ラールンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラールンダラテン語: Larunda)は、ローマ神話における美しくお喋りなニュンペーナーイアデスの1人である。長母音を週略してラルンダとも表記される。別名はララーラテン語: Lara)。

ユートゥルナユーピテルの間の情事をユーノーに漏らしたため、怒ったユーピテルがラールンダの舌を切り取り、口をきけない。メルクリウスに命じて冥界へ連れて行かせようとするが、二人は恋に落ちて二人の息子・ラレースを生んだ。その後、「唖者」を意味するムートスラテン語: Mutus)と呼ばれている。