ピースマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピースマーク
ピースマークを持った平和運動家

ピースマーク英語: Peace symbols)あるいは平和記号(へいわきごう)は平和運動反戦運動シンボルとして世界中で使われているマーク。円の中に鳥の足跡を逆さまにしたような形をしている。

起源については諸説あり、平和を象徴するハトの足跡のデザインとされることがあるが、事実ではない[1]イギリス平和団体核軍縮キャンペーン(CND)のためにイギリス人アーティストのジェラード・ホルトム(Gerald Holtom) が1958年にNuclear Disarmament(核軍縮)の頭文字「N」と「D」を手旗信号で(「N」の両腕を斜め45°で下ろした形と「D」の右手を真上に左手を真下にした形を合体させ、これを円で囲んで)表したものをデザインしたものである[2]。1960年代後半のアメリカヒッピー運動やベトナム反戦運動と共に平和・反戦の象徴として世界中に広まった[3]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+262E - ☮
☮
Peace Symbol

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「中日春秋」中日新聞2015年5月18日。
  2. ^ 中村久司 『観光コースでないロンドン イギリス2000年の歴史を歩く』 高文研2014年、249頁。ISBN 978-4-87498-548-9
  3. ^ The Origin of the Anti-Nuclear Emblem

関連項目[編集]

外部リンク[編集]