インドの核実験 (1974年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯27度5分40秒 東経71度45分13秒 / 北緯27.09444度 東経71.75361度 / 27.09444; 71.75361 インドの核実験(インドのかくじっけん)は、1974年5月18日に初めて行われた。

この核実験はそのコードネームから微笑むブッダ (Smiling Buddha) とも呼ばれている。

この核実験で使用された核分裂装置は、正確な重量は不明ではあるが、少なくともその重量は30tを超えていたと言われている。このため、インド軍の空軍機や航空機はおろか、ミサイルでも運搬不可能な重量であった[1]

概要[編集]

1972年9月7日にインドインディラ・ガンディー首相は、ムンバイ近郊のトロンベイ英語版 (Trombay) にあるバーバ原子核研究センターカンナダ語版英語版 (Bhabha Atomic Research Center, BARC) の科学者に核実験の許可を与えた。

これは「平和的核爆発」(後述)が目的とされ、コードネームはSmiling Buddha(微笑むブッダ)と命名された。核実験装置の開発責任者は、ラジャ・ラマナカンナダ語版英語版 (Raja Ramanna) であり、開発チームは75名ほどの科学者・技術者で構成されていた。また、ソビエト連邦ドゥブナに開発に携わる科学者を送り、プルトニウム工場建設に役立てた[2][3]

CIRUS原子炉[編集]

実験に必要な核物質については、BARCにある原子炉により6kgのプルトニウムが生産されている。

プルトニウム生産に用いられたCANDU炉は、カナダによって提供された重水減速型天然ウラン燃料の原子炉であり、そこで使用する重水はアメリカから供給されていた。そのため、名称はCIRUS原子炉 (Canadian-Indian-U.S.) と呼ばれていた。

インドは回収された使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを入手したのである。

ポロニウム-ベリリウム・システム[編集]

核分裂反応を発生させるイニシエイターについては、ポロニウム-ベリリウム・システムが用いられている。これらの装置は、BARCに集められ組み立てられた。実験装置は、直径1.25m、重さ1,400kgの六角形であった。

爆縮レンズ[編集]

高性能爆薬による爆縮装置は、アメリカ第二次世界大戦中に開発したものを基に、インドのチャンディーガルにある終末弾道学研究所英語版 (Terminal Ballistics Research Laboratory, TBRL) で開発された。

ポカラン試験場[編集]

装置は、ラージャスターン州砂漠にあるポカラン試験場に運ばれ、実験が行われた。地下107mに設置された装置は午前8時5分に起爆した。

爆発威力は公式には20ktとされ、少なくとも8ktを上回っていたのは確実である。

核実験実施の背景とインド政府の見解[編集]

この核実験は「最貧国の核武装」として、世界各国でも話題となり、またインドはこの核実験を敢行したことにより国際社会から非難の矢面に立たされた[1]

これに対してインド政府は「核爆発は絶対に行なっていない」と釈明したが、国際社会から「ではあの爆発は何なのか?」と問われた際には「あれは核爆発ではなく核爆破である」との見解を示した。当時の国際社会はこの禅問答のような見解について呆気に取られていた[1]

この当時のインドでは、中華人民共和国(以下「中国」と称す)との国境にて紛争が頻発しており、当時既に核武装していた中国に対して何らかの国威発揚を実施する必要に迫られていた。このため、最初は中国の核に対する対抗目的での軍事的な核実験であろうと世界各国では判断されていた。しかし核爆弾を所有するとなると、必然的に国際的な非難の的となる。

ところが核実験を行った実際の理由はそれではなく、この核実験の実施前より、マレーシアクラ地峡を、核爆破装置によって掘削して運河を作る構想があったことによるものであった。この関連もあり、インド政府はあくまでも「工事用の核爆破装置のテストを実施するために今回の実験をしたものであり、決して核兵器を所有する目的のための核実験ではない」との見解を示した。よって、この核実験は「あくまでも核の平和的利用を目的とし、軍事目的での核の使用を前提としていない」とインド政府は強調していたこととなる[1]

なお、禅問答的な回答と平和的核実験であることをインド政府が強調した結果、この核実験による国際社会からの非難はごく短期間で沈静化している。

影響[編集]

この核実験は、特にカナダでは同国の国民による抗議を引き起こし、カナダ政府は核関連技術の提供を中止した。

インド政府は、これ以降24年間、核実験を行わず、1998年に再び核実験を行なった。これはパキスタンの核に対抗するためであった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ワック出版「歴史通」2013年3月号「世界は日本の原発技術を待っている!」P51-52
  2. ^ "India's First Bomb, 1967–74". India's First Bomb, 1967–74. Retrieved 14 January 2013.
  3. ^ N/A, N/A (1 Sep 2003). "NTI.org and [1] Andrew Koch, "Selected Indian Nuclear Facilities," Center for Nonproliferation Studies (CNS), 1999; http://cns.miis.edu; [2] Bhabha Atomic Research Center (BARC), www.barc.ernet.in; [3] George Perkovich, India's Nuclear Bomb: the impact on Global Proliferation (Berkeley, CA: University of California Press, 1999), pp. 149-150; [4] 2000 World Nuclear Industry Handbook (Wilmington, UK: Nuclear Engineering International, 2000), p. 198.". NTI Building a Safer World. NTI. Retrieved 8 Sep 2014.

外部リンク[編集]