核情報資料サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
核情報資料サービス
英語: Nuclear Information and Resource Service
略称 NIRS
設立年 1978年
本部 アメリカ合衆国 メリーランド州 Takoma Park
代表 Michael Mariotte
ウェブサイト http://www.nirs.org
テンプレートを表示

核情報資料サービス(かくじょうほうしりょうサービス、: Nuclear Information and Resource ServiceNIRS)は、1978年に設立されたアメリカ合衆国反核運動団体。原子力資料情報サービス[1]などとも訳されている。

NIRSは核エネルギー放射性廃棄物放射持続可能エネルギーなどの課題に関連する、市民や団体のための情報ネットワークセンターとして設立された[2]。NIRSはエネルギーの効率的使用、太陽光発電風力発電プラグインハイブリッドなどの安全で持続可能な解決方法の実現を提唱している。

2000年、関連団体の世界エネルギー情報サービス(en:World Information Service on EnergyWISE)と国際組織(NIRS/WISE)となった[3]

主張[編集]

NIRSの主張には、放射性廃棄物の厳格な管理、核兵器および新規原子力発電所の禁止が含まれている。NIRSは、放射性廃棄物の非効率な再処理や安全ではない運搬、ネバダ州のユッカ山(en)のような巨大な核廃棄物貯蔵庫などに反対している。NIRSはまた、核エネルギーを地球温暖化などの気候変動対策とみなしていない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]