諏訪盆地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諏訪湖とその周囲を囲む諏訪盆地。遠景は松本盆地
諏訪盆地の地形図。
地溝諏訪湖と諏訪盆地。

諏訪盆地(すわぼんち)は、長野県中部の盆地。時計などの精密機械工業が発達し、東洋のスイスとの別名も持つ。

地理[編集]

諏訪盆地の標高は750mから900m。日本の盆地の中でも、高所の一つにあたる。岡谷市諏訪市茅野市および諏訪郡の地域に相当し、盆地の中央に諏訪湖がある。周辺には八ヶ岳など、数多くの山々に囲まれている。国道20号JR中央本線中央自動車道長野自動車道が地域を通過し、東京方面、名古屋方面、長野・北陸方面の3方面へ交通の便がよい。

歴史[編集]

明治時代、国の富国強兵政策の主要産業であった製糸業で栄えた。諏訪湖など水が豊富であったためと思われる。戦時中は、それまでに廃れてしまっていた製糸業の倉庫などに、都会から疎開してきた軍需工場が多く入居した。戦後多くの軍需工場は出て行ったが、いくつかの工場が残り精密産業が発展している。その背景に、諏訪盆地の空気は湿気の少なく、きれいな空気であることから精密機械を製造する場所に向いていることや、原料・製品が小型かつ軽量のため交通の不便な中央高地でも輸送が容易にできることなどが挙げられる。