京王1000系電車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京王1000系電車
高井戸駅へ入線する1705Fバイオレット色(2007年4月13日)
高井戸駅へ入線する1705Fバイオレット色
(2007年4月13日)
基本情報
製造所 東急車輛製造
日本車輌製造
主要諸元
編成 5両 (2M3T→3M2T)[1]
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500 V
架空電車線方式[1]
最高運転速度 90 km/h
設計最高速度 110 km/h
起動加速度 2.6(1710Fまで) km/h/s
3.3(1711F以降) km/h/s
減速度(常用) 3.7[1] km/h/s
減速度(非常) 4.0[1] km/h/s
編成定員 748
車両定員 143(先頭車)・154(中間車)[1]
全長 20,000[1] mm
全幅 2,864[1] mm
全高 4,100[1] mm
主電動機 かご形三相誘導電動機[1]
主電動機出力 180 kW(4次車まで)
160 kW(5次車)
駆動方式 WNドライブ[1]
歯車比 99:14=7.07:1[1]
制御装置 VVVFインバータ制御[1]
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ[1]
保安装置 京王形ATS
テンプレートを表示

京王1000系電車(けいおう1000けいでんしゃ)は、1995年平成7年)に製造を開始した京王電鉄井の頭線用の通勤形電車[1]

営業運転開始は1996年平成8年)1月9日。井の頭線では3000系以来、34年ぶりの新型車両で、井の頭線用としては初めて20 m級車体およびVVVFインバータ制御を採用した。

2011年(平成23年)末現在、5両編成29本の計145両が在籍している。登場当時、「京王帝都電鉄」としては最後の新規形式であり、「京王電鉄」に社名変更後も投入が続けられた。

本項では井の頭線上で東側を「渋谷方」、西側を「吉祥寺方」と表現する。編成単位で表記する必要がある場合は吉祥寺方先頭車の車両番号を編成名表記(例:1701F、末尾の「F」は編成を意味するFormationの頭文字)として扱い、各編成について取り扱う際はこの番号を用いる[注 1]

外観[編集]

車体構造が変更された2008年度導入車
先頭形状が3000系のイメージに一層近くなった。

3000系に引き続いてステンレス[注 2]であるが、輸送力増強を目的として、各車両の全長は同系列の18m級から井の頭線用車両では初の20m級となり、客用扉の数も同系列の片側3箇所から4箇所となった[1][2]。乗車定員も増え、車内の天井も約10センチ高くなった[1]。同系列と同様に裾絞りがあり、外板は4次車・1715Fまではビード(凹凸)付きである。加えて車体側面に車外放送スピーカーも設置された[1]行先表示器LED[1]ローマ字を併記するが、1710Fまでは当初はローマ字と各停運用時の種別表記がなかった。書体ゴシック体である。また、運行番号表示器は営業運転開始時には先頭車の前面左上部に設置されていたが[1]、後に中央左端(車掌台)に移設された。

先頭形状は3000系更新車と共通イメージであるが、新たに非常用貫通扉を設置し、これを助士席側に寄せた構造となっている[1]。この部分の塗装は編成ごとにパステルカラー7色(レインボーカラー[1])を使い分けている(後述)。前面行先表示器回りのデザインは同系列の前照灯のイメージを残している[1]。車体四隅に設置されている灯火類やパノラミックウィンドウ初代5000系を意識した形状・配置となっている。なお、窓下の灯火類が単独設置の前照灯で、行先表示器の両側には急行標識灯尾灯がまとめて入っている。

貫通扉下部には車両番号が表記され、その周囲にヘッドマークを装着するステーが設けられている。

2008年度導入車より、妻面窓や側面のビード廃止、行先表示器のフルカラーLED化、正面行先表示器と運行番号表示器の一体化など仕様が一部変更され、番号も21 - /71 - となった[3]。そのため、16 - 20/66 - 70は当初から欠番となっている。

乗務員室[編集]

運転台(クハ1728)

井の頭線車両で初のワンハンドル式主幹制御器、また、京王の車両では初の電子警笛が装備された。1710Fまでは低運転台構造、1711F以降は高運転台構造となっている。乗務員室仕切は客室から見て左側に大窓、右側に仕切扉があり、1712F以降は大窓の下辺高さが高くなった。乗務員室の共通事項は別項を参照。

主要機器[編集]

主制御装置、主電動機[編集]

本系列は井の頭線初のVVVFインバータ制御車両である[2]。初期の編成は軽量車体に大出力の主電動機を搭載したことでMT比電動車付随車の構成比)2M3Tを実現したが、2003年(平成15年)製の1711F以降ではMT比が3M2Tに変更されている。これは初期の編成で雨天時の空転や滑走などが多発して問題となったためである[注 3]。なお、1710Fまでの編成では、セラジェット噴射装置を搭載するなど新たに対策を施して問題を解消した。

VVVFインバータ制御装置の制御素子は1710Fまでの奇数編成が東洋電機製造GTOサイリスタ (RG655-A-M 4500V/3000A)、偶数編成は日立製作所IGBT (VFI-HR2480A 2000V/325A) で、各M車に搭載される。1711F - 15Fは東洋電機製造製IGBTで、デハ1000形にはユニットを組むデハ1050形も制御するATR-H8180-RG682A-Mを、単独M車のデハ1100形はATR-H4180-RG683A-Mを搭載する。1721F以降では日立製作所製のIGBTで、デハ1000形にVFI-HR2820Kを、デハ1100形にVFI-HR1420Tを搭載する[4]

2011年には、本系列の1両に東洋電機製造の狭軌用全閉内扇形主電動機が搭載され、性能確認が行われた[5]

朝ラッシュ時の使用を想定した定速制御の機能を持っているが[1]、井の頭線内では頻繁に加減速を行っているため、使用する機会は少ない。

屋上機器[編集]

パンタグラフは全編成とも3基搭載である。そのため、1710Fまではサハ1500形にもパンタグラフが搭載されている。初期に落成した編成は菱形パンタグラフであったが、1710Fのデハ1010でシングルアーム式が試験搭載された後、1711F以降は新造時からシングルアーム式を搭載した。従来車についても順次換装されたため、全編成がシングルアーム式に統一されている。屋根上に設置された冷房装置集中式で、補助送風機としてラインデリアを装備する。ベンチレーターは設置されていない。

編成表[編集]

 
← 渋谷
吉祥寺 →
電動車付随車の構成
MT比
制御装置
号車 5 4 3 2 1
編成 1701F - 1710F クハ1750形 デハ1100形 サハ1500形 デハ1000形 クハ1700形 2M3T (奇数編成)東洋GTO
(偶数編成)日立IGBT
1711F - 1715F クハ1750形 デハ1100形 デハ1050形 デハ1000形 クハ1700形 3M2T 東洋IGBT
1721F - 1734F 日立IGBT

製造次による仕様や内装の差異[編集]

1・2次車[編集]

  • 1701F - 1710F

1995年 - 1998年度製造。前述のとおり、製造当初は菱形パンタグラフとしていたが、3次車登場以降シングルアーム式へと交換された。

内装
  • [京王8000系電車|8000系]]に近い仕様で製造されたため、内装もそれに合わせた形になっている。
  • つり革は1000系唯一の丸型であるが、一部増設されたつり革は三角型である。
  • LED式旅客案内表示器を設置。
  • ドアチャイムを設置。

3編成が日本車輌製造(以下、日車)製、7編成が東急車輛製造(以下、東急)製である。

3・4次車[編集]

  • 1711F - 1715F

2002年 - 2004年度製造。前述のとおりMT比3M2Tに変更しているほか、シングルアーム式パンタグラフを新造時から採用している。

内装
  • 落成直前に登場していた9000系0番台に準じて製造されたため、内装もそれに合わせた形になっている。
  • つり革は三角型に変更。
  • 側扉の窓ガラス支持を外側から内側に変更[注 4]して室内側段差をなくした。
  • 座席を片持ち式に変更された[注 5]

上記に挙げた2点は既存編成についても2004年度に設置された。駆動装置点検蓋に関しては1710Fまで設置していたが、1711F以降は省略された。

1721Fより設置された液晶ディスプレイ

全編成が東急製である。

5・6次車[編集]

  • 1721F - 1734F

前述のとおり外観はビードレスのステンレス剛体とし、正面のLED式行先表示器を大型・フルカラー化し、その横に運行番号表示器を移設し、車体内部に埋め込んだ。

保安装置改良に伴いATCを新造時から搭載している。

内装
  • 9000系30番台に準じて製造されたため、内装もそれに合わせた形になっている。
  • ワイドサイズの液晶ディスプレイ方式の車内案内表示装置が各乗降扉の上部に設置。なお、液晶ディスプレイは後述の1729Fを皮切りに1画面から2画面への増設が開始されている。
  • 車内の袖仕切りが若干変更。
  • 客用ドアは、東日本旅客鉄道(JR東日本)E231系などと類似した仕様および形状に変更。
  • 窓ガラス支持方法は接着式に変更。
  • ドアの車内側はステンレス無塗装仕上げ。
  • 戸当たりゴムの両側に黄色いラインが引かれている。
  • 形式番号、禁煙標示、製造所表示は一枚のステッカーにまとめる。このステッカーには製造年の記載がない。

なお改造によって1710F以前の一部編成にも、1721F以降で採用された大型の袖仕切りに変更された編成が存在する。

ほか、井の頭線で初となる自動放送装置の設置工事も行われており、2012年10月以降は設置が完了した編成から順次使用を開始している[注 6]

全編成が東急製である。

井の頭線では客室照明を蛍光灯からLED照明に交換しており、現在は1000系全車がLED照明となっている[6]

リニューアル[編集]

1995年 - 1998年に製造された1・2次車の全編成を対象に2018年度までに順次リニューアルが施工される。 施工内容は以下のとおり。

  • VVVFインバータ制御装置の換装。
  • 主電動機を全閉内扇形の三相誘導電動機に換装。
  • 編成中間の3号車を付随車から電動車に改造(サハ1500形→デハ1050形)。
  • 2号車デハ1000形と3号車デハ1050形のユニット化。
  • 車外および車内放送用スピーカーの交換
  • 自動放送装置の設置
  • ロングシートの袖仕切の大型化。
  • スタンションポールの取り付け。
  • カーテン、床敷物、化粧板の交換。
  • 車内照明をLED照明に交換。
  • 各車両の車端部にフリースペースを増設。
  • 液晶式2画面の車内案内表示器を設置。
  • 乗降扉はJR東日本E233系に似た複層ガラスのものに交換。

正面色一覧[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

編成番号と車体色の対応は下表のとおりであり、「第n編成の車体色はnを7で割った余りに対応する」という規則がある。この規則は3000系と基本的に同一である。

1721F以降はベージュが明度不足であることからオレンジベージュに変更されている[7]が、これ以外は下記の規則どおりとなっており、編成番号同様正面色も1716F(アイボリー) - 20F(ベージュ)が飛ばされている。

オレンジベージュ色で新造された1727F
  1701F
- 1715F
1721F
- 1734F
1. ブルーグリーン 01 08 15   22 29[注 7]
2. アイボリー 02 09   23 30
3. サーモンピンク 03 10 24 31
4. ライトグリーン 04 11 25 32
5. バイオレット 05 12 26 33
6. ベージュ    
オレンジベージュ 06[8] 13[注 8] 27 34
0. ライトブルー 07 14 21 28  

特別ラッピング車両[編集]

10月3日より運用を開始した特別ラッピング車両(2012年10月5日、明大前駅 - 永福町駅間)

1729Fは2012年10月3日より、井の頭線のイメージカラーであるレインボーカラーのラインと沿線の名所や魅力(ハチ公、井の頭公園、神田川、あじさい、さくら)を表現したステッカーを貼付した特別ラッピング車両として運行を開始した。正面色は、清潔感のある「ホワイト」がベースとなっている。

また車内の液晶ディスプレイを2画面化し、「京王DG(デジ)チャンネル」として2012年11月からテレビ東京製作のニュース番組『NEWS EXPRESS』や『空から京王沿線を見てみよう』(『空から日本を見てみよう』の京王沿線バージョン)、天気予報やCMの放映を行っている[9]

期間は1年間を予定していたが[10]、好評につき2013年11月以降もラッピングを継続している[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 文献によって渋谷方先頭車の車両番号を編成表記とする場合(例:1751F)、吉祥寺方先頭車の車両番号を編成表記とする場合(例:1701F)、編成内最若番の車両の番号を編成表記とする場合(例:1001F)があり、正式なものであるか不明であるため、このような表記を行っている。
  2. ^ 先頭部のみ普通鋼[1]
  3. ^ 3000系の置き換えのタイミングという理由もあるが、1710Fが1998年度に入線した後、2003年の1711F入線までしばらく新製が中断していた。
  4. ^ 支持方式は従来どおり押え金式である。
  5. ^ 8000系のような座席の仕切りを棒から京浜急行電鉄新1000形で採用した形状に近い袖仕切りに変更。
  6. ^ 自動放送の音声は京王線のものと同じ。車外スピーカーからの乗降促進自動放送も可能になっている。
  7. ^ 2012年10月以降はホワイト(特別ラッピング車両)。
  8. ^ 2010年4月にベージュから変更。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 京王帝都電鉄(株)車両部車両課「新型車両プロフィールガイド 京王帝都電鉄1000系」、『鉄道ジャーナル』第30巻第4号、鉄道ジャーナル社1996年4月、 78-81頁。
  2. ^ a b 車両の概要”. 京王電鉄. 2013年2月1日閲覧。
  3. ^ 「京王ニュース 2008年度の取り組み」”. 2008年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月15日閲覧。
  4. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』通巻825号(2009年10月号臨時増刊)「鉄道車両年鑑 2009年版」p.187
  5. ^ 製品紹介 - 狭軌用全閉内扇形主電動機 (PDF) - 東洋電機技報 第126号 2012-9 p.20
  6. ^ 京王線・井の頭線の車内へ環境にやさしいLED照明を導入します。 (PDF) - 京王電鉄ニュースリリース 2012年2月13日
  7. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻825号(2009年10月号臨時増刊)p.140
  8. ^ 2010年8月にベージュから変更(京王1000系1006編成がオレンジベージュに - 『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース(交友社))。
  9. ^ 京王井の頭線の車両ビジョンにおいて テレビ東京のニュースやオリジナルコンテンツ映像を放映。 (PDF) - 京王電鉄ニュースリリース 2012年10月25日
  10. ^ 井の頭線で特別ラッピング車両を運行します。 (PDF) - 京王電鉄ニュースリリース 2012年9月26日
  11. ^ 『京王ニュース』2013年11月号より。