魚沼盆地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
左から十日町盆地魚沼丘陵・魚沼盆地
八海山より見た魚沼盆地

魚沼盆地(うおぬまぼんち、Uonuma basin)は、新潟県中越地方に位置する、魚沼丘陵越後山脈に挟まれた盆地[1]六日町盆地(むいかまちぼんち)とも呼ばれる。行政区分では南魚沼市(旧六日町)や魚沼市(旧小出町)や南魚沼郡湯沢町などが含まれる[1]

地理[編集]

魚野川の中流域両岸にある南北に細長い堆積盆地。東側は三国山脈越後山脈登川・三国川・水無川扇状地(登川原・城内原・八色原)が形成され、西側の魚沼丘陵には上越新幹線トンネル[2]があり、約52kmの六日町断層帯が分布する。[3][4][5]

農業[編集]

昼夜の温度差があり、国内有数の評価をされる魚沼コシヒカリの産地となっている。土壌と盆地の地理的条件から果実は糖度が高くなり、八色西瓜というブランドスイカも生産されている[6]

周辺[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新潟県大百科事典 下』新潟日報事業社出版部、1977年、661頁
  2. ^ 新幹線ルート”. ときエキスプレス. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ 六日町断層帯”. 地震調査研究推進本部. 2012年5月10日閲覧。
  4. ^ 六日町断層帯の長期評価について”. 地震調査研究推進本部. 2012年5月10日閲覧。
  5. ^ 六日町断層帯の長期評価に係る説明資料”. 地震調査研究推進本部. 2012年5月10日閲覧。
  6. ^ 園芸主要品目”. 魚沼みなみ農業協同組合. 2012年5月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『新潟県大百科事典 下』新潟日報事業社出版部、1977年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]