この記事は良質な記事に選ばれています

京王7000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京王7000系電車
7000系7726編成(2015年1月29日 長沼駅)
7000系7726編成
(2015年1月29日 長沼駅)
基本情報
運用者 京王電鉄
製造所 日本車輌製造
東急車輛製造[1]
製造数 190両[2]
運用範囲 京王線
主要諸元
編成 2・4・6・8・10両編成[10]
軌間 1,372[3] mm
電気方式 直流1,500 V
架空電車線方式[4]
最高運転速度 110[6] km/h
設計最高速度 110[7] km/h
起動加速度 2.5[8] km/h/s
減速度(常用) 4.0[8] km/h/s
減速度(非常) 4.5[8] km/h/s
車両定員 150名(先頭車)・170名(中間車)[9]
全長 20,000[5] mm
車体長 19,500[5] mm
全幅 2,800[9] mm
車体幅 2,770[5] mm
全高 4,045(パンタグラフなし) mm
4,100(パンタグラフ付)[9] mm
車体材質 ステンレス[9]
主電動機 直流複巻電動機[9]
主電動機出力 150 kW[9]
搭載数 4[9]基 / 両
駆動方式 WN平行カルダン駆動[9]
歯車比 85:16=5.31[9]
制御装置 界磁チョッパ制御[9]
制動装置 回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ[9]
保安装置 京王形ATS[9]
備考 登場時の仕様を示す
テンプレートを表示

京王7000系電車(けいおう7000けいでんしゃ)は1984年昭和59年)から1996年平成8年)にかけて190両が製造された京王電鉄京王線[注釈 1]用の通勤形電車である[1][2]。京王線用としては初のステンレス車体を採用した[11]。当初各駅停車用として5両編成で製造されたが、特定都市鉄道整備促進特別措置法(特々法)による輸送力増強過程に製造期間が重なった[12]ため、徐々に編成両数が長くなっていった[13][14]。製造途中で車体構造が変更され、2種類の外観の車両がある[15]2003年平成15年)から2012年(平成24年)にかけて制御方式を界磁チョッパ制御からVVVFインバータ制御に変更する工事が行われた[16][17]

本稿では京王線上で東側を「新宿寄り」、西側を「京王八王子寄り」と表現する。編成単位で表記する必要がある場合は新宿寄り先頭車の車両番号で代表し、7701編成の様に表現する[注釈 2]。京王では京王八王子寄りを1号車として車両に号車番号を表示している[18]が、本稿では各種文献に倣って新宿寄りを左側として編成表を表記し[19][20][21]、文中たとえば「2両目」と記述されている場合は新宿寄りから2両目であることを示す。

概要[編集]

京王線系統用の車両としては初のオールステンレス車体を採用したが、車体寸法は6000系とほぼ同一とされ[11]。6000系のマイナーチェンジとして位置付けられる[22]。京王線用車両は優等系列車に新製した車両を投入し、その時に捻出された車両を各駅停車に転用する施策が取られてきたが、7000系投入までに優等系列車の6000系への置き換えが完了していたことから、7000系は各駅停車のサービス向上用として当時の各駅停車の標準編成である5両編成で製造され、旧型車を直接置き換えた[11][23]。将来の長編成化、予備部品の削減を考慮し、主要機器は6000系とほぼ同一とされた[24]

京王では特々法により朝ラッシュピーク1時間に新宿に到着する全列車を10両編成化する輸送力増強を行い、1987年(昭和62年)から工事に着手、1996年に完了した[12]。7000系の製造期間はこの輸送力増強期間と重なり、製造の都度長編成化が行われている[13][14]。1986年から8両編成の製造がはじまり、5両編成で製造された編成も中間車を追加製造してすべて6両または8両編成となった[15]。8両編成の一部は後に中間車を追加して10両編成化されたほか、増結用の2両・4両編成も製造され[25]、1996年の製造終了時には2両・4両・6両・10両編成が各5本、8両編成10本の合計190両となった[2]

初期に製造された車両はコルゲートを側面窓上下に備えていたが、8両編成で製造された編成のうち最後の5本と、すべての2両・4両編成は設計変更によりビードプレスの車体となった[26]。増結用中間車は車体構造を組み込まれる編成に合わせたため、コルゲート車体でもビードプレス車体よりも新しい車両がある[25]。2002年10月に帯色を赤から京王レッド(チェリーレッド)と京王ブルー(インディゴー)[27]に変更している[23]2001年(平成13年)から内装を中心としたリニューアル工事が[28]2003年(平成15年)から制御装置をVVVFインバータ制御とする工事が行われている[16]ほか、2010年(平成22年)からは編成組み替えが行われている[29]

外観[編集]

登場時のスタイル
左側がビードプレス仕上げ、
右側がコルゲート仕上げ
(2007年7月5日 明大前駅)

20 m両開き4扉、窓間に戸袋窓2枚、1枚下降窓2枚を、車端部に戸袋窓と1枚下降窓各1枚を備える基本配置、基本寸法は6000系と同様だが、窓がサッシレスになるとともに隅に丸みを設け、やさしさを出している[11][30]。ステンレス車で戸袋窓を備えるのは珍しく、7000系登場当時の紹介記事には「20 mの軽量ステンレス車では全国初」と記載されている[11]。正側面窓下には当時の京王色である赤帯が巻かれた[11]。幕板部中央には 車側灯を挟んで種別表示装置と行先表示装置が配置されている[5]

先頭車正面形状は6000系に類似し、中央に貫通扉が設置され、前面窓上に行先表示装置、種別表示装置、車号板、標識灯がある[30]。窓サイズが左右同一となり、6000系運転室窓より下方に100 mm拡大されている[30]。角形になった前照灯尾灯が1つの箱に納められて正面赤帯下に設けられた[30]。正面角部には銀色に塗装されたFRP製カバーが取り付けられている[11]

1986年(昭和61年)までに製造された車両は側面窓の上下にコルゲートがあったが、1987年(昭和62年)以降編成単位で製造された車両からビードプレス車体となり[15]、先頭部幌枠と桟板が廃止される[26]とともに前面窓下と角部FRPカバーがクリーム色に塗装され、外観の印象が変わった[31]。1987年製造車のみ正側面窓の上に赤帯が巻かれた[31]が、すぐに撤去されている[15]

内装[編集]

車内 座席
車内
座席

室内の色調は当時の京王新造車の標準であるクリーム色の壁に白色の天井、レンガ色の座席モケットとされたが、キルティングにより1人ずつの占有区分が明確化されたほか、座席先端から250 mmのところで床の色を変え、着座客の足位置を暗示する工夫がなされている[30]クーラー吹き出し口を直線状とし、平天井を採用したことから天井高さが6000系に対して約35 mm高くなっている[30]座席はドア間7人掛け、車端部4人掛け、1人当たりの幅は430 mmとされた[30]

乗務員室[編集]

運転台(クハ7725)

乗務員室は基本的に6000系と同一とされ、両手操作のワンハンドルマスコンが引き続き採用された[30]。中央部に貫通路を備えるが、編成間を貫通して使用することが製造時に想定されていなかったことから、貫通路固定仕切り戸は設けられなかった[30]

主要機器[編集]

ここでは製造時の機器構成について述べる。改造による機器の載替については関連項目に記載した。

主制御装置、主電動機[編集]

6000系と共通品を採用した[24]。電動車は2両1ユニット構成とされ[32]、主制御装置はデハ7000形[33]日立製作所(以下、日立)-HTR-20B(直列14段、並列11段、弱め界磁付)を搭載した[9][18]。5両・8両編成では7100番台の電動車はユニットを組む相手がいない1M構成[24][26]、直列14段で使用される[注釈 3]。2両編成は1両単独構成[34]とされ、デハ7400形に日立製MMC-HTR-10C(直列14段、弱め界磁付)が搭載された[注釈 4]

主電動機は直流複巻電動機、出力150 kW(定格電圧375 V、電流440 A、定格回転1,500 rpm、日立製HS-835Jrbまたは東洋電機製造〈以下、東洋〉製TDK-8256A)のものが電動車1両につき4台搭載された[35]。軽量化されたステンレス車としては当時のダイヤでは余裕があるものの、予備品の削減と寿命延長を考慮した出力とされた[24]

駆動装置は京王従来車と同様WN駆動方式が採用され、歯車比は85:16である[9]

制動装置[編集]

制動装置は日本エヤーブレーキ全電気指令式電磁直通ブレーキ (HRD-1R) が6000系に引き続いて採用された[24][36][注釈 5]。電動車では回生ブレーキ力が不足した時に空気ブレーキで補っている[24]

台車[編集]

TS-824台車

台車も6000系用を基本とする、車体直結式空気ばね式の東急車輛製造(以下、東急)製TS-823動力台車、TS-824付随台車が採用された[24][18]。台車枠がプレス構造とされ[24]、TS-823の軸距は2,200 mm、TS-824は2,100 mmである[9]。全台車両抱式の踏面ブレーキを装備する[24]。サハ7550形はTS-823を装備している[37][38]

集電装置[編集]

東洋製[注釈 6]PT-4201、ブロイメットすり板装備品[9]がデハ7000形とデハ7400形の全車、6・8・10両編成では京王八王子寄り先頭車の隣に連結されるデハ7050形、2両編成ではクハ7750形のそれぞれ京王八王子寄りに搭載された[19]

補助電源装置[編集]

1985年以前の製造車はAC200 V、出力130 kVAのブラシレス電動発電機 (BL-MG)[9]がデハ7050形とクハ7750形に搭載された[19]。1986年以降の製造車では静止形インバータ(SIV、AC200 V、出力150 kVA)[35]が採用され、4・8両編成ではデハ7050形に各1台、2両編成ではクハ7750形に1台となった[19]

空気圧縮機[編集]

毎分吐出容量2130リットルのHB-2000形[9]および1986年以降の製造車では性能は同一で小型低騒音のHS-20D[39]が4・5両編成ではクハ7700形とデハ7050形に搭載された[11]。6・8・10両編成ではクハには搭載されずデハ7050形全車とサハ7550形に各1台が、2両編成ではデハ7400形に1台が搭載された[19]

冷房装置[編集]

屋上集中式46.5 kW (40,000 kcal/h) の冷房装置が各車に1台搭載された[11]

形式構成[編集]

7000系は以下の形式で構成される。各形式とも固定編成中で下2桁は同番号または同番号+50となっている[19]。ここでは1996年の製造終了時の両数を述べ、後年の改造については各項にまとめた。「デ」は制御電動車及び電動車を、「ク」は制御車を、「サ」は付随車を、「ハ」は普通座席車を指す略号であり、形式名の前のカタカナ2文字はこれらを組み合わせたものである。

デハ7000形[編集]

主制御装置、パンタグラフを搭載する中間電動車 である[33]。パンタグラフは京王八王子寄りに1基が搭載されている[19]。4両編成の2両目、5・6両編成の2・4両目、8両編成の2・4・6両目、10両編成の2・5・8両目に組み込まれ、編成位置により新宿寄りから順に百の位が0・1・2に[15]、4両編成は百の位が2[40]とされた。デハ7050形とユニットを組んで使用されることが基本だが、5両編成と8両編成の4両目に組み込まれた7100番台の車両はデハ7000形単独で使用された[15]。初代デハ7106-デハ7112は8両編成化時にデハ7206-デハ7212に改番されている[15]。1985年から1994年までにコルゲート車体の40両(デハ7001-デハ7015、デハ7101-デハ7115、デハ7206-デハ7215)、ビードプレス車体の20両(デハ7021-デハ7025、デハ7121-デハ7125、デハ7201-デハ7205、デハ7221-デハ7225)の合計60両が製造された[41][42][25][26]

デハ7050形[編集]

デハ7000形とユニットを組む電動空気圧縮機を搭載する中間電動車である[24][19]。百の位はユニットを組むデハ7000形と同一[19]で、4・5両編成の3両目、6両編成の3・5両目、8両編成の3・7両目、10両編成の3・6・9両目に組み込まれ、6・10両編成では編成位置により新宿寄りから順に百の位が0・1・2[19]、4両編成は百の位が2[40]とされた。8両編成の7100番台車は7100番台のデハ7000形が単独で使用されたため製造されず、3両目が7000番台、7両目が7200番台とされた[15]。初代デハ7156-デハ7162は8両編成化時にデハ7256-デハ7262に改番されている[15]。6両編成の7100番台、8両編成と10両編成の7200番台の京王八王子寄りにはパンタグラフ1基が搭載された[19]。1985年から1996年までにコルゲート車体の35両(デハ7051-デハ7065、デハ7151-デハ7155、デハ7256-デハ7265)、ビードプレス車体の15両(デハ7021-デハ7025、デハ7201-デハ7205、デハ7221-デハ7225)の合計50両が製造された[41][42][25][26]。6両編成の7150番台以外には補助電源装置が搭載されていた[19]

デハ7400形[編集]

2両編成で新宿寄りに連結される制御電動車[26]で、ビードプレス車体のデハ7421-7425の5両が1994年に製造された[43][42]

サハ7500形[編集]

電動空気圧縮機がない付随車 [26]である。10両編成の5両目に組み込まれ[19]、1996年にビードプレス車体のサハ7521-サハ7525の5両が製造された[42]。電動車化が想定されていない完全な付随車で、TS-824台車を装備する[38]

サハ7550形[編集]

電動空気圧縮機付きの付随車[26]で、8両編成の5両目と、10両編成の7両目に組み込まれる[19]。1987年から1992年にかけて[42]サハ7556-サハ7565(コルゲート車体、10両)、サハ7571-サハ7575(ビードプレス車体、5両)の計15両が製造された [25]。電動車化が想定されていたため、屋根上にパンタグラフ取付用の台、客室床に主電動機点検蓋があり、TS-823台車を装備している[38]

クハ7700形[編集]

新宿寄り制御車 [30]である。4両編成用には電動空気圧縮機が搭載され、百の位が8[40]。1984年から1994年にかけてクハ7701-クハ7715のコルゲート車体15両、クハ7721-クハ7725、クハ7801-クハ7805のビードプレス車体10両の合計25両が製造された[25][26][42][44]

クハ7750形[編集]

京王八王子寄り制御車である[45]。4両編成は7850番台[40]、2両編成は7870番台[43]。1984年から1994年にかけてクハ7751-クハ7765のコルゲート車体15両、クハ7771-クハ7775、クハ7851-クハ7855、クハ7871-クハ7875のビードプレス車体15両の合計30両が製造された[25][26][42][44]。2両編成用は京王八王子寄りにパンタグラフ1基を搭載している[19]

新製による編成、機器の変遷[編集]

ここでは製造時のバリエーションと中間車新造による機器構成変更、改番についてまとめ、後年の改造については別項にまとめた。

5両編成として製造された車両[編集]

最初に製造されたグループである。1984年(昭和59年)3月から10月にかけて5両10編成が、1986年3月に2編成が入線した[46]。電動車は日本車輌製造(以下、日車)製、制御車は東急製である[46]。1986年製造車は補助電源装置がSIVに変更された[32]。1984年3月9日から営業運転を開始し[47]、同年4月1日に府中競馬正門前 - 新宿 - 桜上水で試乗見学会が行われた[48]

 
新宿
竣工時期[41][42][44]
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 デハ7000 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 M1 Tc2
車両番号 7701
7702
7703
7704
7705
7706
7707
7708
7709
7710
7711
7712
7001
7002
7003
7004
7005
7006
7007
7008
7009
7010
7011
7012
7051
7052
7053
7054
7055
7056
7057
7058
7059
7060
7061
7062
7101
7102
7103
7104
7105
7106
7107
7108
7109
7110
7111
7112
7751
7752
7753
7754
7755
7756
7757
7758
7759
7760
7761
7762
1984年3月
1984年3月
1984年3月
1984年3月
1984年8月
1984年8月
1984年10月
1984年10月
1984年11月
1984年11月
1986年3月
1986年3月
搭載機器[11] CP CON・PT MG・CP CON・PT MG  
凡例 
Mc …制御電動車、Tc …制御車、M …中間電動車、T…付随車、CON…制御装置、MG…補助電源装置(電動発電機)、SIV…補助電源装置(静止形インバータ)、CP…電動空気圧縮機、PT…集電装置(京王八王子寄り)以下同じ。

8両編成として製造された車両(コルゲート車体)[編集]

7713編成登場時のスタイル
(1988年 若葉台駅)

1986年10月・11月に8両編成3本が製造された[46]。両先頭車とサハ7550形、デハ7050形(7200番台)が東急製、それ以外が日車製である[46]。新形式サハ7550形がおこされ、7200番台のデハ7050形はパンタグラフ付とされた[49]。デハ7050形は2両とも補助電源装置、電動空気圧縮機搭載、サハ7550形も電動空気圧縮機搭載となったため、両先頭車はこれらの機器が非搭載とされた[49]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期[41][42][44]
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 デハ7000 サハ7550 デハ7100 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 M1 T M1 M2 Tc2
車両番号 7713
7714
7715
7013
7014
7015
7063
7064
7065
7113
7114
7115
7563
7564
7565
7213
7214
7215
7263
7264
7265
7763
7764
7765
1986年10月
1986年11月
1986年11月
搭載機器[16]   CON・PT SIV・CP CON・PT CP CON・PT SIV・CP・PT    

5両編成の6両編成化[編集]

1987年9月から11月にかけてパンタグラフ付のデハ7050形12両が製造され、5両編成に組み込まれた[15]。5両編成は全編成が6両編成となった[15]。7151 -7156が東急製、7157-7162は日車製である[46]。今回の新造車を空気圧縮機付とし、クハ7700形の空気圧縮機は撤去された[19]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期[42]
形式 (クハ7700) (デハ7000) (デハ7050) (デハ7000) デハ7050 (クハ7750)
区分 Tc1 M1 M2 M1 M2 Tc2
車両番号 7701
7702
7703
7704
7705
7706
7707
7708
7709
7710
7711
7712
7001
7002
7003
7004
7005
7006
7007
7008
7009
7010
7011
7012
7051
7052
7053
7054
7055
7056
7057
7058
7059
7060
7061
7062
7101
7102
7103
7104
7105
7106
7107
7108
7109
7110
7111
7112
7151
7152
7153
7154
7155
7156
7157
7158
7159
7160
7161
7162
7751
7752
7753
7754
7755
7756
7757
7758
7759
7760
7761
7762
1987年10月
1987年10月
1987年12月
1987年12月
1987年12月
1987年12月
1987年10月
1987年10月
1987年10月
1987年10月
1987年10月
1987年11月
搭載機器[16]   CON・PT MG・CP CON・PT MG・CP・PT MG  
注記 
形式に括弧がない車両が今回の製造車。以下同じ。

8両編成として製造された車両(ビードプレス車体)[編集]

前面幌枠、桟板が廃止されたクハ7724(10両編成化、帯色変更後)
(2006年3月 平山城址公園駅-南平駅間 )

1987年11月から編成単位で製造された車両はビードプレス車体となり、車両番号下2桁が20番台に区分された[15]。前面幌枠、渡り板廃止、前面角部FRPカバーと前面一部がクリーム塗装とされるなどの変更がある[26] [31]。1987年製造の2編成は登場時正側面窓上にも赤帯があったが[31]、すぐに撤去されている[15]1991年(平成3年)12月までに8両編成5本が製造された[46]。最初の4編成は両先頭車とデハ7050形2両が東急製、それ以外が日車製だが、最後の1編成は編成全車が日車製である[46]。7725編成は同年に新製された6000系5扉車同様、車両番号の書体が京王特有の角ばったものから一般的な欧文書体に変更された[50]。4両編成・2両編成も同様の書体となっており、従来車も順次新書体に交換されている[50]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期[41][42][44]
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 デハ7000 サハ7550 デハ7100 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 M1 T M1 M2 Tc2
車両番号 7721
7722
7723
7724
7725
7021
7022
7023
7024
7025
7071
7072
7073
7074
7075
7121
7122
7123
7124
7125
7571
7572
7573
7574
7575
7221
7222
7223
7224
7225
7271
7272
7273
7274
7275
7771
7772
7773
7774
7775
1987年11月
1987年12月
1988年3月
1990年2月
1991年12月
搭載機器[11]   CON・PT SIV・CP CON・PT CP CON・PT SIV・CP・PT    

6両編成の8両編成化[編集]

8両編成化後の7711編成(帯色変更後)
(2007年2月 平山城址公園駅-南平駅間 )

5両編成で製造された12編成は全編成が6両編成化されていたが、1990年(平成2年)3月に7711編成・7712編成が、1992年(平成4年)1月から2月に7706編成 – 7710編成の5編成がいずれも東急車輛で新製された中間車2両を編成中に組み込んで8両編成となった[15]。新造中間車は新宿寄りから4両目・5両目に組み込まれ、新編成で6両目・7両目となった車両は改番された[15]。機器配置を既存の8両編成と合わせるため、クハ7750形の補助電源装置は撤去され、デハ7050形(7200番台)に移設されている[49]。1987年11月以降編成単位で新造された車両についてはビードプレス車体となったが、6両編成の8両編成化中間車については既存の編成他車に合わせてコルゲート車体となった[34]。客用ドアは窓横にも手掛けがあるタイプとされた[34]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期[42]
形式 (クハ7700) (デハ7000) (デハ7050) デハ7000 サハ7550 (デハ7100) (デハ7050) (クハ7750)
区分 Tc1 M1 M2 M1 T M1 M2 Tc2
車両番号 7706

7707

7708

7709

7710

7711

7712
 
7006

7007

7008

7009

7010

7011

7012
 
7056

7757

7758

7759

7760

7761

7762
 
7106 (II)

7107 (II)

7108 (II)

7109 (II)

7110 (II)

7111 (II)

7112 (II)
 
7556

7557

7558

7559

7560

7561

7562
 
7206
(7106)
7207
(7107)
7208
(7108)
7209
(7109)
7210
(7110)
7211
(7111)
7212
(7112)
7256
(7156)
7257
(7157)
7258
(7158)
7259
(7159)
7260
(7160)
7261
(7161)
7262
(7162)
7756

7757

7758

7759

7760

7761

7762
 
1992年2月

1992年2月

1992年1月

1992年1月

1992年1月

1990年3月

1990年3月

搭載機器[49]   CON・PT SIV・CP CON・PT CP CON・PT SIV・CP・PT    
注記 
7706編成 – 7710編成の補助電源装置はBL-MG[49]。新編成のデハ7106 – 7112は2代目。(II) と付記されている車両は同じ番号を付けた2代目の車両であることを指す。以下同じ。括弧内は旧番号。

4両編成[編集]

6両編成と連結して10両編成で運用するため[15]1993年(平成5年)1月から1994年(平成6年)3月にかけて4両5編成が製造された[1]。全車ビードプレス車体[34]、最初の3編成が東急製、あとの2編成が日車製である[1]。先頭車には7800番台、中間車には7200番台が附番された[40]。1994年製の7805と7855正面にはスカートが設置され、以後在来車を含む全編成に取り付けられた[43]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期[42][44]
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 Tc2
車両番号 7801
7802
7803
7804
7805
7201
7202
7203
7204
7205
7251
7252
7253
7254
7255
7851
7852
7853
7854
7855
1993年1月
1993年1月
1993年2月
1993年2月
1994年3月
搭載機器[19] CP CON・PT SIV・CP・PT    

2両編成[編集]

2両編成(VVVF化、帯色変更後)
(2012年11月 若葉台駅

8両編成と連結して10両編成で運用するため[15]、1994年3月から1994年11月にかけて2両5編成が製造された[1]。全車ビードプレス車体[26]、東急製である[1]。新宿寄りは制御電動車デハ7400形となり、6000系2両編成同様1M方式とされた[34]。クハ7750形にはスカートが設置されなかった[43]

 
新宿
京王八王子
竣工時期[42][44]
形式 デハ7400 クハ7750
区分 Mc Tc
車両番号 7421
7422
7423
7424
7425
7871
7872
7873
7874
7875
1994年3月
1994年3月
1994年11月
1994年11月
1994年11月
搭載機器 CON・PT SIV・CP・PT  

8両編成の10両編成化[編集]

1996年2月から3月にかけて[1]ビードプレス車体の8両編成全編成にデハ7050形・サハ7500形各1両を新製して組み込み、10両編成化された[26]。京王初の10両固定編成であり[26]、これをもって7000系の製造は打ち切られた[2]。新製されたデハ7050形は7100番台に附番され、1Mで使用されていた7100番台のデハ7000形の京王八王子に組み込まれてユニットを組んだ[19]。サハ7500形は電装を考慮しない付随車とされ[51]、パンタグラフ台がなく[52]、新宿寄りから4両目に組み込まれた[2]。番号末尾21 (71)・22 (72) が日車製、それ以外が東急製である[1]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期[41][42][44]
形式 (クハ7700) (デハ7000) (デハ7050) サハ7500 (デハ7000) デハ7050 (サハ7550) (デハ7100) (デハ7050) (クハ7750)
区分 Tc1 M1 M2 T M1 M2 T M1 M2 Tc2
車両番号 7721
7722
7723
7724
7725
7021
7022
7023
7024
7025
7071
7072
7073
7074
7075
7521
7522
7523
7524
7525
7121
7122
7123
7124
7125
7171
7172
7173
7174
7175
7571
7572
7573
7574
7575
7221
7222
7223
7224
7225
7271
7272
7273
7274
7275
7771
7772
7773
7774
7775
1996年2月
1996年2月
1996年2月
1996年3月
1996年3月
搭載機器   CON・PT SIV・CP   CON・PT CP CP CON・PT SIV・CP・PT    

改造工事[編集]

登場後、各種の改造工事が行われている。

塗装変更[編集]

1986年以前製造の先頭車に対して、1987年以降の製造車と同様正面窓下とFRPカバーをクリーム色に塗装する変更が1988年ごろに施工されている[53]

外幌取り付け[編集]

中間連結面間に転落防止の外幌を設ける工事が1997年から2001年にかけて施工されている[54]

ワンマン化改造[編集]

ワンマン運転対応機器が搭載されたクハ7852の運転室

動物園線の予備車として2000年に7801編成に[26]、2008年に7802編成に[55]競馬場線の予備車として2009年に7421編成・7422編成にワンマン化対応改造が行われた[56]。7421編成・7422編成はクハ7871・クハ7872にもスカートが取り付けられた[57]

帯色変更[編集]

2002年10月からの帯色を巻いたスタイル(7712編成)

2002年10月に全編成の帯色が赤から8000系と同じ京王レッドと京王ブルー[27]に変更されている[23]。2001年10月にリニューアル工事を行った7701編成はリニューアル工事出場時から帯色が変更されている[28]

リニューアル工事[編集]

リニューアル後の7722編成。種別・行先表示がフルカラーLED化されている。

2001年から2012年にかけてリニューアル工事が行われた[28][58]。床敷物、化粧板がはりかえられ、床は茶系の濃淡、壁はピンクとパープルの濃淡の模様となった[59]。バリアフリー化のため一部車両に車椅子スペースが設けられるとともに[59]、2002年10月の施工車から客用ドア上にはLED式の案内装置が設置された[23]。座席表地はローズを基調とし、柄で着席区分を示すものに変更された[59]。2003年からはVVVF化改造が併せて行われ[16]、2007年施工車からはバケットシート[60]、袖仕切りの大型化、座席部へのつかみ棒追加[61]UVカットガラスの採用による巻き上げカーテン廃止などの変更が行われている[52]。リニューアル工事施工時10両編成だった編成については正側面行先・種別表示装置のLED化、車内案内装置のLCD化、自動放送装置の取り付けが行われている[62]

2006年度以前リニューアル工事施行車の車内 2007年度以降リニューアル工事施行車の車内
2006年度以前リニューアル工事施行車の車内
2007年度以降リニューアル工事施行車の車内
LED車内案内表示器 LCD車内案内表示器
LED車内案内表示器
LCD車内案内表示器


VVVF化工事[編集]

7204編成の車内情報システム

2003年から2012年にかけて主制御装置をIGBT素子VVVFインバータ制御に更新する工事がリニューアルと同時に行われた[16][58]。リニューアル工事のみ施工した編成についても順次遡ってVVVF化が行われている[56][63]。電動車と付随車の比率を1:1とするため、6・8・10両編成では電動車1両が電装解除されて改番[16][61]、8両編成では電動車の一部、[16]10両編成では付随車2両が改番されている[61]。8・10両編成で電装解除されたデハ7000形のパンタグラフはデハ7050形(7000番台)に移設されている[16][21]。 主制御装置、主電動機は9000系用を基本としたものとされ、2両ユニットを組む電動車はVFI-HR-2815C形主制御装置がデハ7000形に、単独で使用される電動車にはVFI-HR-1415B主制御器が搭載された[59]。主電動機は出力150 kWのかご形三相誘導電動機HS-33535-01RBが採用された[59]。駆動装置は改造前のものが流用され、歯車比も変更されていない[59]。従来の界磁チョッパ車と連結して運用される際は力行特性を界磁チョッパ車に近似したものに切り換えるよう設定された[59]。BL-MGを搭載していた編成は7707編成以外VVVF化改造時に補助電源装置をSIVに変更している[64]。7804編成にはLCDの車内情報システムが他車のLED式と同じ場所、大きさで搭載された[17][65][66]

6両編成
 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 サハ7550 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 T M1 M2 Tc2
車両番号 7701
 
7703
 
7704
 
7705
 
7001
 
7003
 
7004
 
7005
 
7551
(7051)
7553
(7053)
7554
(7054)
7555
(7055)
7101
 
7103
 
7104
 
7105
 
7151
 
7153
 
7154
 
7155
 
7751
 
7753
 
7754
 
7755
 
2009年6月[56]

2012年7月[65]

2004年3月[67]

2004年12月[68]

搭載機器[16]   CON・PT SIV・CP CON・PT CP・PT SIV  
8両編成
 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 サハ7500 サハ7550 デハ7100 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 T T M1 M2 Tc2
車両番号 7706

7707

7708

7709

7710

7711

7712

7713

7714
 
7006

7007

7008

7009

7010

7011

7012

7013

7014
 
7056

7057

7058

7059

7060

7061

7062

7063

7064
 
7506
(7106)
7507
(7107)
7508
(7108)
7509
(7109)
7510
(7110)
7511
(7111)
7512
(7112)
7513
(7113)
7514
(7114)
7556

7557

7558

7559

7560

7561

7562

7563

7564
 
7106 (III)
(7206)
7107 (III)
(7207)
7108 (III)
(7208)
7109 (III)
(7209)
7110 (III)
(7210)
7111 (III)
(7211)
7112 (III)
(7212)
7113 (II)
(7213)
7114 (II)
(7214)
7156 (II)
(7256)
7157 (II)
(7257)
7158 (II)
(7258)
7159 (II)
(7259)
7160 (II)
(7260)
7161 (II)
(7261)
7162 (II)
(7262)
7163 (II)
(7263)
7164 (II)
(7264)
7756

7757

7758

7759

7760

7761

7762

7763

7764
 
2005年7月[69]

2004年6月[68]

2005年7月[69]

2006年10月[70]

2005年7月[69]

2006年2月[69]

2008年1月[71]

2006年7月[70]

2007年2月[70]

搭載機器[16]   CON・PT SIV・CP・PT   CP CON・PT SIV・CP・PT    
注記 
デハ7106 – 7112(3代目)、デハ7156 – 7162(2代目)は製造時の番号に戻った。デハ7113・デハ7114・デハ7163・デハ7164は2代目。(III) と付記されている車両は同じ番号を付けた3代目の車両であることを指す。以下同じ。
10両編成
 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 サハ7500 デハ7000 サハ7550 サハ7550 デハ7100 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 T M T T M1 M2 Tc2
車両番号 7721

7722

7723

7724

7725
 
7021

7022

7023

7024

7025
 
7071

7072

7073

7074

7075
 
7521

7522

7523

7524

7525
 
7121

7122

7123

7124

7125
 
7571 (II)
(7171)
7572 (II)
(7172)
7573 (II)
(7173)
7574 (II)
(7174)
7575 (II)
(7175)
7671
(7571)
7672
(7572)
7673
(7573)
7674
(7574)
7675
(7575)
7221

7222

7223

7224

7225
 
7271

7272

7273

7274

7275
 
7771

7772

7773

7774

7775
 
2007年6月[71]

2008年10月[55]

2007年10月[71]

2009年2月[55]

2010年3月

搭載機器   CON・PT SIV・CP・PT   CON・PT CP CP CON・PT SIV・CP・PT    
注記 
サハ7571 – 7575は2代目。
4両編成
 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 Tc2
車両番号 7801
7802
7803
7804
7805
7201
7202
7203
7204
7205
7251
7252
7253
7254
7255
7851
7852
7853
7854
7855
2008年5月[55]
2008年7月[55]
2012年10月[65]
2012年9月[65]
2009年3月
搭載機器[19] CP CON・PT SIV・CP・PT    
2両編成
 
新宿
京王八王子
竣工時期[56]
形式 デハ7400 クハ7750
区分 Mc Tc
車両番号 7421
7422
7423
7424
7425
7871
7872
7873
7874
7875
2009年11月
2009年12月
2009年7月
2009年9月
2009年10月
搭載機器 CON・PT SIV・CP・PT  

パンタグラフ交換[編集]

PT-7110パンタグラフ

2005年ごろに全車のパンタグラフが東洋製PT-7110シングルアーム形に交換されている[72][73]

ATC設置工事[編集]

ATC車上装置の設置工事がATC運用開始に先立つ2008年度前後に行われている[62]

自動放送装置設置[編集]

一部編成に自動放送装置が設置され、2010年5月1日から使用されている[74]

編成組み替え[編集]

編成組み替えで組成された7811編成
2013年1月 若葉台駅

10両編成での運用増加と共通化のため8両5編成を10両3編成、4両・6両各1編成に組み替える工事が2010年度に[29]、6両・8両各1編成を4両・10両編成に組み替える工事が2011年度に行われている[63]。4両・10両編成は機器配置を既存編成とあわせている[29]が、6両編成は改造範囲を最小限とするため機器配置が既存編成と異なる[29]。10両編成は既存の編成の続き番号とされた[29]。旧7715編成はリニューアル工事、VVVF改造と同時施工[75]、旧7702編成はVVVF改造と同時施工[63]であり、旧7715編成の2両のデハ7050形、旧7702編成のデハ7152は電装解除され、サハ7550形となった[75][60]。旧7711編成のサハ7511はVVVF改造時に電装解除されていたが、今回の工事で再電装されている[60]。2010年度施工車は7726編成以外改造前編成に併せて編成組み替え時にはバケットシート化が行われなかったが、2010年度下期にバケットシート化が行われている[76]。2011年度施工車は組み替え時にバケットシート化と袖仕切りの大型化が行われている[76]

7726編成 - 7728編成は8両編成だった旧7712編成 - 旧7714編成の4両目と5両目に旧7711編成と旧7715編成の中間車を組み込んで[75][60]、7729編成は旧7710編成に旧7702編成の中間車を組み込んで組成されたものである[63]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 サハ7500 デハ7000 サハ7550 サハ7550 デハ7100 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 T M T T M1 M2 Tc2
車両番号[10] 7726
(7712)
7727
(7713)
7728
(7714)
7729
(7710)
7026
(7012)
7027
(7013)
7028
(7014)
7029
(7010)
7076
(7062)
7077
(7063)
7078
(7064)
7079
(7060)
7526
(7512)
7527
(7513)
7528
(7514)
7529
(7510)
7126
(7115)
7127
(7511)
7128
(7215)
7129
(7102)
7576
(7565)
7577
(7561)
7578
(7265)
7579
(7152)
7676
(7562)
7677
(7563)
7678
(7564)
7679
(7560)
7226
(7212)
7227
(7213)
7228
(7214)
7229
(7210)
7276
(7262)
7277
(7263)
7278
(7264)
7279
(7260)
7776
(7762)
7777
(7763)
7778
(7764)
7779
(7760)
2010年10月[77]

2011年1月[77]

2010年11月[77]

2012年3月[78]

搭載機器   CON・PT SIV・CP・PT   CON・PT CP CP CON・PT SIV・CP・PT    

7711編成はそれぞれ8両編成だった旧7715編成の新宿寄り3両と旧7711編成の京王八王子寄り3両を組み合わせて組成したものである[29][75]

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 サハ7550 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 T M1 M2 Tc2
車両番号[10] 7711 (II)
(7715)
7011 (II)
(7015)
7561 (II)
(7065)
7111
 
7161
 
7761
 
2010年8月[77]

搭載機器   CON・PT SIV・CP CON・PT SIV・CP・PT    
注記 
クハ7711・デハ7011・サハ7561は2代目。

7811編成は8両編成だった旧7711編成の新宿寄り3両に旧7765号車を組み合わせて[29][75]、7806編成は旧7702編成の中間車2両を抜いて[63]組成されたものである。

 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 Tc2
車両番号[10] 7806
(7702)
7811
(7711)
7206 (II)
(7002)
7211 (II)
(7011)
7256 (II)
(7052)
7261 (II)
(7061)
7856
(7752)
7861
(7765)
2012年3月[78]

2010年8月[77]

搭載機器 CP CON・PT SIV・CP・PT    
注記 
デハ7206・デハ7211・デハ7256・デハ7261は2代目。

ラッピング[編集]

ラッピングが施工された7801編成(2013年1月12日、高幡不動駅

6000系の全廃により動物園線専用となった7801編成に2011年3月28日より動物のラッピングが施された[79]

補助電源装置移設[編集]

7701編成は2011年12月に、7703編成は2012年11月にクハ7750形からデハ7050形に補助電源装置を移設している[80][17]

戸閉保安装置更新[編集]

7729編成のドア開閉予告表示灯

7729編成は10両編成化時に、7804編成はVVVF化改造時に戸閉保安装置を間接制御方式に更新し、各客用ドアにLED式開閉予告表示灯を取り付けた[81][65]

改番[編集]

2014年3月24日付で7711編成と7811編成がそれぞれ7702編成と7807編成に改番された[82][83]。新デハ7102と新デハ7152は3度目の改番である[84]

 
← 新宿
京王八王子 →
改番時期
形式 クハ7700 デハ7000 サハ7550 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 T M1 M2 Tc2
車両番号[85] 7702 (II)
(7711)
7002 (II)
(7011)
7552
(7561)
7102 (II)
(7111)
7152
(7161)
7752 (II)
(7761)
2014年3月[82][86]

搭載機器[85]   CON・PT SIV・CP CON・PT SIV・CP・PT    
注記 
クハ7702・デハ7002・デハ7102・クハ7752は2代目。
 
← 新宿
京王八王子 →
竣工時期
形式 クハ7700 デハ7000 デハ7050 クハ7750
区分 Tc1 M1 M2 Tc2
車両番号[85] 7807
(7811)
7207 (II)
(7211)
7257 (II)
(7261)
7857
(7861)
2014年3月[82][86]
搭載機器[85] CP CON・PT SIV・CP・PT    

注記 : デハ7207・デハ7257は2代目。

車内ラッピング・補助電源装置更新[編集]

デハ7251の車内

7801編成の車内に動物をデザインした装飾を施すとともに、デハ7251の補助電源装置を出力210 kVAのものに更新し、2015年(平成27年)3月22日から運行を行っている[87][88][89]

改番履歴[編集]

7000系では、80両に対し、のべ116回の改番が行われている[90][91][92][78]

7000系改番履歴
製造年月日 製造者 製造時
形式
製造時
車号
改番年月日 改番後
形式
改番後
番号
内容 改番年月日 改番後
形式
改番後
番号
内容 改番年月日 改番後
形式
改番後
番号
内容
1984年3月12日 東急 クハ7700 7702 2012年3月22日 クハ7700 7806 改番                
1984年11月19日 東急 クハ7700 7710 2012年3月28日 クハ7700 7729 改番                
1986年3月20日 東急 クハ7700 7711 2010年8月25日 クハ7700 7811 改番 2014年3月24日 クハ7700 7807 改番        
1986年3月24日 東急 クハ7700 7712 2010年10月14日 クハ7700 7726 改番                
1986年10月30日 東急 クハ7700 7713 2011年1月20日 クハ7700 7727 改番                
1986年11月12日 東急 クハ7700 7714 2011年11月29日 クハ7700 7728 改番                
1986年11月25日 東急 クハ7700 7715 2010年8月25日 クハ7700 7711(II) 改番 2014年3月24日 クハ7700 7702(II) 改番        
1984年3月12日 東急 クハ7750 7752 2012年3月22日 クハ7750 7856 改番                
1984年11月19日 東急 クハ7750 7760 2012年3月28日 クハ7750 7779 改番                
1986年3月20日 東急 クハ7750 7761 2014年3月24日 クハ7750 7752(II) 改番                
1986年3月24日 東急 クハ7750 7762 2010年10月14日 クハ7750 7776 改番                
1986年10月30日 東急 クハ7750 7763 2011年1月20日 クハ7750 7777 改番                
1986年11月12日 東急 クハ7750 7764 2011年11月29日 クハ7750 7778 改番                
1986年11月25日 東急 クハ7750 7765 2010年8月25日 クハ7750 7861 改番 2014年3月24日 クハ7750 7857 改番        
1992年1月26日 東急 サハ7550 7560 2012年3月28日 サハ7550 7679 改番                
1990年3月5日 東急 サハ7550 7561 2011年1月20日 サハ7550 7577 改番                
1990年3月12日 東急 サハ7550 7562 2010年10月14日 サハ7550 7676 改番                
1986年10月30日 日車 サハ7550 7563 2011年1月20日 サハ7550 7677 改番                
1986年11月12日 日車 サハ7550 7564 2010年11月29日 サハ7550 7678 改番                
1986年11月25日 日車 サハ7550 7565 2010年10月14日 サハ7550 7576 改番                
1996年2月14日 日車 サハ7550 7571 2007年6月26日 サハ7550 7671 改番                
1996年2月21日 日車 サハ7550 7572 2008年10月21日 サハ7550 7672 改番                
1996年2月8日 日車 サハ7550 7573 2007年10月16日 サハ7550 7673 改番                
1996年3月6日 日車 サハ7550 7574 2009年2月12日 サハ7550 7674 改番                
1996年3月13日 日車 サハ7550 7575 2010年4月25日 サハ7550 7675 改番                
1984年3月12日 日車 デハ7000 7002 2013年3月22日 デハ7000 7006(II) 改番                
1984年11月19日 日車 デハ7000 7010 2012年3月28日 デハ7000 7029 改番                
1986年3月20日 日車 デハ7000 7011 2010年8月25日 デハ7000 7211(II) 改番 2014年3月24日 デハ7000 7207(II) 改番        
1986年3月24日 日車 デハ7000 7012 2010年10月24日 デハ7000 7026 改番                
1986年10月30日 日車 デハ7000 7013 2011年1月20日 デハ7000 7027 改番                
1986年11月22日 日車 デハ7000 7014 2010年11月29日 デハ7000 7028 改番                
1986年11月25日 日車 デハ7000 7015 2010年8月25日 デハ7000 7011(II) 改番 2014年3月24日 デハ7000 7002(II) 改番        
1984年3月12日 日車 デハ7000 7102 2012年3月28日 デハ7000 7129 改番                
1984年8月20日 日車 デハ7000 7106 1992年2月20日 デハ7000 7206 改番 2005年7月6日 デハ7000 7106(III) 改番        
1984年10月24日 日車 デハ7000 7107 1992年2月8日 デハ7000 7207 改番 2004年6月25日 デハ7000 7107(III) 改番        
1984年10月31日 日車 デハ7000 7108 1992年1月31日 デハ7000 7208 改番 2005年10月11日 デハ7000 7108(III) 改番        
1984年11月9日 日車 デハ7000 7109 1992年1月25日 デハ7000 7209 改番 2006年10月25日 デハ7000 7109(III) 改番        
1984年11月19日 日車 デハ7000 7110 1992年1月16日 デハ7000 7210 改番 2005年3月15日 デハ7000 7110(III) 改番 2012年3月28日 デハ7000 7229 改番
1986年3月20日 日車 デハ7000 7111 1990年3月5日 デハ7000 7211 改番 2006年2月13日 デハ7000 7111(III) 改番 2014年3月24日 デハ7000 7102(II) 改番
1986年3月24日 日車 デハ7000 7112 1990年3月15日 デハ7000 7212 改番 2008年1月30日 デハ7000 7112(III) 改番 2010年10月14日 デハ7000 7226 改番
1986年10月30日 日車 デハ7000 7113 2006年7月10日 サハ7500 7513 電装解除 2011年1月20日 サハ7500 7527 改番        
1986年11月12日 日車 デハ7000 7114 2007年2月2日 サハ7500 7514 電装解除 2010年11月29日 サハ7500 7528 改番        
1986年11月25日 日車 デハ7000 7115 2010年10月14日 デハ7000 7126 改番                
1986年10月30日 日車 デハ7000 7213 2006年7月10日 デハ7000 7113(II) 改番 2011年1月20日 デハ7000 7227 改番        
1986年11月12日 日車 デハ7000 7214 2007年2月2日 デハ7000 7114(II) 改番 2010年11月29日 デハ7000 7228 改番        
1986年11月25日 日車 デハ7000 7215 2010年11月29日 デハ7000 7128 改番                
1992年2月20日 東急 デハ7000 7106(II) 2005年7月6日 サハ7500 7506 電装解除                
1992年2月8日 東急 デハ7000 7107(II) 2004年6月25日 サハ7500 7507 電装解除                
1992年1月31日 東急 デハ7000 7108(II) 2005年10月11日 サハ7500 7508 電装解除                
1992年1月25日 東急 デハ7000 7109(II) 2006年10月25日 サハ7500 7509 電装解除                
1992年1月16日 東急 デハ7000 7110(II) 2005年3月15日 サハ7500 7510 電装解除 2012年3月28日 サハ7500 7529 改番        
1990年3月5日 東急 デハ7000 7111(II) 2006年2月13日 サハ7500 7511 電装解除 2011年1月20日 デハ7000 7127 電装        
1990年3月12日 東急 デハ7000 7112(II) 2008年1月30日 サハ7500 7512 電装解除 2010年10月14日 サハ7500 7526 改番        
1984年3月5日 日車 デハ7050 7051 2009年6月19日 サハ7550 7551 電装解除                
1984年3月12日 日車 デハ7050 7052 2012年3月22日 デハ7050 7256(II) 改番                
1984年3月21日 日車 デハ7050 7053 2012年11月25日 サハ7550 7553 電装解除                
1984年3月27日 日車 デハ7050 7054 2004年3月31日 サハ7550 7554 電装解除                
1984年8月10日 日車 デハ7050 7055 2004年12月27日 サハ7550 7555 電装解除                
1984年11月19日 日車 デハ7050 7060 2012年3月28日 デハ7050 7079 改番                
1986年3月20日 日車 デハ7050 7061 2010年8月25日 デハ7050 7261(II) 改番 2014年3月24日 デハ7050 7257(II) 改番        
1986年3月24日 日車 デハ7050 7062 2010年10月14日 デハ7050 7076 改番                
1986年10月30日 日車 デハ7050 7063 2011年1月20日 デハ7050 7077 改番                
1986年11月12日 日車 デハ7050 7064 2010年11月29日 デハ7050 7078 改番                
1986年11月25日 日車 デハ7050 7065 2010年8月25日 サハ7550 7561(II) 電装解除 2014年3月24日 サハ7550 7552 改番        
1987年10月5日 東急 デハ7050 7152 2012年3月28日 デハ7050 7179 改番                
1987年12月24日 東急 デハ7050 7156 1992年2月20日 デハ7050 7256 改番 2005年7月6日 デハ7050 7156(II) 改番        
1987年10月9日 日車 デハ7050 7157 1992年2月8日 デハ7050 7257 改番 2004年6月25日 デハ7050 7157(II) 改番        
1987年10月15日 日車 デハ7050 7158 1992年1月31日 デハ7050 7258 改番 2005年10月11日 デハ7050 7158(II) 改番        
1987年10月21日 日車 デハ7050 7159 1992年1月25日 デハ7050 7259 改番 2006年10月25日 デハ7050 7159(II) 改番        
1987年10月26日 日車 デハ7050 7160 1992年1月16日 デハ7050 7260 改番 2005年3月15日 デハ7050 7160(II) 改番 2012年3月28日 デハ7050 7279 改番
1987年10月30日 日車 デハ7050 7161 1990年3月5日 デハ7050 7261 改番 2006年2月13日 デハ7050 7161(II) 改番 2014年3月24日 デハ7050 7152(II) 改番
1987年11月6日 日車 デハ7050 7162 1990年3月15日 デハ7050 7262 改番 2008年1月31日 デハ7050 7162(II) 改番 2010年10月14日 デハ7050 7276 改番
1996年2月14日 東急 デハ7050 7171 2007年6月26日 サハ7550 7571(II) 電装解除                
1996年2月21日 東急 デハ7050 7172 2008年10月21日 サハ7550 7572(II) 電装解除                
1996年2月8日 日車 デハ7050 7173 2007年10月16日 サハ7550 7573(II) 電装解除                
1996年3月6日 日車 デハ7050 7174 2009年2月12日 サハ7550 7574(II) 電装解除                
1996年3月13日 日車 デハ7050 7175 2010年4月25日 サハ7550 7575(II) 電装解除                
1986年10月30日 東急 デハ7050 7263 2006年7月10日 デハ7050 7163 改番 2011年1月20日 デハ7050 7277 改番        
1986年11月12日 東急 デハ7050 7264 2007年2月2日 デハ7050 7164 改番 2010年11月29日 デハ7050 7278 改番        
1986年11月25日 東急 デハ7050 7265 2010年11月29日 デハ7050 7178 改番                
凡例 
下線付は製造時の番号に復帰したもの、灰色地は6両編成の8両編成化によるもの、赤地はVVVF改造に関連するもの、青地は10両編成化組み替えによるもの、緑地はその後の改番を指す。


運用[編集]

7000系と9000系の併結運転
(2017年6月5日 / 稲城 - 京王よみうりランド)

7000系は各駅停車用として製造されたが[11]、2001年のダイヤ改定で列車種別を限定しない運用となった[93]こともあり、京王線の各駅停車から特急まで全線で幅広く運用されている[94][8][59]。6000系全廃以降、競馬場線と動物園線のワンマン運行は7000系のワンマン対応車で運転されている[95][79]。 7000系は6000系と併結運転が可能である[2]。9000系は6000系・7000系と連結して運用できるよう読替装置を備えているため、9000系8両編成と7000系2両編成が併結して運転されることがある[96]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新宿 - 京王八王子間の路線を指す場合もあるが、ここでは京王電鉄の1,372 mm軌間の路線の総称として用いる。
  2. ^ 鉄道ファン向けの雑誌記事などでは「編成」をFと略して7701Fなどと表現されることや、編成中一番番号が小さい車両で代表して7001Fなどと表記されることがあるが、京王電鉄が寄稿した記事(「京王7000系 VVVF化工事10両編成化工事について」「京王電鉄7000系 VVVFインバータ化改造」など)では新宿寄り先頭車で代表し、7726編成などと書かれているためこちらに併せた。
  3. ^ 本稿の参考文献に挙げた書籍・記事でデハ7000形が単独で使用されるときの制御段数を記載したものはない。6000系と同じ主制御装置を使用していることから、単独で使用された場合の条件も『鉄道ピクトリアル』通巻578号p214記載の6000系の条件と同一であるとここでは推定している。
  4. ^ 本稿の参考文献に挙げた書籍・記事でデハ7400形のVVVF化前の主制御装置形式を記載したものはない。2M車が6000系と同じ主制御装置を使用していることから、1M車も同一であるとここでは推定している。『鉄道ピクトリアル』通巻578号p214参照。
  5. ^ 本稿の参考文献に列挙した各記事では7000系用ブレーキ指令装置の製造者名が確認できないが、HRDはナブコ技報から日本エヤーブレーキ(ナブコを経て2003年からナブテスコ)製であることが分かる。
  6. ^ 本稿の参考文献に列挙した各記事ではパンタグラフの製造者名が確認できないが、東洋電機技報には京王にパンタグラフを納入したとの記載がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『鉄道ピクトリアル』通巻734号pp249-251
  2. ^ a b c d e f 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p46
  3. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p82
  4. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p259
  5. ^ a b c d 『鉄道ファン』通巻277号付図
  6. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p26
  7. ^ 『鉄道車両年鑑2004年版』p187
  8. ^ a b c d 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p260
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『鉄道ファン』通巻277号p56
  10. ^ a b c d 『鉄道ファン』通巻617号付録
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 『鉄道ファン』通巻277号p52
  12. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p14
  13. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p40
  14. ^ a b 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号p21
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p236
  16. ^ a b c d e f g h i j k 『鉄道車両年鑑2004年版』p155
  17. ^ a b c 『鉄道車両年鑑2013年版』p110
  18. ^ a b c 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号p14
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p44
  20. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号p90
  21. ^ a b 『鉄道ファン』通巻605号付録
  22. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p43
  23. ^ a b c d 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p42
  24. ^ a b c d e f g h i j 『鉄道ファン』通巻277号p54
  25. ^ a b c d e f g 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p218
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p220
  27. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p46
  28. ^ a b c 『鉄道車両年鑑2002年版』p108
  29. ^ a b c d e f g 『鉄道ファン』通巻604号p92
  30. ^ a b c d e f g h i j 『鉄道ファン』通巻277号p53
  31. ^ a b c d 『新車年鑑1988年版』p121
  32. ^ a b 飯島1986 p13
  33. ^ a b 『鉄道ファン』通巻277号p55
  34. ^ a b c d e 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p219
  35. ^ a b 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p37
  36. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p37
  37. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p237
  38. ^ a b c 『鉄道ダイヤ情報』通巻154号p23
  39. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p215
  40. ^ a b c d e 『鉄道車両年鑑1993年版』p99
  41. ^ a b c d e f 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p249
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p250
  43. ^ a b c d 『鉄道車両年鑑1994年版』p84
  44. ^ a b c d e f g h 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p251
  45. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p189
  46. ^ a b c d e f g 『鉄道ピクトリアル』通巻578号pp251-252
  47. ^ 『京王だいすき』p49
  48. ^ 飯島1986 p17
  49. ^ a b c d e 『鉄道ピクトリアル』通巻578号p39
  50. ^ a b 『京王電鉄の世界』 p74
  51. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号p23
  52. ^ a b 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号p24
  53. ^ 『新車年鑑1989年版』p135
  54. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p49
  55. ^ a b c d e 『鉄道車両年鑑2009年版』p219
  56. ^ a b c d 『鉄道車両年鑑2010年版』p215
  57. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻893号p232
  58. ^ a b 『鉄道ファン』通巻628号付録 車両配置表
  59. ^ a b c d e f g h 『鉄道車両年鑑2004年版』p156
  60. ^ a b c d 『鉄道ファン』通巻604号p94
  61. ^ a b c 『鉄道車両年鑑2008年版』p130
  62. ^ a b 『鉄道車両年鑑2009年版』p115
  63. ^ a b c d e 『鉄道ピクトリアル』通巻864号p105
  64. ^ 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号p22
  65. ^ a b c d e 『鉄道車両年鑑2013年版』p219
  66. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻893号p239
  67. ^ 『鉄道車両年鑑2004年版』p218
  68. ^ a b 『鉄道車両年鑑2005年版』p216
  69. ^ a b c d 『鉄道車両年鑑2006年版』p209
  70. ^ a b c 『鉄道車両年鑑2007年版』p225
  71. ^ a b c 『鉄道車両年鑑2008年版』p245
  72. ^ 『鉄道車両年鑑2006年版』p124
  73. ^ 『鉄道車両年鑑2012年版』p195
  74. ^ 京王線で車内自動放送(日本語・英語)を導入します”. 京王電鉄. 2012年8月20日閲覧。
  75. ^ a b c d e 『鉄道ファン』通巻604号p93
  76. ^ a b 『鉄道車両年鑑2012年版』p140
  77. ^ a b c d e 『鉄道車両年鑑2011年版』p212-213
  78. ^ a b c 『鉄道車両年鑑2012年版』p222
  79. ^ a b 京王7000系7801編成が「TAMA ZOO TRAIN」に”. railf.jp. 2011年4月1日閲覧。
  80. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2012年7月号p125
  81. ^ 『鉄道車両年鑑2012年版』p141
  82. ^ a b c 『鉄道ファン』通巻640号付録
  83. ^ 『鉄道車両年鑑2014年版』p127
  84. ^ 『鉄道車両年鑑2014年版』p128
  85. ^ a b c d 『鉄道ピクトリアル』通巻893号p260
  86. ^ a b 『鉄道車両年鑑2014年版』p226
  87. ^ リニューアルした『新Tamazoo Train』が運行を開始(3/22~)”. 京王電鉄 (2015年3月1日). 2015年11月29日閲覧。
  88. ^ 『鉄道車両年鑑2015年版』p127
  89. ^ 『鉄道車両年鑑2015年版』p240
  90. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻893号p272
  91. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻893号p273
  92. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻893号p274
  93. ^ 『とれいん』通巻397号p34
  94. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p8
  95. ^ 京王7000系,競馬場線で運用開始”. railf.jp. 2012年8月12日閲覧。
  96. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻734号p47

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌記事[編集]

  • 鉄道ファン』通巻277号(1984年5月・交友社)
    • 京王帝都電鉄車両部車両課「京王初のステンレスカー 7000系誕生」 pp. 52-56
    • 「付図 RF22217 京王帝都電鉄 制御客車 形式 クハ7700(Tc1)」
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻496号「新車年鑑1988年版」(1988年5月・電気車研究会)
    • 藤井 信夫「各社別車両情勢」 pp. 121
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻512号「新車年鑑1989年版」(1989年5月・電気車研究会)
    • 藤井 信夫「各社別車両情勢」 pp. 135
  • 『ナブコ技報』通巻72号(1991年7月)(1991年7月・株式会社ナブコ)
    • 森田 光正 (日本エヤーブレーキ)「叡山電鉄800系車両用HRDブレーキ装置」 pp. 44-46
  • 鉄道ピクトリアル』通巻578号「特集 京王帝都電鉄」(1993年7月・電気車研究会
    • 京王帝都電鉄車両部車両課「車両総説」 pp. 34-42
    • 京王帝都電鉄車両部車両課「8000系の構想から誕生まで」 pp. 43-50
    • 「現有車両全形式」 pp. 186-192
    • 出﨑 宏「私鉄車両めぐり 149 京王帝都電鉄」 pp. 223-242
    • 石井 秀典「6000系 形態のバラエティー」 pp. 212-218
    • 「京王帝都電鉄 主要車歴表」 pp. 243-257
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻582号「新車年鑑1993年版」(1993年10月・電気車研究会)
    • 藤井 信夫「各社別車両情勢」 pp. 99
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻597号「新車年鑑1994年版」(1994年10月・電気車研究会)
    • 藤井 信夫「各社別車両情勢」 pp. 84
  • 鉄道ダイヤ情報』通巻154号「総力特集 京王帝都 1997」(1997年2月・弘済出版社
    • 楠居 利彦「京王帝都電鉄 現有車両カタログ」 pp. 18-33
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻723号「鉄道車両年鑑2002年版」(2002年10月・電気車研究会)
    • 「2001年度 民鉄車両動向」 pp. 210-211
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 192
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻734号「特集 京王電鉄」(2003年7月・電気車研究会)
    • 「7000系」 pp. 8
    • 京王電鉄広報部「総説:京王電鉄」 pp. 10-16
    • 田中 健輔「輸送と運転 近年の動向」 pp. 23-32
    • 京王電鉄車両電気部車両課「車両総説」 pp. 42-49
    • 高嶋 修一「京王電鉄の歴史的視点」 pp. 81-95
    • 「京王電鉄 現有車両プロフィール」 pp. 212-239
    • 「京王電鉄 主要車歴表」 pp. 240-259
    • 「京王電鉄 主要車両諸元表」 pp. 259-260
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻738号「鉄道車両年鑑2003年版」(2003年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 210-211
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻753号「鉄道車両年鑑2004年版」(2004年10月・電気車研究会)
    • 加藤 貴之「京王電鉄7000系 VVVFインバータ化改造」 pp. 155-156
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 187
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 216-227
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻767号「鉄道車両年鑑2005年版」(2005年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 214-229
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻781号「鉄道車両年鑑2006年版」(2006年10月・電気車研究会)
    • 「2005年度民鉄車両動向」 pp. 118-140
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 205-220
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻795号「鉄道車両年鑑2007年版」(2007年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 222-235
  • とれいん』通巻397号「アイボリーの駿馬 京王線特集」(2008年1月・エリエイ プレス・アイゼンバーン)
    • 「Modelers File 京王電鉄 8000系」 pp. 32-43
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻810号「鉄道車両年鑑2008年版」(2008年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2007年度民鉄車両動向」 pp. 122-151
    • 「2007年度民鉄車両動向」 pp. 242-255
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻825号「鉄道車両年鑑2009年版」(2009年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2008年度民鉄車両動向」 pp. 108-134
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 216-229
  • 鉄道おもちゃ』2009年12月増刊号「京王だいすき」(2009年12月・ネコ・パブリッシング
    • 「京王電鉄の歴史」 pp. 46-49
  • 『鉄道ダイヤ情報』通巻310号「特集 京王電鉄車両カタログ 2010」(2010年2月・交通新聞社
    • 楠居 利彦「京王電鉄 近年の車両概況」 pp. 12-14
    • 楠居 利彦「2010京王電鉄車両カタログ」 pp. 15-37
    • 「京王電鉄 車両編成表」 pp. 89-91
  • 『東洋電機技報』通巻121号(2010年3月・東洋電機製造)
    • 「総集編 交通事業部編」 pp. 1-4
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻840号「鉄道車両年鑑2010年版」(2010年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 212-225
  • 『鉄道ファン』通巻604号(2011年8月・交友社)
    • 京王電鉄株式会社鉄道事業本部車両電気部車両課「京王7000系 VVVF化工事10両編成化工事について」 pp. 92-94
  • 『鉄道ファン』通巻605号付録「大手私鉄車両ファイル 2011」(2011年9月・交友社)
    • 「編成表」
    • 「車両データバンク」
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻855号「鉄道車両年鑑2011年版」(2011年10月・電気車研究会)
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 210-222
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻864号(2012年7月・電気車研究会)
    • 「京王電鉄7000系 編成組替を実施」 pp. 105
  • 鉄道ダイヤ情報』通巻339号(2012年7月・交通新聞社
    • 「私鉄DATA FILE 私鉄車両のうごき(2012年1月1日-3月31日)」 pp. 124-127
  • 『鉄道ファン』通巻617号付録「大手私鉄車両ファイル 2012」(2012年8月・交友社)
    • 「編成表」
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻868号「鉄道車両年鑑2012年版」(2012年10月・電気車研究会)
    • 京王電鉄(株)鉄道事業本部車両電気部「7000系・VVVF化・10両編成化・戸閉回路更新工事」 pp. 139-141
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 194-198
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 220-231
  • 『鉄道ファン』通巻628号付録「大手私鉄車両ファイル 2013」(2013年8月・交友社)
    • 「車両配置表」
    • 「データバンク」
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻881号「鉄道車両年鑑2013年版」(2013年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2012年度民鉄車両動向」 pp. 100-133
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 217-228
  • 『鉄道ファン』通巻640号付録「大手私鉄車両ファイル 2014」(2014年8月・交友社)
    • 「車両データバンク」
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻893号「特集 京王電鉄」(2014年8月・電気車研究会)
    • 「車両総説」 pp. 48-54
    • 藤田 吾朗「京王電鉄 現有車両プロフィール 2014」 pp. 225-259
    • 「京王電鉄 列車編成図」 pp. 260-261
    • 「京王電鉄 主要車歴表」 pp. 262-284
    • 「京王電鉄 現有車両諸元表」 pp. 285-289
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻896号「鉄道車両年鑑2014年版」(2014年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2013年度民鉄車両動向」 pp. 114-145
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 224-235
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻909号「鉄道車両年鑑2015年版」(2015年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2014年度民鉄車両動向」 pp. 119-151
    • 「車両データ 2014年度民鉄車両」 pp. 237-248