銀シャリ (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀シャリ
メンバー 鰻 和弘
橋本 直
結成年 2005年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2005年 -
出身 大阪NSC25期
影響 横山やすし・西川きよし
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才・コント
ネタ作成者 橋本直
現在の代表番組 あほやねん!すきやねん!
過去の代表番組 銀シャリのbaseベイベー

銀シャリの5upベイベー
同期 ジャルジャル
プラスマイナスなど
受賞歴
2008年 第29回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞
2010年 第40回NHK上方漫才コンテスト優勝
2011年 第46回上方漫才大賞新人賞
2012年 キングオブコント 7位
2013年 第2回ytv漫才新人賞
テンプレートを表示

銀シャリ(ぎんシャリ) は吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本社所属の漫才コンビ。2005年6月結成。大阪NSC25期生。

メンバー[編集]

鰻 和弘(うなぎ かずひろ、1983年8月31日(31歳) )

橋本 直(はしもと なお、1980年9月27日(33歳) )

トリビア[編集]

鰻 和弘[編集]

  • 3人兄弟の末っ子で、5歳上の姉と3歳上の兄がいる。母、祖母、姉、兄の5人家族で育つ。
  • 書道六段の腕前を持つ[6]
  • 「鰻」という珍しい苗字は現在日本に6名程度しかおらず、内4名をこの鰻の家族が占めている。
    • 鰻家では、大鰻を神様として捉え、代々ウナギを食べてはいけないという伝統の言い伝えのようなものがあり、実際食べた先祖は、泡を吹いて倒れ心臓発作で亡くなったらしい。しかし、どうしても食べたくなったのでまず鰻の兄が「うなぎパイ」を食べたところ、泡を吹いて倒れたが、一命は取りとめた[7]。このことがありウナギは食べられないが、アナゴは食べられる[8]
  • baseよしもとによる「baseで一番はじける笑顔の持ち主は誰?」コンテストで1位に輝いた[9]
  • 以前は「ポジションパーラーすえすえ」というトリオで活動していた。この頃は漫才をする時、黄色のTシャツを着ていた。
  • ジョンレノンの顔マネができ、『オールザッツ漫才2008』では橋本がオノ・ヨーコに扮しネタをした。
  • もう中学生に似ており、よく間違えられる。また、硲陽平(イシバシハザマ)にも似ている。
  • 学生時代はモテていたと自称。
  • 上の前歯が4本のうち2本しか生えておらず、真ん中の2本(中切歯)のすぐ両隣(本来の側切歯の位置)に生えているのが実は犬歯だったということを、最近になって歯科医から告げられた。
  • 小学校1年生の頃から中学3年生まで、約10年間漫画を書き続けていた。全54巻(ただし1巻のみ引越しの際に紛失した)。
    • ストーリーは主人公が冒険をしながら数々の敵と戦って強くなっていくというもの。たまに野球もする。枠(コマ割)が無いのでとても読みづらく、一つ一つの絵を左から右へと順番に読んでいく(元々人に見せるためのものではなかったため)。43巻で一度枠がついたが、途中からは面倒臭くなり元通りの枠なしに。なぜか29巻でラストボスの正体が分かっている。ちなみにラストボスの特徴は「こわい」「つよい」「かしこい」「変身は5回まですることができる」等。基本的には色はなく、黒のボールペンで描かれている(2巻で一度色合いを考えたのか赤ペンも使われていたが、残酷描写になっていた。その後も少しずつ使用)。
    • 40巻でクリスマスプレゼントで両親にもらった蛍光ペンが加わる。このとき蛍光ペンを買ってもらった嬉しさを表現すべく、ページ1枚いっぱいに自分の蛍光ペンに対する思いを書いていた。嬉しすぎたのか「クリスマスイヴにプレゼントをもらった。それは… 蛍光ペン!!!」と大きく書いてある。
    • 47巻ではこの蛍光ペンの集大成ともいえる「太陽系野球大会・野球ドーム」(鰻自身の漫画内でのオリジナル)を2ページ使って描いた。ただ、なぜか野球の道具のメーカーであるSSKがスポンサーとして赤のペンで広告に書いてあった。これを見た大林健二(モンスターエンジン)が「太陽系野球大会にSSKが協力するか!!」とツッコんでいた。
    • 最終巻は自分の兄の家庭科のノートに勝手に描いていた。最終巻に書かれていた感想は「最後くらい笑って死のう」。それに続いて判を押した後に「青春の10年間をありがとう!」と書いてあるが、恐らく自分の判を押したくて書いたものだと思われる。
  • 第5回BGO上方笑演芸大賞にて映像作品賞部門にて受賞した。受賞作品は四条和也(学天即)を起用した『四条マンション』(劇場イベントで使用した映像である)。受賞理由は竹若元博バッファロー吾郎)曰く「映像を色々見すぎて何がすごいか訳がわからなくなった」。
  • 高校時代、国の文化遺産である古墳に無断で入り停学処分になった。
  • 出身地の八尾市が本場に当たる河内音頭が好きで、2010年10月から河内家菊水丸の一座へ弟子入り。入門志願の際には、菊水丸が最も嫌う一派の音頭を(事情を知らないまま)歌ったため、菊水丸から「(親交の深い)たむらけんじハイヒールリンゴを後見人にする」という条件を付けられたという[10]。入門を許された後は、漫才師としての活動のかたわら、1年間弟子として修業。2011年6月15日に、菊水丸から「河内家上り丸(のぼりまる)」の襲名を許された[11]。同月25日に大阪で開かれた菊水丸の「大盆踊りツアー2011出陣式」では、音頭取りデビューを果たしている[12]
  • 26歳にして初めて恋人ができた。高校時代の同級生で、東京在住のためなかなか会えない。東京駅で15分抱き合っていたのをファンに目撃された。毎月彼女へプレゼントを贈ることを決め、しりとり形式を採用。(合鍵→銀シャリ(米)→リンゴ→ゴディバ→バッジ→自由席のチケット→東京大阪間のチケット→時計→イモ→もずく→栗→りんごジャム→むつ(リンゴ)→つばき→キムチ→とつづけた)番組内で購入したチロルチョコ、次に婚姻届と続け、プロポーズ予定[13]と発言。
  • メテオス』で全国1位、月間チャンピオンを連発していた。
  • 風俗好き。
  • 酒は飲めないが、煙草は毎日2箱40本吸う。
  • 電車通勤形電車近郊形電車)の雰囲気が大嫌いで、基本的に一般的な電車は乗らない。KBS京都まで新幹線タクシーを乗り継いで赤字を出して通っている。
  • 伊坂幸太郎の作品を昔よく読んでいた。
  • ベッドに入って寝るまでの時間が好きで、手をずっと動かすなど工夫して30分は寝ないように粘っている。
  • カルピス好き。カルピス6、4の割合(だんだんカルピスの割合が多くなってきている)で1杯飲んでから、原液をちょっと飲むのが習慣になっている。順序が逆の場合もある。

橋本 直[編集]

  • 特徴のある黒ぶちの眼鏡をかけている。そのため衣装がブレザーに見えなくもないこともあり、苦学生に見えたのか、初対面のタモリに「君、高校生?」とイジられた[14]。『あらびき団』に出演した際は、歌手の曲名についてフリップを使ってツッコむ漫談を披露していた(2回目出演時にネタにした歌手は和久井映見)。
  • 得意芸は次々とうまい事を言うこと。この芸で『麒麟の部屋』などの番組にも出演している。
  • 高橋茂雄サバンナ)率いる「しげおBOYS」の一員である[15]
  • 以前は「ビールズ」というコンビで活動していた。
  • マンションの一部屋で10人以上の芸人と同居していた。その模様を『あほやねん!すきやねん!』などで特集されている。
  • 毎朝、青汁生姜を混ぜて飲んでいる。
  • おでんくんに似ている。
  • ジャニーズ(特に岡田准一)が大好きで、「自分は(ジャニーズみたいな)男前に産まれたかったので、凄い憧れと尊敬の気持ちを持っている」とのこと[16]。実際、ジャニーズの楽曲をテーマとした「ジャニーズ漫談」を行なったことがある。
  • 学生時代、アメリカンフットボール部に所属していた。
  • 2011年11月14日夜に腹痛を起こし、大阪市内の病院で診断を受けたところ、虫垂炎と判明。16日に手術を受けた。
  • 母方の祖父は大工の棟梁で、母親はお嬢。2歳下の妹がいる。父親は橋本が芸人になる前になくなった。小さい頃ピアノを習っていた。
  • 財布はPRADAを愛用しており、元々これは母が妹にプレゼントしたのち2人がケンカをしてしまい、怒った妹がゴミ箱に捨てたのを回収した物であるという。
  • フィギュアが大好きで、成功して大きい家に住んで、ガラスケースにフィギュアを入れて、それを眺めながら生活するのが夢。

コンビ[編集]

  • 「銀シャリ」というコンビ名は、お互い20個ずつコンビ名を出し合った結果、たまたま一つだけかぶっていたためこのコンビ名になった。
  • 鰻がひとまずボケまくり、橋本がまとめてツッコんでいくスタイルの漫才を一時よく披露していた[17]
  • 芸風は基本的に漫才で、主にしゃべくり漫才を行う。漫才をする時は青いジャケットを着ている[17]。これは横山やすし・西川きよし等の古き良き漫才スタイルに傾倒しているため[4]。『鉄筋base』での漫才時、橋本は罰ゲームで卵をスーツに投げつけられ、鰻は溝にスーツを落としたらしく、2人してトレードマークの上着なしで漫才を行った。2010年のM-1グランプリ決勝では「古風の漫才師」と紹介され、西川きよしからメッセージが送られた。コントも行うことがあるが、基本的にキングオブコントなどのコント専門の賞レースなどに限られるものの、コントの実力も高い。
  • 単独ライブのタイトルもかつての人気番組のパロディであることが多い。
  • 『鉄筋base』で4週連続で「九州の鰻村で大鰻が出る」という特集をし、大鰻の正体を橋本が調査をしたところ、大鰻の正体は大鰻の全身タイツを着た鰻だったというオチで終わったが、そのとき銀シャリはランキング10位の中に入っておらず、DJ担当だった犬井ヒロシに「♪V (VTR) もスベってるし〜 ネタもスベってる〜」と言われた。それ以外にも他の週ですっちーに「しかしまだ続くんやね〜 そんなことより鰻君のことよりも橋本君の落ち着き方の方が気になった。地方局のアナウンサーみたい」と言われた。
  • 2007年の『オールザッツ漫才』で「悪魔が吐いたガムを処理する公務員」というコントで、30組中27位となった。
  • ABCお笑い新人グランプリで、2008〜2010年と3回連続で最終決戦3組に残ったが優勝は逃している。初期のルールでは最終決戦3組に残ったコンビは翌年以降の本選に参加できないことになっていたので、この珍記録を持っているのは2010年現在、銀シャリだけである。
  • 陣内智則から「サンゴ」という芸名に改名するように提案され、橋本は賛成したが鰻が断ったため、橋本が『R-1ぐらんぷり』で「ハシモトサンゴ」という名前で出場した。
  • M-1グランプリ2010にて初の決勝進出を決めるも、5位に終わる。
  • THE MANZAI 2011』にて認定漫才師に選ばれる。予選24位、ワイルドカード決定戦を勝ち上がり決勝進出。
  • キングオブコント2012』(TBS系列)にて初の決勝進出。
  • baseよしもと5upよしもとに出演していたが、2013年2月に卒業。

出囃子[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

レギュラー出演
過去の出演

Web[編集]

新聞・雑誌執筆[編集]

DVD[編集]

ライブ[編集]

銀シャリのライブのタイトルは、かつての人気番組(現在、放送中の番組も含む)をもじったものであることが多い。

2007年
  • 07月16日 - 「銀シャリだ・ヨ!全員集合」(baseよしもと/大阪)
2008年
  • 07月12日 - 「銀ちゃんのドンとやってみよう!」(baseよしもと/大阪)
  • 11月01日 - 「ウナチャンナオチャンの誰がやらねば!」(baseよしもと/大阪)
2009年
  • 02月28日 - 「銀シャリの生でダラダラいかせて‼」(baseよしもと/大阪)
  • 04月25日 - 「俺たちひょうぎん族」(baseよしもと/大阪)
  • 06月20日 - 「銀シャリアワー 握っていいとも!」(baseよしもと/大阪)
2010年
  • 03月 - 「銀覚自」(baseよしもと/大阪)
  • 10月 - 「ギンギラ銀にシャリげなく」(ルミネtheよしもと/東京)
2011年
  • 03月 - 「シャリリーマン銀太郎」(5upよしもと/大阪)
  • 07月 - 「ギン肉マン」(5upよしもと/大阪)
2012年
  • 06月 - 「銀田一シャリ年の事件簿」(5upよしもと/大阪、SUNSHINE STUDIO/名古屋、ルミネtheよしもと/東京)
2013年
  • 08月 - 「SAMURAI BLUE JACKET」(ABCホール/大阪、きゅりあん小ホール/東京)

賞レースなどでの戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 銀シャリ プロフィール”. 大阪若手お笑いライブ「キタイ花ん」公式サイト. 2008年8月5日閲覧。
  2. ^ baseよしもと旧プロフィール。(現在はキャッシュのみ)
  3. ^ 「ざるかもトリプル」橋本のブログ(右側プロフィール欄に記載)”. 橋本直. 2008年8月7日閲覧。クンニ好きから。
  4. ^ a b 満員御礼!福島一丁目劇場2010年5月18日放送分
  5. ^ ちちんぷいぷい2010年5月12日放送分
  6. ^ 2009年1月8日放送の『ロケみつ〜ロケ×ロケ×ロケ〜』で自身の担当するコーナー「101匹わんちゃんブログ旅」の中で書き初めを披露した。
  7. ^ ジャイケルマクソン』2008年7月2日放送分
  8. ^ 美味しかった メガトン級に! - 「天津木村の「天狗女と泥棒ヒゲ男」”. 天津・木村のブログ (2007年10月8日). 2008年8月7日閲覧。
  9. ^ いちばんの笑顔は”. baseよしもと (2008年7月7日). 2008年8月5日閲覧。
  10. ^ 2011年6月26日にMBSラジオで放送された『上泉雄一のええなぁ!』でのたむらの発言より
  11. ^ “銀シャリ鰻「上り丸」襲名!河内音頭デビューで”. サンケイスポーツ. (2011年6月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/110616/gnf1106161138000-n1.htm 2011年6月27日閲覧。 
  12. ^ “銀シャリ鰻「M―1より緊張」河内音頭初披露”. スポーツニッポン. (2011年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/27/kiji/K20110627001098330.html 2011年6月27日閲覧。 
  13. ^ 浜ちゃんが!』2011年8月3日放送分
  14. ^ 笑っていいとも』2010年12月28日放送分
  15. ^ 丑バラ』2008年2月15日放送
  16. ^ ゴーJ!』2008年2月15日放送分
  17. ^ a b KTV[番組 鉄筋base]”. KTV. 2008年8月5日閲覧。
  18. ^ おおおおおおおおおっつ!!! - 「ざるかもトリプル」橋本のブログ”. 橋本直 (2006年11月20日). 2008年8月7日閲覧。
  19. ^ 銀シャリ、プラスマイナスらが本選進出”. 日刊スポーツ 大阪ニュース (2006年12月3日). 2008年8月5日閲覧。
  20. ^ ギャロップが最優秀新人賞に 「ABCお笑い新人-」”. スポニチ (2008年1月15日). 2008年8月5日閲覧。
  21. ^ “お笑い新人グランプリに「ギャロップ」”. MSN産経ニュース. (2008年1月14日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080114/tnr0801142117007-n1.htm 2008年8月5日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]