トレインチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
左側の画面がトレインチャンネル(山手線E231系500番台電車
左側の画面がトレインチャンネル(京浜東北線E233系1000番台電車

トレインチャンネルは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の首都圏線区において、通勤形電車内に設置した液晶ディスプレイ(LCD)を用いた電子広告デジタルサイネージ)である。

動画を主体とした各種コンテンツ(CM・ニュース天気予報など)を提供し、他の吊り広告などと同様に、JR東日本グループの広告代理店であるジェイアール東日本企画(jeki)が媒体社となっている[1]

三菱電機(一部の配信系統は日立製作所)が開発したトレインビジョンシステムを採用しており[2]、同様にLCDを用いて停車駅や乗換案内・運行情報などを表示する車内案内表示装置と組み合わせて設置される。

また、JR東日本以外の鉄道事業者でも類似の車内デジタルサイネージを展開している例(首都圏では東京地下鉄の「Tokyo Metro ビジョン」、東京急行電鉄の「TOQビジョン」、西武鉄道の「西武スマイルビジョン」など)も増加している。

概要[編集]

2002年から山手線に導入されたE231系500番台に初めて搭載された。同車両に搭載されているVIS (Visual Information System) により表示内容を制御しており、各客用ドアの鴨居部分に画面サイズ15インチ・アスペクト比4:3のLCDが2画面ずつ設置されている。

向かって左側の画面がトレインチャンネル用であり、コマーシャル動画・天気予報日本気象協会(JWA)によるもので[3]、トレインチャンネル用のJWAキャラクターとして「じぇいわ君」がいる[4])・文字ニュース(共同通信社送信のニュース)、「NHK Pickup NEWS」(このタイトルは以前「NHK NEWS 1minute」というタイトルで放送されていた。また数か月して「NHK Pickup NEWS」のタイトル画面に「トレインチャンネルニュース」の文字が追加された)・「TBSニュースバード[5]が放送される。インフォマーシャルと天気予報は各線で異なるものを使用している。音声は流れないため、本来テレビコマーシャル向けに制作されたCMの一部は制作側で編集され、画面下に字幕ふきだしを表示しているものがある。その他、山手線で運行されている広告貸切列車である「ADトレイン」では、このトレインチャンネルも一社貸切広告として放送されている。事例としては2006年4月に運行された日本テレビの「デジタルGトレイン」(日テレ関連広告および読売ジャイアンツ戦中継を放送)や「箱根駅電」(箱根駅伝の中継)が挙げられる。

右側の画面は広告等以外の列車運行に係る情報を表示する「車内案内表示装置」(路線図・次駅案内・乗換案内・運行情報・駅情報など)であり、運行情報についてはデジタル列車無線を通じて最新のデータが地上側から随時伝送され、新着や更新があった際にはチャイム音が鳴る(駅停車中に運行情報を受信した場合も鳴る)。

  • 運行情報(遅延や運休など)は日本語と英語に分けて表示される。この情報はJR東日本ホームページの運行情報一覧のほか、案内表示器および、VISを搭載している車両(トレインチャンネル装備車両のほかE231系電車・E217系電車E531系電車の車内LED表示装置にも同時配信される。新幹線および関東(全域)・甲信越地方のJR東日本線、さらに2006年以降は首都圏の私鉄線・地下鉄線の情報も表示されるようになったため、大規模な運行遅延時(地震台風大雪など)には表示されるページ数が十数ページに達し、結果的に全てを表示する前に次の駅に到着するため、途中で打ち切られることもある。また、これらの現象を考慮して乗務員が表示路線・内容を取捨選択することもできる。
  • なお、乗換路線の案内は22時30分以降になると路線名の下に「のりかえのお客様は、終電の時刻にご注意ください。」と表示され、また23時以降は終電の時間を考慮して自動放送で乗り換え路線の案内が放送されなくなる(ただし画面上では終電が発車した後でも当該路線への乗換案内が表示される)。
  • 天気予報は、運行する路線が経由する場所から3箇所分の天気予報が表示される(例:E233系0番台(中央線快速)では「東京」「立川」「大月」。E233系2000番台(常磐緩行線)では「北千住」「松戸」「取手」)。なお、トレインチャンネルを運用している車両の相互乗り入れ先がある場合には考慮されておらず、E233系0番台が乗り入れる富士急行線や、E233系2000番台が乗り入れる東京メトロ千代田線小田急小田原線小田急多摩線でも同じ天気予報が流れるので、河口湖駅付近で東京の天気が流れたり、唐木田駅付近や本厚木駅付近で取手の天気が流れるといったことも発生する。

搭載車両[編集]

類似事例[編集]

JR東日本以外の各社で車内LCDによるデジタルサイネージを導入している例

広告表示を実施しているものに限り記載。詳細については以下リンク先の記事を参照のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR東日本企画 トレインチャンネル”. 2012年12月29日閲覧。
  2. ^ 三菱電機 トレインビジョンシステム”. 2012年12月29日閲覧。
  3. ^ 2011年3月まではウェザーニューズが提供。
  4. ^ じぇいわ君オフィシャルページ - 日本気象協会
  5. ^ 過去には日テレNEWS24も放送されていた。放送局のニュースは路線によってどちらか一社が選択され、NHK・TBSが同時に放映されることはない。ニュースは数ヶ月毎に放送局の入れ替えが行われている。
  6. ^ “JR常磐線各駅停車に「トレインチャンネル」が新たに登場!!” (プレスリリース), ジェイアール東日本企画, (2015年2月23日), http://www.jeki.co.jp/info/files/upload/20150223/150223hp.pdf 2015年3月4日閲覧。 
  7. ^ JR東日本E235系、山手線新型車両11/30デビュー! 車内広告は紙媒体と併用に (マイナビニュース・2015年10月13日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]