六日町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
むいかまち
六日町
八海山
六日町旗 六日町章
六日町旗 六日町章
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 新設合併
六日町大和町南魚沼市
現在の自治体 南魚沼市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
南魚沼郡
市町村コード 15463-6
面積 263.79 km2
総人口 28,366
(2004年3月31日)
隣接自治体 南魚沼郡大和町北魚沼郡湯之谷村、南魚沼郡塩沢町十日町市群馬県利根郡水上町
町の木 ウメ
六日町役場
所在地 949-6696
新潟県南魚沼郡六日町大字六日町180-1
座標 北緯37度03分56秒 東経138度52分34秒 / 北緯37.06553度 東経138.87608度 / 37.06553; 138.87608座標: 北緯37度03分56秒 東経138度52分34秒 / 北緯37.06553度 東経138.87608度 / 37.06553; 138.87608
六日町、県内の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
南魚沼地域における平成の大合併の地図。

六日町(むいかまち)は、新潟県にある三国街道清水街道の分岐点で、「上田船道」と呼ばれる水運の終点も兼ねた旧宿場町である[1]。また、同地区を含む自治体として南魚沼郡に存在したの名称であった[1]

2004年11月1日に同じ南魚沼郡の大和町と合併して南魚沼市になった。

地理[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

経済[編集]

町内に拠点を置く主な企業[編集]

商業[編集]

六日町駅前から国道17号国道291号沿いにかけては歩道部にアーケードを備えた商店街が広がる。

1996年(平成8年)12月には町内初の第一種大型店となる六日町駅前のショッピングセンターRARA(詳細は六日町駅#駅周辺を参照)と、六日町IC前のジャスコを核とするショッピングセンターが相次いでオープンした[2]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 六日町立五十沢小学校
  • 六日町立西五十沢小学校
  • 六日町立五日町小学校
  • 六日町立大巻小学校
  • 六日町立城内小学校
  • 六日町立北辰小学校
  • 六日町立六日町小学校

学校教育以外の施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

新幹線
町域はJR上越新幹線の沿線だが、町内に駅はない。新幹線を利用する場合は浦佐駅越後湯沢駅のいずれかが最寄りとなる。
在来線等
JR上越線および北越急行ほくほく線が通じている。

道路[編集]

高速道路
関越自動車道
六日町IC/BS
一般国道
国道17号
国道253号
国道291号
主要地方道
新潟県道28号塩沢大和線
新潟県道74号十日町六日町線

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 山口恵一郎 『日本地名辞典 市町村編』 東京堂出版、1980年10月。ISBN 978-4490101355
  2. ^ “新潟県内に相次ぎ大型SC―六日町駅前に「RARA」、Aコープを核に。”. 日本経済新聞. (1996年12月7日). p. 22 地方経済面 新潟 

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光・その他
旧町域の地図