JR東日本キハE200形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR東日本キハE200形気動車
キハE200-1(2009年4月 / 八千穂)
キハE200-1
(2009年4月 / 八千穂)
営業最高速度 100km/h
起動加速度 2.3km/h/s(起動時)[1]
減速度 3.5km/h/s[1](常用最大)
3.5km/h/s[1](非常)
車両定員 46(座席)+71(立席)=117名
最大寸法
(長・幅・高)
19,500×2,920×3,620(mm)
車体材質 ステンレス
機関出力 直噴式直列6気筒ディーゼルエンジン
331kW(450PS)
主電動機 かご形三相誘導電動機
MT78 (95kW)×2
駆動装置 ハイブリッド方式
(蓄電池併用電気式)
台車 軸梁式ボルスタレス台車
DT75(動力)/TR260(付随)
制動方式 電気指令式ブレーキ
回生ブレーキ排気ブレーキ併用
保安装置 ATS-Ps
製造メーカー 東急車輛製造
備考
Wikipedia laurier W.png
第48回(2008年
ローレル賞受賞車両
小海線を走行するキハE200形
(2007年8月12日)

キハE200形気動車(キハE200がたきどうしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の一般形気動車

2003年平成15年)に試作されたNEトレイン(キヤE991形)の試験結果を受け、2007年(平成19年)に世界で初めて営業用として投入された、ハイブリッド式(シリーズ方式)の鉄道車両である。3両(1 - 3)が量産先行車として東急車輛製造で製造され、小海線営業所に配置されて7月31日から小海線で営業運転を開始した。同線での営業運転開始から2009年(平成21年)までの約2年間にわたって、量産車導入に向けたデータ収集を行っていた。

「環境世紀にふさわしい最新技術を用いたハイブリッド気動車の実現」という特徴が評価され、鉄道友の会の2008年度ローレル賞を受賞した。

概要[編集]

ディーゼルエンジンリチウムイオン蓄電池(屋根上に設置)を組み合わせ、車輪の駆動にかご形三相誘導電動機を使用する。発車時は蓄電池充電電力を使用し、加速時はディーゼルエンジンが動作して発電機を駆動し、蓄電池電力と合わせて電動機を回転させる。減速時は電動機を発電機として利用し、運動エネルギーを電気に変換して蓄電池に充電する(ディーゼルエンジンは停止もしくは排気ブレーキ動作)。したがって、本形式の走行音は独特のものである。また、運転台に設置してあるモニタ装置トイレ付近に設置された液晶ディスプレイではエネルギー転換の状況がリアルタイムに表示される。

コンセプト[編集]

  • 環境に優しい車両 - 省エネ車両、騒音の低減
  • 人に優しい車両 - 中央線快速で実施したアンケートを基にする
    • 優先席部分のつり革の高さをキハ110系比で40mm低くする(色はオレンジでつり手もオレンジ色、形状は他の部分も含めてE531系電車と同一)
    • 優先席部分へのスタンションポールの設置(形状はE233系電車と同一)
    • 腰掛けの幅(ロングシート部分)を拡大する(キハ110系比20mm)
    • 車椅子対応の自動ドア付き大型トイレを設置する
    • ステップと床面の段差の縮小(キハ110系比40mm)
  • メンテナンス軽減 - 電車部品を採用して共通化を図る
    • 機器類の電車用部品との共通化、変速機など要メンテナンス部品の削減、電気冷暖房採用による温水、冷媒配管の廃止、電気関係の省メンテナンス部品の採用などで、作業の軽減を図った。
  • 水郡線で運用されているキハE130系気動車と同様に2,920mmの幅広車体を採用したほか、運賃表示器の下部には行先や次の駅を表示するLED式の旅客案内装置やドアチャイム・ドア開閉告知灯を採用した。また、自動放送装置はワンマン運転の他、車掌乗務時にも使用される。
  • 車体には「HYBRID TRAIN」の文字が標記されている。
  • 帯は青と黄色。

運行[編集]

前述のとおり、2007年7月31日から小海線で営業運転を開始した。出発式のあった日は3両編成で運行されたが、通常は2両編成で運行され、1両は試験や検査で使用する。営業開始からしばらくは、先頭車の前面に愛称の「こうみ」のヘッドサインを装着していた。通常期は小諸駅 - 小海駅間を中心に小淵沢駅まで1往復する運用だが、小淵沢駅 - 野辺山駅間に臨時列車が増発される場合は、臨時列車中心に運用されている。

本形式は、量産先行車3両の同線での運用実績を反映した量産車が導入された場合、同線で使用されているキハ110系を置き換える可能性もあるが、今のところ具体的なビジョンは発表されていない。

その他[編集]

  • 本形式が登場する前に、JR東日本により、ハイブリッド車を紹介する3分間の長編CMが放送された。
  • 本形式の登場を記念して、小淵沢駅で「高原野菜と牛焼むすび弁当」という駅弁が販売されている。
  • 2008年8月から関東地区のJR線車内やJR駅に掲出されている、JR東日本の求人広告ポスターに、八ヶ岳をバックにした本形式の走行写真が使われている[1]
  • 2010年に本形式と同様のハイブリッドシステムを搭載したリゾートトレインHB-E300系の運用が開始された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本鉄道車両工業会「車両技術」234号「JR東日本 キハE200形ハイブリッド車両」記事。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]