パルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アガシュ画「パルク」(1885ごろ)

パルカ (Parca) は、ローマ神話運命の女神である。複数形パルカエまたはパルカイ (Parcae)。文学などではパルク (フランス語: Parque)・パルツェン (ドイツ語: Parzen) などとも。

ギリシャ神話モイラと同一視される。運命神としてのパルカの属性はギリシャ神話から借りられたものであり、本来は誕生の女神だったようである[1]

パルカ一覧[編集]

女神 原語 対応モイラ 属性
デキマ Decima ラケシス 運命の糸を配る (誕生)
ノーナ Nona クロートー 運命の糸を紡ぐ
モルタ Morta アトロポス 運命の糸を絶つ (死)

出典[編集]

  1. ^ 高津春繁 編『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店 1960