京王電気軌道501形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2502(→502。桜上水駅、1954年撮影)

京王電気軌道501形電車(けいおうでんききどう501がたでんしゃ)は現在の京王電鉄京王線に相当する路線を運営していた京王電気軌道(京王電軌)が1939年(昭和4年)に改造投入した電車である。

概要[編集]

京王電軌及びその子会社玉南電気鉄道から継承した無蓋電動貨車を旅客用に転用したもの。1939年に玉南から継承した101(1926年雨宮製作所製)を木南車輌製造で改造して501が、翌1940年に京王電軌生え抜きの102 - 104(1929年新潟鐵工所製)を梅鉢鉄工所で改造して502 - 504が登場した。番号が貴賓車500号の続番となっているが、同車と同じ改造車・2個モーター車であることから続番にした、との見方がある[1]

車体は1形 - 300形・500号同様の14m級で、側扉は当初から片開き3扉となっている。なお、1943年に片運転台化され、501は新宿向き、502 - 504は八王子向きとなった。

1944年の京王電軌の東京急行電鉄大東急)への併合により、500号とともにデハ2500形に編入され、デハ2501 - 2504となる。1945年5月25日に2501が空襲[2]1946年1月16日に2502が火災で焼失しており、両車とも京王分離(1948年6月1日)後の1949年日本車輌製造で車体を新製して復旧している[3]

1960年に2501 - 2503が電装解除・運転台撤去のうえ2010系の付随車「スモールマルティー」(t) に改造され、それぞれサハ2501・2551・2502改番されたが、1968年2700系改造の「ラージマルティー」(T) に代替され、廃車となった。この時2504はデハ2300形に編入され、同形の続番のデハ2307に改番されたが、1962年に車体更新名義で(T) のサハ2573が代替新製され、廃車となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 飯島正資「私鉄車両めぐり 京王帝都電鉄」・『鉄道ピクトリアル』通巻45・46号(1955年4月号・5月号)・電気車研究会
  2. ^ 同日の空襲では2500も焼失している。
  3. ^ 2500も同措置で復旧している。

外部リンク[編集]