エリーニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリニュスから転送)
移動: 案内検索

エリーニュス古希: Ἐρινύς, Erīnys)は、ギリシア神話に登場する復讐の女神たちである。複数形でエリーニュエス古希: Ἐρινύες, Erīnyes)とも称する。日本語では長母音を省略してエリニュスエリニュエスとも呼ぶ。

古くは数が不定で、多数からなる女神であったと考えられるが、後代の神話では、アレークトー(止まない者)、ティーシポネー(殺戮の復讐者)、メガイラ(嫉妬する者)の三神に整理された。親殺しや偽誓の罪に対する「復讐の女神」として知られる。神話上の系譜ではティーターンに属し、オリュムポスの神々とは異なる祭祀を受けた。

概説[編集]

オレステースを責める復讐の三女神

神話によればクロノスウーラノスを襲って去勢したとき、ウーラノスの傷口から血が大地母神の上にしたたり落ち、そこからエリーニュースとメリアスたちが生まれたという。メリアスは、トネリコのニュムペーである(複数形は、メリアイ)。

エリーニュースは冥府にあるエレボスに住み、頭髪は、頭は、身体は炭のように黒く、コウモリの翼を持ち、血走った目をした老女の姿をしている。手には青銅の鋲のついた鞭を持ち、これで打たれた者はもがき苦しんだ末に死ぬ。エリーニュースたちは恐るべき神であり、本当の名前を出すことははばかられるため、エウメニデス(慈しみの女神たち)と呼ばれる。

エリーニュースが三神であることは、コレーデーメーテールペルセポネー、あるいはアルテミスセレネーヘカテーなどと同様、一柱の女神が三様の姿をとることに相応している。初期には、母親に対する侮辱や暴行に対する復讐を司っていたと考えられ、訴えに応じて町から町へ、国から国へと罪を犯した者を追跡し、情け容赦なく罰する神と考えられた。時代が下ると、若者の老人に対する無礼、主人の客人に対する非礼、権力者の嘆願者に対する横柄な態度などについても、追及するようになった。

ギリシア神話のよく知られるエピソードでは、母イオカステーの死の原因となったオイディプースをいじめ殺し、テーバイ攻めの七将の伝説で母エリピューレーを殺したアルクマイオーンや、トロイア戦争後にクリュタイムネーストラーを殺したオレステース(オレステースが殺したのは情夫のアイギストスだけで、クリュタイムネーストラーは裁判にかけたともいわれる)を追跡して狂気に追いやった。

ローマ神話での対応[編集]

ローマ神話においては、フリアエ(Furiae)またはディーラエ(Dirae)を、エリーニュースに対応させた。

関連項目[編集]