チーモンチョーチュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チーモンチョーチュウ
メンバー 菊地浩輔
白井鉄也
別名 チーモン
結成年 2001年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2001年5月 -
出身 NSC大阪校23期
出会い 千葉県立佐倉南高等学校
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
過去の代表番組 ワイ!ワイ!ワイ!
板尾ロマン
ハッピーMusic
あるあるYYテレビ
同期 友近
アームストロング
ものいいなど
公式サイト 公式ブログ
テンプレートを表示

チーモンチョーチュウは、日本お笑いコンビ吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。略称チーモン。東京よしもと開催のAGE AGE LIVEで、Aage、Bageの境があった約2年間、唯一Aage滞在率100%だった芸人である。

メンバー[編集]

千葉県印旛郡酒々井町出身。B型。
千葉県千葉市若葉区出身。O型。既婚。

来歴[編集]

  • 二人の出会いは千葉の高校であり、白井は親に「高校卒業後、アメリカ牧場で働け」と言われた。しかし、嫌がった白井は菊地を吉本興業に誘った。その時菊地は心理学を学ぶ為に大学を目指していたが、受験の時、白井との約束を守るため答案用紙を白紙で出した。
  • コンビ名は白井の中学時代の友人が「バーチャファイター」に登場する技である裡門頂肘(りもんちょうちゅう)を、漢字が読めず「ちーもんちょうちゅう」と読み間違えたことから。なお、コンビ名を間違えられることが多く(ヨシモト∞での表記が「チーモンチョウチュウ」、ルミネtheよしもとの初舞台に「デーモンチョーチュウ」など)、吉本興業からは幾度となく「コンビ名を変えろ」と言われてきたが、かたくなに断りつづけた[1]
  • こうして芸人への道を志すも「東京にNSCがない(実際は既にあったが、大阪NSCに入学後にその事実を知る)」という理由で大阪NSCへ(大阪在住経験のある白井は戻る形に)。卒業後は芸歴の都合もあるが、シュールな芸風のためかあまり受けいれられず仕事もほとんどなかった。しかし、里帰りしたついでに見に行ったルミネtheよしもとでたくさんの若手芸人が活動しているばかりか、増谷キートンくまだまさしなどが大ウケしているのを見てすぐさま東京の事務所に駆け込んでオーディションを受け、2001年9月に東京進出を果たした。
  • かつては白井の関西弁のボケに対し菊地が標準語でツッコミを入れるというスタイルであったが、上京したのち標準語漫才に切り替える。
  • 2005年 - 2010年M-1グランプリ準決勝進出。2010準決勝で、白井がネタを飛ばし、舞台袖にはけた後に周りの芸人は菊地が激怒するのではと恐れたが、菊地は仕方ないことだとして怒らなかった。
  • THE MANZAI2011は2回戦で敗退。翌2012年度大会では認定漫才師50組に選ばれる。本戦サーキットの結果は12位でワイルドカード決定戦に進出。2013年大会では2年連続認定漫才師50組に選ばれ、本選サーキット7位で決勝大会に進出。2014年大会

では優勝予想ランキングで一位を獲得した。

ネタ[編集]

  • 主に漫才。コントをするときもある。
  • 二人でネタを作っている。
  • 漫才の中で代表的な物に「3文字ゲーム」というネタがあり、シチュエーションに合わせて3文字でのみネタを進めていくものである。
    • 3文字ゲームの中には「迷子」、「コンビニ強盗」、「自殺を止める」、「ファミレス」などの持ちネタがある。
    • これは白井が弟と作った。白井が足を骨折して仕事を1か月ほど休んでいる時、家で「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をよくやっていた。その中に「聞き取りゲーム」というのがあり白井の弟がそれをやっている時、白井が大きな声を出して邪魔をすると弟が「やめろ!」と怒り出し、それに対して白井が「いやだ!」と返した。それから「なんで」、「しらん」と3文字だけの言い合いが始まり、それがきっかけで3文字ゲームが生まれた。M-1グランプリなどの賞レースなどで多く披露している。
    • オチは2種類あり、最終的に白井が3文字以上で喋り菊地が突っ込むか、菊地が3文字以上で喋り白井が無茶な罰ゲームを用意するかのどちらかである。
  • 「ちっちゃいものゲーム」というネタもある。
  • 「歯医者」、「携帯電話を水没した」、「つばめ」などは白井がよく自爆(自分で笑ってしまったり、セリフがグダグダになる)してしまう。
  • ネタが終わると菊地が「もういいよ」とぼそっとつぶやくように言い、2人で無言で一礼する。

出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

現在出演中の番組[編集]

おはスタ645GO!GO!

過去に出演した番組[編集]

ラジオ番組[編集]

チーモンチョーチュウの「るんるんラジオ」(アール・エフ・ラジオ日本)2013年3/26で終了

DVD[編集]

  • ルミネ the よしもと〜業界イチの青田買い 2008秋〜
  • ルミネ the よしもと〜業界イチの青田買い 2009冬〜
  • 笑いの万博
  • チーモンチョーチュ一(初単独DVD)
  • チーモンチョーチュニ(単独DVD)

雑誌[編集]

  • お笑いポポロ 2008年5月号 Vol.23
  • お笑いポポロ 2008年11月号 Vol.25
  • お笑いポポロ 2009年2月号 Vol.26
  • お笑いポポロ 2009年8月号 Vol.28
  • お笑いTV LIFE Vol.4
  • お笑いTV LIFE Vol.5

単独ライブ[編集]

  • 2005年3月20日 『こたろう』(渋谷シアターD)
  • 2005年8月10日 『犬千代』(新宿シアターモリエール)
  • 2006年2月8日 『乱丸』(新宿シアターモリエール)
  • 2006年4月8日 『TALK』(渋谷シアターD)トークライブ
  • 2007年2月17日 『チーモンチョーチュウ単独ライブ〜桃丸〜』(シアターモリエール)
  • 2007年8月29日 『チーモンチョーチュウ単独ライブ〜太郎〜』(シアターサンモール)
  • 2008年2月22日 『弁丸』(新宿シアターモリエール)
  • 2008年8月8日 『梵天丸』(北沢タウンホール)
  • 2009年3月11日 『又太郎』(北沢タウンホール)
  • 2009年9月10日 『小次郎』(ヤクルトホール)
  • 2009年2月28日 『松寿丸』(草月ホール)
  • 2010年8月6日 『夜叉丸』(よみうりホール)

舞台[編集]

神保町花月

  • 「THE MOMO-TARO」 2007年7月18日 - 7月27日
  • 「タイムリミット」 2007年10月16日 - 10月21日
  • 「東北ラブストーリー 〜ラブ・レターは突然に〜」2008年1月22日 - 1月27日 主演
  • 「Lady In The Box」 2008年4月1日 - 4月6日
  • 「心」 2008年7月8日 - 7月10日
  • 「かくれんぼ」 2008年9月17日 - 9月21日 主演
  • 「ほらね。〜彼女が使う魔法のコトバ〜」 2009年1月20日 - 1月25日 主演
  • 「悪戦と苦闘の間で」 2009年4月1日 - 4月6日
  • 「オスメス」 2009年9月30日 - 10月5日 主演
  • 「kisskisskiss2010」 2010年1月6日 - 1月10日
  • 「あのロックスターはギターが弾けなかった・・・」 2010年4月21日 - 4月27日

LIVE STAND

  • 2010年 CONA-MON STAGE初出演
キャッチコピー 「不思議の国の漫才職人」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 麻布台出版社「お笑いポポロ」2004年8月号 より。