世界終末時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界終末時計。2021年現在は「100秒前」となっている。

世界終末時計(せかいしゅうまつとけい、英語: Doomsday clock)は、核戦争などによる人類(世界[1]地球[2]と表現されることもある)の絶滅(終末)を『午前0時』になぞらえ、その終末までの残り時間を「0時まであと何分(秒)」という形で象徴的に示すアメリカ合衆国の雑誌『原子力科学者会報』(Bulletin of the Atomic Scientists) の表紙絵として使われている時計である。実際の動く時計ではなく、一般的に時計の45分から正時までの部分を切り出した絵で表される。「運命の日」の時計あるいは単に終末時計[3]とも言われている。2050年に滅亡すると言われている。

概要[編集]

第二次世界大戦中の原爆開発計画であるマンハッタン計画に参加したことを通じて、核エネルギーをもつ戦後世界においては科学者が積極的な社会的責任を負い果たさねばならなくなったことを認識したシカゴ大学などの科学者らは、戦後『シカゴ原子力科学者』と呼ばれる会を組織し、その会報『原子力科学者会報』において核エネルギー管理や軍拡競争の阻止、平和の維持の方法などについて議論した。 共同主任編集者であった物理学者ハイマン・ゴールドスミス (Hyman Goldsmith) は、1947年、新たに雑誌の装丁となった会報の表紙絵を芸術家マーティル・ラングズドーフ (Martyl Langsdorf) へと依頼した。 物理学者の夫を持つラングズドーフは、一触即発バランスの上に立った冷戦の時代を迎えて、核戦争という文明の危機と向かい合ったこれら科学者の切迫した危機感をわかりやすく人々へと伝える必要性を認識し、アナログ時計の針として科学者からの見解を視覚的に訴えるアイデアを考案した[4]。 こうして終末時計が、日本への原子爆弾投下から2年後、冷戦時代初期の1947年にこの雑誌の表紙絵として誕生した。

以後、同誌は、専門家などの助言をもとに、同誌の科学・安全保障委員会での議論を経てその「時刻」の修正を原則毎年1度行っている。すなわち、人類滅亡の危険性が高まれば分針は進められ、逆に危険性が下がれば分針が戻されることもある。1989年10月号からは、核兵器からの脅威のみならず、気候変動による環境破壊生命科学の負の側面による脅威なども考慮して、針の動きが決定されている。 同誌は、時計は未来を予測するものではなく、医師が検査結果だけでなく問診などを通じて総合的に診断するときのように、指導者や市民が社会状況の治療を行わない場合に起こる危険性を要約するものだとしている[4]

これまでもっとも分針が進んだのは、イランとアメリカの関係が悪化し核戦争の危険性が高まった2020年及び2021年100秒前[注 1]、もっとも分針が戻ったのはソビエト連邦の崩壊により冷戦が終結した1991年17分前である[5]

終末時計はいわば仮想的なものであり、『原子力科学者会報』の新年号の表紙などに絵として掲載されているが、シカゴ大学には「オブジェ」が存在する。

推移[編集]

世界終末時計の推移

終末時計 変化 詳細
1947年 7分前   創設。
1949年 3分前 4分進む ソビエト連邦が核実験に成功。
核兵器開発競争の始まり。
1953年 2分前 1分進む アメリカ合衆国とソ連が水爆実験に成功。
1960年 7分前 5分戻る アメリカとソ連の国交回復。
パグウォッシュ会議の開催。
1963年 12分前 5分戻る アメリカとソ連が部分的核実験禁止条約に調印。
1968年 7分前 5分進む フランス中華人民共和国が核実験に成功。
第三次中東戦争ベトナム戦争第二次印パ戦争の発生。
1969年 10分前 3分戻る アメリカの上院核拡散防止条約を批准。
1972年 12分前 2分戻る 米ソがSALT IABM条約を締結。
1974年 9分前 3分進む SALT Iに続く米ソの軍縮交渉難航、両国によるMIRVの配備。
インドが最初の「平和的核爆発」に成功。
1980年 7分前 2分進む 米ソ間の交渉が停滞。国家主義的な地域紛争。
テロリストの脅威が増大する。
南北問題イラン・イラク戦争
1981年 4分前 3分進む 軍拡競争の時代へ。
アフガニスタンポーランド南アフリカにおける人権抑圧が問題に。
1984年 3分前 1分進む 米ソ間の軍拡競争が激化。
1988年 6分前 3分戻る 米ソが中距離核戦力全廃条約を締結。
1990年 10分前 4分戻る 東欧の民主化冷戦の終結。
湾岸戦争
1991年 17分前 7分戻る ソビエト連邦の崩壊
ユーゴスラビア連邦解体。
1995年 14分前 3分進む ソ連崩壊後もロシアに残る核兵器の不安。
1998年 9分前 5分進む インドとパキスタンが相次いで核兵器の保有を宣言。
2002年 7分前 2分進む 前年にアメリカ同時多発テロが起こる。
アメリカがABM条約からの脱退を宣言。
テロリストによる大量破壊兵器使用の懸念が高まる。
2007年 5分前 2分進む 北朝鮮核実験強行。
イラン核開発問題
地球温暖化の更なる進行。
2010年 6分前 1分戻る バラク・オバマ米大統領による核廃絶運動。
2012年 5分前 1分進む 核兵器拡散の危険性の増大。
福島第一原子力発電所事故を背景とした原子力の安全性への懸念。
2015年 3分前 2分進む 気候変動や核軍備競争のため。
2017年 2分30秒前 30秒進む ドナルド・トランプ米大統領が核廃絶や気候変動対策に対して消極的な発言[6]
2018年 2分前 30秒進む 北朝鮮が行っている核開発の影響による核戦争への懸念[7]
2020年 1分40秒前 20秒進む 中距離核戦力全廃条約失効による核軍縮への不信感
アメリカとイラン、アメリカと北朝鮮の対立
宇宙サイバー空間上などにおける軍拡競争の激化
気候変動に対する各国の関心の低さ[8]
2021年 1分40秒前 変化なし 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の歴史的な蔓延。
各国政府、国際機関が核兵器気候変動という文明を終わらせる真の脅威に対応する準備ができず。

大衆文化への登場[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ もっとも世界が核戦争の危機に瀕したとされる1962年キューバ危機は反映されていない。これは短期間での出来事かつ、危機が起きた時点では詳細な状況とその結果がよく知られていなかったためで、委員会ではその後の米ソホットラインの設置、部分的核実験禁止条約への署名といった動きを受けて、翌年1963年に7分前から12分前まで針を戻している。

出典[編集]

  1. ^ “世界終末まで「残り2分半」=トランプ氏の姿勢反映-米科学誌”. 時事ドットコム (時事通信社). (2017年1月27日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012700107&g=int 2017年2月24日閲覧。 
  2. ^ “地球の「終末時計」 針を30秒進め 残り2分半に”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年1月27日). オリジナルの2017年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202043456/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010854491000.html 
  3. ^ “「終末時計」残り2分半に トランプ氏の勝利など受け”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年1月27日). http://www.asahi.com/articles/ASK1W1RZ8K1WUHBI001.html 2017年2月24日閲覧。 
  4. ^ a b Kennette Benedict (2018年). “Doomsday Clockwork”. 2021年1月27日閲覧。
  5. ^ “滅亡まで2分半、「終末時計」進む トランプ氏発言など”. CNN.co.jp (Cable News Network). (2017年1月27日). http://www.cnn.co.jp/world/35095635.html 2017年2月24日閲覧。 
  6. ^ “「世界終末時計」残り2分半、トランプ発言で30秒進む”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2017年1月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN26H32_X20C17A1000000/ 2017年2月24日閲覧。 
  7. ^ “「終末時計」過去最短の残り2分に 核開発やトランプ大統領が影響”. ライブドアニュース. (2018年1月26日). http://news.livedoor.com/article/detail/14210717/ 2018年1月26日閲覧。 
  8. ^ 終末時計 残り「1分40秒」 これまでで最短 かつてない危機”. NHK (2020年1月24日). 2020年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • timeline - Bulletin of the Atomic Scientists公式サイト内 アクセスした時点で現在が何分前なのかが参照できる