京王ホキ280形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京王ホキ280形貨車1977年昭和52年)4月[1]から1995年平成7年)3月までに2両が在籍した[2]京王帝都電鉄京王線[注釈 1]の砕石(バラスト)用ホッパ車である[3]

概要[編集]

国鉄ホキ800形貨車とほぼ同型である[4]1974年(昭和49年)に東急車輛製造京王相模原線建設工事用として製造され、日本鉄道建設公団が所有・使用した後、1977年に京王が購入したものである[4]。自重18t、荷重30t、全長12,800mm、TS-410台車装備[3][4]1982年(昭和57年)1月にブレーキ方式が自動ブレーキから電磁直通ブレーキ(HSC)に改造された[5][3]。1995年にけん引車であるデト210形とともに廃車された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新宿 - 京王八王子間の路線を指す場合もあるが、ここでは京王電鉄の1,372mm軌間の路線の総称として用いる。

出典[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌記事[編集]

  • 鉄道ピクトリアル』通巻578号「特集 京王帝都電鉄」(1993年7月・電気車研究会
    • 出﨑 宏「私鉄車両めぐり 149 京王帝都電鉄」 pp. 223-242
    • 「京王帝都電鉄 主要車歴表」 pp. 243-257
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻734号「特集 京王電鉄」(2003年7月・電気車研究会)
    • 藤田 吾朗「京王の貨車のあゆみ」 pp. 187-194
    • 「京王電鉄 主要車歴表」 pp. 240-259