  30. ^ 田中龍作 (2012年6月22日). “「再稼働反対」の地鳴り 首相官邸前で進む“紫陽花革命””. 田中龍作ジャーナル. 2013年7月28日閲覧。
  31. ^ 斉藤円華 (2012年6月22日). “官邸前の「あじさい革命」に45000人”. alterna. オルタナ. 2013年7月28日閲覧。
  32. ^ 赤坂祥彦、池田真隆 (2012年6月29日). “【速報】「あじさい革命」20万人が首相官邸前埋め尽くす”. alterna. オルタナ. 2013年7月28日閲覧。
  33. ^ 脱原発デモで国会を包囲、主催者発表で20万人参加 AFP 2012年7月30日
  34. ^ めざせ10万枚!「団扇で脱原発」プロジェクト
  35. ^ 『京都新聞』、2011年7月13日
  36. ^ 『毎日新聞』、2011年7月14日
  37. ^ 『しんぶん赤旗』、2011年7月16日
  38. ^ 「いのちを守るデモ」プロジェクト
  39. ^ 「命をまもるデモ」実行委員会
  40. ^ “【放射能漏れ】東電へのデモで中核派3人を逮捕 警視庁”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2011年3月31日). オリジナル2011年4月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110402195233/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110331/dst11033118370053-n1.htm 2011年12月16日閲覧。 
  41. ^ “原発デモで12人逮捕、機動隊員暴行などで”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年9月12日). オリジナル2011年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111203022628/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110912-OYT1T00004.htm 2011年9月14日閲覧。 
  42. ^ 脱原発とは真逆の「原発推進」集会に1000人が参加 首相官邸前でシュプレヒコール”. ザ・リバティWeb. 幸福の科学出版 (2012年9月25日). 2013年7月28日閲覧。
  43. ^ 日野市万願寺原発推進デモ(16)
  44. ^ “「台北で反核デモ、第4原発の建設に反対」”. 台湾通信 Taiwan News Web (通達翻譯出版). (2011年3月21日). http://taitsu-news.com/front/bin/ptdetail.phtml?Part=fkn11032101&Category=306583 2012年3月21日閲覧。 
  45. ^ “ドイツ各地で反原発デモ 廃炉求め25万人”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2011年3月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM26039_W1A320C1FF8000/ 2011年3月27日閲覧。 
  46. ^ “[FT]フランスでも揺らぐ原発への信頼”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2011年3月25日). オリジナル2013年7月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130728094852/http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV25001_V20C11A3000000/ 2011年3月27日閲覧。 
  47. ^ グリーンピース、環境省前でデモ 国内2つ目の原発建設に反対 南ア AFP、2018年8月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]