ペーネイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペネウスから転送)
移動: 案内検索
ニコラ・プッサンの1625年の作品『アポロとダフネ』。月桂樹に変身するダプネーのそばで、嘆き悲しむ父ペーネイオスの姿が描かれている。

ペーネイオス古希: Πηνειός, Pēneios, ラテン語: Peneus)は、ギリシア神話の神である。ラテン語ではペーネウス長母音を省略してペネイオスペネウスとも表記される。

テッサリアーペーネイオス河河神エーリスのペーネイオス河とは別)。オーケアノステーテュースの3000の子の1人で[1]、水のニュムペーであるクレウーサとの間に、ヒュプセウススティルベーをもうけた[2]

またアンドレウス[3]ダプネー[4]キューレーネーイーピス、メニッペーといった子供もいた[5]。アンドレウスはボイオーティアオルコメノスの最初の王で[3]アタマーステミストーの子レウコーンの娘エウイッペーとの間にエテオクレースをもうけた[6]。ダフネーはアポローンに愛されたが拒み、月桂樹変身した[4]

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
アンテイオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース
 
 


脚注[編集]

テッサリアー地方の平原を流れるペーネイオス河(現在のピニオス川)。
  1. ^ ヘーシオドス『神統記』343。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・1。
  3. ^ a b パウサニアス、9巻34・6。
  4. ^ a b オウィディウス『変身物語』1巻。ヒュギーヌス、203。
  5. ^ 高津『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.230b。
  6. ^ パウサニアス、9巻34・9。

参考文献[編集]