若葉台検車区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永山側から見た若葉台検車区。この写真が撮られた当時は新宿線直通列車は8連が主体だったため、このように6000系30番台増結車が多く留置されていた。一番左の車両は整備途中の9731Fである。なお、工場は画面左側にある(撮影2006年1月21日)。
若葉台駅ホームから見た若葉台検車区(撮影2008年10月30日)
桜上水派出所

若葉台検車区(わかばだいけんしゃく)は、東京都稲城市(一部は神奈川県川崎市麻生区)に所在する、京王電鉄車両基地。なお、本稿では派出所である桜上水派出所東京都世田谷区)および併設されている若葉台工場についても記述する。

概要[編集]

京王電鉄最大の車両基地である。京王相模原線若葉台駅北西部に1983年昭和58年)に開設された。 ここで車両の更新(内装を更新)や検査や車両の修理など行っている。

開設の経緯[編集]

1926年大正15年)に北沢車庫前駅(のちの京王車庫前駅、現・桜上水駅)が開業し、駅北側に北沢車庫(後の桜上水検車区(さくらじょうすいけんしゃく)・桜上水工場(さくらじょうすいこうじょう))が開設された。それ以来、京王線系統(京王線京王新線相模原線高尾線動物園線競馬場線)の車両の整備などは桜上水検車区・桜上水工場および高幡不動駅北側に所在する高幡不動検車区で行われていた。ところが、相模原線開業や乗客増による長編成化により車両数が増加し、車両も大型化したため、桜上水検車区・桜上水工場は手狭になっていた。このため、当時開発がそれほど進んでいなかった若葉台駅北西部に検車区・工場を新設し検車区・工場機能を移転、桜上水検車区を若葉台検車区の派出所とすることになった。

設備[編集]

若葉台検車区・若葉台工場[編集]

若葉台駅西側から検車区・工場全施設への引込み線があり、構内入換えで、若葉台駅4番線の横にある線まで車両が出てくることもある。なお、入出庫も含め、構内は全て平面交差である。

まず、西側に留置線が6線設置されている。新車撮影の際はこの留置線が使用されることが多い。

そしてその東側に検車庫(2線)・洗車線(4線)が設置され、さらにその北側に工場が設置されている。その他に管理棟、主要部品の倉庫、修理場などが設置されている。

車両のリニューアルやVVVFインバーター化や定期検査や重要部検査、全般検査などの業務は一部、京王重機が行っている。 また井の頭線の車両の検査業務のうち、車体等以外の部品の検査・整備は富士見ヶ丘検車区にて車体から取り外して若葉台工場へトラックで移送して行われる。

桜上水派出所[編集]

桜上水駅北側及び東側に多くの留置線が設置されている。若葉台への工場移転後、工場跡地は住宅展示場となった上、橋上駅舎化に伴い、留置線の一部が撤去されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • あいぼりー特別号 「京王線・井の頭線 むかし物語」総集編 京王電鉄広報部刊 2009年12月9日発行