林ゆう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

(はやし ゆう、1924年5月19日 - 1994年2月11日)は、日本政治家参議院議員自由民主党・3期)を務めた。高知県出身。

逓信相・農商務相を歴任した林有造の孫、吉田茂内閣の副総理・衆議院議長などを歴任した林譲治の長男。

来歴・人物[編集]

明治大学政経学部卒業後、東邦レーヨンに勤務。1974年参院補選で当選し、3期務める。

1979年6月6日、参議院本会議元号法案に対し自由民主党・自由国民会議を代表し賛成討論を行った[1][注 1]

1985年第2次中曽根内閣第2次改造内閣の労相に就任。1989年の参院選で落選。翌1990年の総選挙に無所属で出馬したが、再度落選し引退。

1994年2月11日、急性肺炎のため死去。享年69。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「申すまでもなく、元号は、大化大宝の昔から昭和の今日に至るまで、約千三百年もの命脈をもつ超国宝的の伝統文化であります」と発言[1]。(神武天皇即位紀元も参照)

出典[編集]

  1. ^ a b 官報 (号外)(PDF) 23-24頁(通号 581-582頁).昭和五十四年六月六日.国会会議録検索システム。2017年3月28日閲覧。
議会
先代:
古賀雷四郎
日本の旗 参議院内閣委員長
1980年 - 1981年
次代:
遠藤要
公職
先代:
山口敏夫
日本の旗 労働大臣
第48代:1985年 - 1986年
次代:
平井卓志