京王チキ2970形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京王チキ2970形貨車1956年昭和31年)10月に2両が製造され、1986年(昭和61年)3月まで使用された京王帝都電鉄京王線[注釈 1]のレール輸送用長物車である[1]

概要[編集]

若葉台に保存されている雨宮H-1台車

デハ2000形2001・2004の台枠、台車を利用して1956年に東横車輛工業で製造された[1]。全長13,910mm、荷重12.5tで、車体中央に着脱式のクレーンがあった[1]1957年(昭和32年)4月にチキ2970形2971・2972からチキ270形271・272に改番された[2]1982年(昭和57年)1月にブレーキ方式が自動ブレーキから電磁直通ブレーキ(HSC)に改造された[3][4]。荷役の効率が悪いことと、老朽化も進んだことにより、チキ290形に置き換えられて1986年に廃車された[1]。装備していた雨宮製H-1台車は若葉台工場に保存された[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新宿 - 京王八王子間の路線を指す場合もあるが、ここでは京王電鉄の1,372mm軌間の路線の総称として用いる。

出典[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌記事[編集]

  • 鉄道ピクトリアル』通巻578号「特集 京王帝都電鉄」(1993年7月・電気車研究会
    • 出﨑 宏「私鉄車両めぐり 149 京王帝都電鉄」 pp. 223-242
    • 「京王帝都電鉄 主要車歴表」 pp. 243-257
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻734号「特集 京王電鉄」(2003年7月・電気車研究会)
    • 藤田 吾朗「京王の貨車のあゆみ」 pp. 187-194