ピニオス川 (テッサリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピニオス川
Pineios River (Thessaly) through the Vale of Tempe.JPG
「テンペの谷」を流れるピニオス川
延長 216 km
水源 ピンドゥス山地
河口・合流先 エーゲ海
流域 ギリシャ
テンプレートを表示

ピニオス川ギリシア語: Πηνειόςギリシア語発音: [piniˈos]、Pineiós)は、ギリシャテッサリアにある川。名称はギリシア神話の神、ペーネイオスに由来する。中世には、サラムヴリアス川 (Salamvrias) やサラヴリアス川 (Salavrias) としても知られた。

ピンドゥス山地に源を発し、ストミオ近くの「テンペ渓谷」(en)の北東でエーゲ海にそそぐ。国際的な環境条約によって保護されている大きな三角州は、その美しさと多種多様な動物で知られる。全長は185km。メツォヴォの東、ピンドゥ山地東部に位置するマラカシ村付近に水源がある。メテオラ地方やラリサ市は、この川沿いにある。トリカラは支流のリタイオス川に臨む。1960年代には、アテネテッサロニキを結ぶ高速道路がテンペの谷を切り拓いて建設された。

戦艦ピニオスはこの川の名前にちなむ。

上流から順にマラカシ (Malakasi) 、カランバカ、メガルキ (Megarchi) 、メガラ・カリヴィア (Megala Kalyvia) 、ファルカドナ (Farkadona) 、ラリサ、エヴァンゲリスモス (Evangelismos) 、オモリオ (Omolio) などの町々を通る。