この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

Fライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Fライナー
シンボルマーク
「Fライナー」ロゴマークと、「Fライナー」に使用される東京メトロ10000系
「Fライナー」ロゴマークと、「Fライナー」に使用される東京メトロ10000系
概要
日本の旗 日本
地域 東京都埼玉県神奈川県
運行開始 2016年3月26日
運営者 東武鉄道
西武鉄道
東京地下鉄(東京メトロ)
東京急行電鉄(東急電鉄)
横浜高速鉄道
路線
起点 飯能駅(西武)
森林公園駅(東武)
終点 元町・中華街駅
使用路線 西武鉄道: 西武有楽町線池袋線
東武鉄道: 東上線
東京メトロ: 副都心線
東急電鉄: 東横線
横浜高速鉄道: みなとみらい線
技術
車両 使用車両を参照
軌間 1067 mm
電化 直流1,500V
テンプレートを表示

Fライナー (エフライナー、F-liner) は、横浜高速鉄道東京急行電鉄(東急)・東京地下鉄(東京メトロ)・西武鉄道(西武)・東武鉄道(東武)の5社間で2016年3月26日から運行する直通運転する列車のうち、日中の最速達種別[注 1]に付けられる列車愛称である[2][3]

本愛称は東京地下鉄・東武鉄道・西武鉄道・東京急行電鉄・横浜高速鉄道の5社名義で商標登録された(第5885630号)。

概要

「Fライナー」の愛称は以下の2系統の列車に対して付与される。列車種別は運行路線毎に異なり、境界駅で種別変更される[3]。種別名は、一貫して、Fライナー ○○ のように愛称を冠して呼称される(例:副都心線内 → Fライナー 急行 元町・中華街行き、東横線内 → Fライナー 特急 森林公園行き)。

  1. 飯能駅小手指駅 - 元町・中華街駅
  2. 森林公園駅 - 元町・中華街駅間
    • 東武東上本線 - 急行
    • 東京メトロ副都心線 - 急行
    • 東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線 - 特急

「Fライナー」の愛称は、

  • 速達性をイメージした「Fast
  • 相互直通運転を行う5社「Five
  • Fukutoshin」(副都心)

これらの共通となる頭文字「F」に由来し、ロゴマークにも「F」が使用される。

副都心線・東横線・みなとみらい線内では2系統合わせて日中時に毎時4本15分間隔で運転される。このうち毎時2本は東武線森林公園駅発着で30分間隔で運転される。もう2本は西武線小手指駅発着・飯能駅発着がそれぞれ毎時1本設定され、各々が30分間隔で運転される。土休日上り朝は飯能行きのみ毎時1本設定されている。また西武線方面のみ西武ドームにおいて埼玉西武ライオンズの試合が行われる場合のみ、北行の一部列車が西武球場前駅行きに変更される。その場合西武線内の列車種別が快速となり「Fライナー」としては運行されないが、ひばりヶ丘駅で臨時始発快速急行小手指行きに連絡する。

東武東上線では、地下鉄直通列車では初の優等列車であり、2016年3月25日までの川越市駅発着の列車を森林公園駅発着に変更して運転されている。東武線内発着の列車は前述の通り普通から急行での運転と変更されたため所要時間が短縮された。運行時間帯は平日A線[注 2]は9:00 - 17:20、平日B線[注 2]は9:50 - 17:55、土休日A線[注 2]は8:10 - 19:15、土休日B線[注 2]は6:50 - 17:30である。

ただし、和光市駅発着便や東上線内快速急行の列車はメトロ急行・東横特急でもFライナーは名乗らない。

最長運転距離は、森林公園駅 - 元町・中華街駅間で88kmである。

使用車両

車両表示 東京メトロ10000系(左)東急5050系4000番台(中)西武6000系(右) 車両表示 東京メトロ10000系(左)東急5050系4000番台(中)西武6000系(右) 車両表示 東京メトロ10000系(左)東急5050系4000番台(中)西武6000系(右)
車両表示
東京メトロ10000系(左)東急5050系4000番台(中)西武6000系(右)

停車駅

凡例
●:停車、∥:経由しない
会社名 路線名 駅名 西武池袋線
系統
東武東上線
系統
西武鉄道 池袋線系統 飯能駅  
入間市駅  
小手指駅  
所沢駅  
ひばりヶ丘駅  
石神井公園駅  
練馬駅  
東武鉄道 東上線 森林公園駅
東松山駅
高坂駅
北坂戸駅
坂戸駅
若葉駅
鶴ヶ島駅
霞ヶ関駅
川越市駅
川越駅
ふじみ野駅
志木駅
朝霞台駅
和光市駅
東京地下鉄 副都心線
小竹向原駅
池袋駅
新宿三丁目駅
明治神宮前駅
渋谷駅
東京急行電鉄 東横線
中目黒駅
自由が丘駅
武蔵小杉駅
菊名駅
横浜駅
みなとみらい駅
元町・中華街駅

脚注

注記

  1. ^ 朝晩には東武東上線を「急行」より停車駅の少ない「快速急行」で運行される系統が存在する(2016年3月26日運行開始[1])が、これは「Fライナー」とは呼称されないため、厳密には「最速達種別」ではない。通過駅は高坂、北坂戸、若葉〜霞ヶ関、ふじみ野、朝霞台の7駅(東武東上本線#快速急行参照)。
  2. ^ a b c d 副都心線は和光市駅が起点、渋谷駅が終点であるため、和光市駅から渋谷駅方面へ向かう列車は「A線」、渋谷駅から小竹向原駅・和光市駅方面に向かう列車は「B線」と称される。
  3. ^ 4110F「Shibuya Hikarie号」を含む。2018年5月現在、一時期外されていた「Shibuya Hikarie」のヘッドマークも取り付けている。

出典

  1. ^ “3月26日(土)東武東上線でダイヤ改正を実施!” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道株式会社, (2016年2月9日), http://www.tobu.co.jp/file/pdf/2363d9d76ca1f75ed08373db727aa5d3/160209_2.pdf?date=20160210120257 2016年6月20日閲覧。 
  2. ^ 新愛称「Fライナー」、メトロ副都心線系統に来春導入”. 乗り物ニュース(メディア・ヴァーグ) (2015年12月18日). 2016年3月7日閲覧。
  3. ^ a b 東京メトロ. “副都心線で運転する、速達性の高い直通列車の愛称名を『Fライナー』といたします。”. 2016年3月6日閲覧。
  4. ^ 横浜高速鉄道Y500系が10両編成の運用を代走 - railf.jp

関連項目