十の脅威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際連合における十の脅威英語: High-level Panel on Threats, Challenges and Change)とは、2003年に国際平和と安全保障を脅かす脅威と変革について、国連が独自の調査に基づいて定義した物である[1]アナン・パンヤーラチュンタイ王国首相)が議長を務め、国家安全保障問題担当大統領補佐官ブレント・スコウクロフトアメリカ合衆国)を初めとして、各国の政府首脳がメンバーとして名前を連ねている。2004年12月には国際平和と安全保障を脅かすレポートが発行された[2]

十の脅威の内容[編集]

2004年のレポートでは、次の脅威に関する10の委員会が設置された。

  1. 貧困
  2. 伝染病
  3. 環境破壊
  4. 国家間レベルの戦争
  5. 内戦
  6. ジェノサイド
  7. その他の残虐行為 (例.性的奴隷臓器売買を目的とした女性子供人身売買)
  8. 大量破壊兵器 (核兵器, 化学兵器, 生物兵器)
  9. テロリズム
  10. 国際犯罪組織

脚注[編集]