京急2100形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京急2100形電車
2100形(更新後)(2016年6月18日)
2100形(更新後)
(2016年6月18日)
基本情報
運用者 京浜急行電鉄
製造所 東急車輛製造
川崎重工業兵庫工場
製造年 1998年 - 2000年
製造数 10編成80両
運用開始 1998年3月28日
主要諸元
編成 8両編成[1]
軌間 1,435 mm (標準軌
電気方式 直流1,500 V
架空電車線方式
最高運転速度 120 km/h
設計最高速度 130 km/h[2]
起動加速度 3.5 km/h/s[1]
減速度(常用) 4.0 km/h/s[1]
減速度(非常) 4.5 km/h/s[1]
編成定員 942人
座席定員 556人
車両定員 先頭車 111人[1]
(着席定員 50席、補助椅子 12席)[1]
中間車 120人[1]
(着席定員 54席、補助椅子 16席)[1]
自重 本文参照
編成重量 229 t
全長 18,000 mm
先頭車 18,170 mm[1]
全幅 2,830 mm[1]
全高 4,026.5 mm[1]
パンタグラフ搭載車 4,050 mm[1]
主電動機 1TB2010-0GC02形かご形三相誘導電動機
機器更新後はTDK6163-A形かご形三相誘導電動機
主電動機出力 更新前 190 kW(連続定格値、機器更新後は1時間定格)[1]
駆動方式 たわみ板式継手[1]
歯車比 83:14 (5.93)[1]
編成出力 190 kW×16 = 3,040 kW(連続定格値、機器更新後は1時間定格)
制御方式 GTOサイリスタ素子VVVFインバータ制御[1]
IGBT素子VVVFインバータ制御(更新後)
制動装置 回生制動併用電気指令式電磁直通空気制動応荷重装置、増圧ブレーキ付)[1]
保安装置 1号型ATSC-ATS
テンプレートを表示
2100形(更新前)
(2014年7月12日)

京急2100形電車(けいきゅう2100がたでんしゃ)は、1998年平成10年)3月28日に営業運転を開始した京浜急行電鉄電車2000形の後継車として、2000年(平成12年)にかけて8両編成10本、80両が製造された。主に京急線内の快特京急ウィング号に使用される。

本項では、特記のない限り各種文献に倣い、京急本線上で南側を「浦賀寄り」または「浦賀方」、北側を「品川寄り」または「品川方」、東側を「海側」、西側を「山側」と呼ぶ。編成番号は浦賀方先頭車の車両番号で代表する。また、「新1000形」は2002年(平成14年)登場の1000形(2代)、「1000形」は1959年(昭和34年)登場の1000形(初代)、「700形」は1967年(昭和42年)登場の700形(2代)、「600形」は1994年(平成6年)登場の600形(3代)を指すものとする。

概要[編集]

主に京急本線・久里浜線を運行する快特で使用されていた2000形の後継車として製造され、8両編成10本(80両)が在籍する[3]。京浜急行電鉄の創立100周年を記念し、21世紀をかけて「2100」の形式称号が与えられた[4]。本形式の導入により2000形は3ドア化への格下げ改造を受けて1000形700形を置き換えたので、事実上これらの車両の置き換え用として製造されたとも言える。

本形式では車内居住性の向上を重視し、コストダウンとメンテナンス低減・車両性能の向上のため、主制御器・主電動機、座席や座席表地に日本国外製品を数多く導入した車両である[4]。車体はアルミニウム合金製で中間車は基本の連結面間距離18,000 mmだが、先頭車はこれより170 mm長い18,170 mmとした[2]。側面の出入口は片側2扉構造で、両開き1,200 mmドア幅である[2]

主として京急線内の快特に使用され、有料の「京急ウィング号」や「モーニング・ウィング号」にも使用されることから、特急形車両に分類される場合もある。しかし、トイレは設置されていない。

外観[編集]

車体外板は、窓回りをアイボリー塗装している[2]。前面デザイン600形をベースとし[2]、「都会」・「洗練」・「知的」と「スピード感」をイメージした流線型形状とし[2]21世紀に向かう京急のイメージリーダーにふさわしい車両を目指した。先頭車正面窓下アイボリー塗装のワイパーカバーには、形式名(2100)がスリット状の打ち抜き文字で表現されている[2]。これは分割併合時にスリットを通して連結器を見通せるようにしたためである。詳細については後述のバリエーションの節を参照のこと。

2005年6月11日、2157編成は600形606編成と同様に車体の塗装を青色に変更し、「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」(京急ブルースカイトレイン)の第2編成として営業運転を開始した。2015年3月、2157編成は更新工事に伴い「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」を退役し、標準塗装に戻された。代わりに同年3月10日に更新工事から出場した2133編成が青色に変更され、2代目「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」として就役した[5]

1500形アルミ車と600形で採用したLED表示灯は経年変化による照度低下が著しく、また電球の寿命も延びたことから尾灯急行灯および戸閉灯が2灯の電球となった[6]。尾灯と急行灯の位置は4次車で逆転し、それ以前の編成も変更した。行先表示器は字幕式で、当初は黒地に白文字表記であったが、その後全車両がローマ字併記の白地に黒文字表記式に変更し、さらに2015年1月 - 3月にかけて全先頭車の前面のみがLED式に変更された。車両間には新たに転落防止幌が設置された[1]。正面のスカートは600形のものと類似した形状であるが、600形のものと比較して横幅が狭くなっている[2]

内装[編集]

内装のコンセプトCasual&Free/「若者と自然のエリア」とし、メルティな乗り心地、ソフトでやさしい、深く透き通るような客室空間を演出した[7]

車内は淡い琥珀色の大理石模様化粧板張りとし、連結面の妻壁は淡いパープル系の化粧シート仕上げとした[6]車椅子スペースは先頭車の乗務員室次位の扉直後に設置をしている[2]

天井部はFRP製の曲面天井構成で、補助送風機はなく、空調吹き出し口を設置するのみである[6]。車内蛍光灯にはアクリル製のカバー付蛍光灯を使用している[6]

床材は新造車としては初めての塗り床構造とし、ベージュとレッド系のモザイク柄としている[6]。電動車の床面には600形と同様に駆動装置点検蓋が設置されているが、点検ブタは縁取りをなくし、床面のフラット化を図った[6]

側窓・扉類[編集]

側窓はすべて濃色グレーの熱線吸収・複層ガラス構成とし、結露防止と空調の効率化のために全てが固定窓である[8]。側窓は天地寸法を950 mmと大きくとり、さらに外板とフラット化を図り、側面見付けを向上させている[8]カーテンにはパープル系色の西陣織の横引き式プリーツカーテンを設置する[6]。なお、全ての窓が固定式のため、非常時の換気のため、各車2台排気扇を設置している[6]

側扉と連結面貫通扉は軽量化のためにペーパーハニカム構造を採用した[6]。貫通扉は各連結面に設置しており、側扉については室内側は化粧板仕上げ、ドアガラスは側窓同様のグレーの複層ガラスである[6]。各扉上部には京急初採用となるLED文字スクロール表示による車内案内表示器を設置している[6]

座席について[編集]

料金不要の特急車両として上質なサービスを提供している。室内はオールクロスシートで、ドア間は京急で初採用となる転換クロスシート、車端部は4人掛けボックスシート(固定座席)である[2]。先頭車の運転席背面は前向きの固定座席としており、運転席背後以外のドア前には補助腰掛を設置している。

空港連絡列車に使用することを考慮し、一部の固定座席は座面を上げて荷物置場にできる構造となっている[2]。ドア間の座席はノルウェー・エクネス社 (Georg Eknes) 製[9]、座席表地はスウェーデン・ボーゲサンズ社 (Bogesunds) 製である[10]。座席はいずれも瑠璃色(紺色系)に茜色(赤色)の水玉模様入りジャガード織(模様入り)で、枕カバーは一般席が赤色、優先席は灰色系で区別している[6]

転換クロスシート部は座席を向かい合わせで用いないことを前提に間隔を詰めており、シートピッチは850 mmである[2]。営業運転中は一方に向きが固定され、乗客による座席の転換はできない。座席の転換は空気圧による一括転換式を採用しており、始発駅で車掌のスイッチ操作により進行方向へ座席の向きを合わせる[2]。終着駅に到着した際は、到着ホームでそのまま折り返す場合も降車扱いの後ドアを閉め、座席転換後に乗車扱いをする措置がとられている。導入直後、座席の向きを無理やり変えようとした乗客が座席を破損させる事例が生じたため、その後座席の枕カバーに「イスの向きは変えられません」と表示されるようになった。

転換クロスシートは関東大手私鉄では唯一のものである。しかし、座席に掴み手がつけられているもののつり革はドア周辺のみの設置[11]で、通路も狭くなっている。なお肘掛と掴み手の形状は2次車増備時に改良され、その後1次車も仕様を統一した。

補助腰掛は出入口と転換腰掛を仕切る壁としての役割がある[2]。背ずりは固定されており、座面が手前に引き出してくる形状である[2]乗務員室からの操作で鎖錠・解錠が可能で、混雑時には固定され、閑散時は引き出して使用することができる[2]

2007年2月から順次、座席表地(柄は従来と同様)と、同時に補助椅子使用不可ランプが2173編成と同じタイプに交換された。その後、2013年8月から行われている更新工事から、従来の物と同等と思われる表地に戻されている。

乗務員室[編集]

乗務員室内はベージュ系の配色、運転台計器台は濃い灰色の色調である[6]。計器盤は600形よりも60 mm低くして、特に連結時における前方下部の視認性向上を図った[6]主幹制御器はT字形ワンハンドル式[6]で、力行1 - 5ノッチ・常用ブレーキ1 - 5段・非常で構成される。マスコンハンドル右端には非常時に使用する「緊急スイッチ」を新たに設置した[6]

電装品[編集]

Powered by SIEMENSの表記がある車内製造銘板
2008年7月28日 品川駅

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
1999年7月19日
京急本線 横浜 - 品川

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

制御装置はドイツシーメンス社製の GTO素子「SIBAS32(シーバス32)」による VVVFインバータ制御を採用した。これは東日本旅客鉄道(JR東日本)E501系E2系の一部にも採用されている。車内の製造ステッカーには製造会社の下に「Powered by SIEMENS」の表記がある。発車時の電動機およびインバータ装置から発する磁励音が音階に聞こえることが特徴で、このことから鉄道ファンの間では「ドレミファインバータ」や「歌う電車」、「ドレミカー」と呼ぶ者もいる。だが、回生ブレーキの失効速度が8 - 6 km/h前後と高く、同5 - 3 km/h前後であるE501系と異なり停車時には音階は聞こえない。

主制御器はVVVFインバータ装置、フィルターリアクトル、断流器などを「トラクションコンテナ」と呼ばれる一体箱に収めた構成とした[6]。また、この制御装置はベクトル制御やスリップ・スライド制御(空転滑走制御)など高い精度での電動機のトルク制御を行い、本系式の高い性能を実現している[6]

  • 主制御器形式:G1450D1130/560M5-1形(1C4M制御方式、容量1,096 kVA、耐圧4,500 V、電流3,000 A、周波数0 - 163 Hz、質量1,700 kg[12]
  • 主電動機:1TB2010-0GC02形かご形三相誘導電動機(出力190 kW、端子電圧1,050 V、電流133 A、周波数61 Hz、定格回転数1,800 rpm、最高回転数5,243 rpm、質量550 kg :全て1時間定格ではなく、連続定格値)
  • 1:1というMT比で高速性能と高加速度を両立するため、高出力のかご形三相誘導電動機が用いられている。なお、電動機の京急における制式名称はKHM-2100形である。

台車空気バネ(枕バネ)を車体に直結させるダイレクトマウント式のボルスタ(枕梁)付き台車であり、軸箱支持方式は高速走行時の乗り心地の観点から乾式ゴム入りの円筒案内式である[1]。動力台車は「TH-2100M形」、付随台車は「TH-2100T形」と称する[1]。さらに上下振動を減少させ、乗り心地の向上を図るため、軸バネの外側に軸ダンパを設置していた[1]が、後年に撤去された。

  • 写真の床下機器は汚れているが、本来の機器色は明るい灰色である。

補助電源装置にはIGBT素子を使用した三菱電機製の150 kVA出力静止形インバータ(NC-WAT150C形)で、本形式より車内の低圧補助回路の電圧を三相交流440Vへと向上させた[13]

電動空気圧縮機にはドイツ・クノールブレムゼ社製のスクリュー式(SL-22形、吐出量は1600 L/min)が採用され[13]、新1000形(5次車まで)にも採用された。集電装置東洋電機製造製のPT7117-A形シングアーム式を使用している。

空調装置は三菱電機製のCU-71G形を使用し、能力は41.8 kW(36,000 kcal/h)としている。外観では装置の前後にFRP製の曲面カバーを設置し、丸みを強調したものとした[13]

バリエーション[編集]

1998年から2000年にかけ、4次にわたって製造された。すべて4M4Tの8両編成で、4両 (2M2T) で1ユニットを組む。各次車における主な変更点は以下のとおりである[14]

1次車[編集]

1998年2 - 3月に落成。この2編成のみ(白幕化当時は)方向幕の字が細かったが、機器更新の際に他編成と同じく字が太いものに交換されているほか、ドアも他の編成に揃えられた。落成時にはワイパーカバーのスリットに各先頭車の車両番号を表記していた(例:デハ2101は「2101」とスリット表記)。その後、2次車の落成時期に2次車と同様の表記方式に変更した[15]。さらに3次車の落成に合わせて2次車とともに3次車に合わせた表記方法に変更した。

  • 2101・2109編成

2次車[編集]

1998年10 - 11月に落成。ワイパーカバーの車両番号表記を形式名「2100」表示に変更した。このため、車両番号は正面非常扉の白色部の下に4桁表示で記載された。書体は600形などと同様の「スミ丸ゴシック体」であった(1次車も同様の表記に変更)。

先頭車にある車椅子スペース部において、カーテンが省略されていたが、新たに設置した。さらに乗務員室背面仕切壁を側面と同様の化粧板張りから、妻面と同じパープル系の化粧シート仕上げに変更した。

また、運転席直後の椅子では、立客が寄りかかるため座席の補強をし、暖房器具を隠すカバーを設置し、転換式腰掛の窓側肘掛位置の変更など細かな改良が実施された。

  • 2117・2125・2133編成

3次車[編集]

1999年4 - 5月に落成。非常扉側の車両番号の表記を落成当初から現行表記とした。正面非常扉にあった4桁の車両番号表記を、白色部への下2桁表示に変更した。書体はワイパーカバーの表記に合わせたものである。同時期に1・2次車もこの仕様に変更し、以後の標準となった。

  • 2141・2149・2157編成

4次車[編集]

2000年10 - 11月に落成。急行灯を落成当初から車両の外側とした。細かな点では、座席の肘掛を灰色から紺色に変更した。

  • 2165・2173編成

編成表[編集]

 
← 浦賀
製造メーカー 竣工日 備考
形式・車種 デハ2100形
(Muc)
サハ2100形
(T)
サハ2100形
(Tp)
デハ2100形
(Mu)
デハ2100形
(Ms)
サハ2100形
(T)
サハ2100形
(Tp)
デハ2100形
(Msc)
機器配置 VVVF・CP BT SIV VVVF VVVF BT SIV VVVF・CP
車両重量 33.0 t 24.5 t 26.5 t 30.5 t 30.5 t 24.5 t 26.5 t 33.0 t
1次車 2101 2102 2103 2104 2105 2106 2107 2108 東急車輛 1998年2月9日  
2109 2110 2111 2112 2113 2114 2115 2116 川崎重工 1998年3月4日  
2次車 2117 2118 2119 2120 2121 2122 2123 2124 川崎重工 1998年10月27日  
2125 2126 2127 2128 2129 2130 2131 2132 東急車輛 1998年10月19日  
2133 2134 2135 2136 2137 2138 2139 2140 東急車輛 1998年11月2日 「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」第3編成(2015年3月 - )
3次車 2141 2142 2143 2144 2145 2146 2147 2148 東急車輛 1999年4月19日  
2149 2150 2151 2152 2153 2154 2155 2156 東急車輛 1999年5月17日  
2157 2158 2159 2160 2161 2162 2163 2164 川崎重工 1999年5月21日 「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」第2編成(2005年6月 - 2015年3月)
4次車 2165 2166 2167 2168 2169 2170 2171 2172 川崎重工 2000年11月8日  
2173 2174 2175 2176 2177 2178 2179 2180 東急車輛 2000年10月30日  
凡例
  • VVVF:主制御器 (1C4M)
  • SIV:補助電源装置(静止形インバータ)
  • CP:空気圧縮機
  • BT:蓄電池
備考
  • パンタグラフはTp車に2台搭載する。

更新工事[編集]

制御機の更新[編集]

本形式と新1000形アルミ車両(1 - 5次車)で採用したドイツ・シーメンス社製の電機品は、日本製の機器とは仕様が異なる点があり、特に保守面において不利な点があるなど問題点があった。このため、導入から約10年を経て機器の更新時期を迎えた車両より順次、日本製の機器への置き換えが開始された[16]

新しい制御装置は東洋電機製造製のIGBT素子を使用した2レベルVVVFインバータ制御装置(PGセンサレスベクトル制御・1C4M制御方式)を採用した。制御装置は従来の周辺機器一体形から制御装置本体、フィルタリアクトル等が個別設置されたものとなっている。主電動機についても東洋電機製造製の1時間定格190 kWのかご形三相誘導電動機に交換された[17]。主電動機取り付け寸法は交換前の主電動機と同一で、駆動装置や台車の変更はない。

  • 制御装置形式:東洋電機製造製RG6008-A-M形 1C4M制御
  • 主電動機形式:東洋電機製造製TDK6163-A形かご形三相誘導電動機 1時間定格190 kW

この更新工事は京急ファインテック久里浜事業所において定期検査の前に入場させ、約2週間の工期で機器更新を行い、その後定期検査を施工して出場させている。この際車内掲示の製造ステッカーは「Powered by SIEMENS」表記のないものに変更されている[18]

施工順序は以下のとおり。この機器更新は2015年3月の2133編成をもって全編成への施工が完了した[5][19]

  • 2008年度:2165編成(2008年12月13日付[20]
  • 2009年度:2101編成(2009年9月)・2109編成(2009年12月)[21]
  • 2010年度:2125編成(2010年6月)・2117編成(2010年9月)[22]
  • 2011年度:2149編成(2011年8月)[23]
  • 2012年度:2157編成(2012年3月)・2173編成(2012年8月)[24]
  • 2013年度:2141編成(2014年1月)
  • 2014年度:2133編成(2015年3月、後述の更新工事も同時施工[5]

車体更新[編集]

2013年8月15日[25]に更新後の試運転を行った2101編成から車体更新工事が施工されている。工事内容は以下の通り。「*」表記は600形・新1000形10次車以降で採用済みのもの、「**」表記は新1000形11次車以降で採用済みのもの。

2016年度は2本(16両)更新される予定とされている[26]が、2017年10月現在では全編成の更新が完了している。

  • 冷房装置をCU-71H-G2に交換。
  • 空調装置操作器を浦賀寄り運転台に追加設置。
  • 各ドア上部に1台、17インチ液晶ディスプレイ・停車駅案内枠設置。*
    • 液晶ディスプレイは600形・新1000形10次車以降とは異なるデザインとなり、東京メトロ16000系などと同様にアニメーション表示がある。
  • ドアチャイムを設置。新1000形10次車以降に採用されたドアチャイムが使用されているほか、誘導音も動作する。*
  • ドアの色調をアイボリーからホワイトへ変更
  • 優先席のモケットの地と柄の配色を反転。
  • 車内照明を蛍光灯からLEDに変更。**
  • 車端部窓の開閉可能化。この部分のみはカーテンが縦引き式(ロールアップカーテン)に変更された。
  • 排気扇を半減。
  • 車両の前面非常口部分にけいきゅんのステッカーを貼り付け。
  • 客室窓枠下の帯など、部品の交換。
  • 車上情報管理装置の設置。

また、これとは別に、2017年5月1日からのウィング号とモーニング・ウィング号全席指定化に伴い、同年4月までに補助席も含む全ての席に座席番号が割り振られた。これらはウィング号とモーニング・ウィング号でのみ有効となり、快特・特急での運行時は従来通り全席自由席となる。

前面方向幕のLED化[編集]

2015年初頭あたりから、列車無線の変更(空間波無線(SR)方式化)を前に、新型の列車無線関係装置を乗務員室内の方向幕点検蓋付近に搭載するため、前面の方向幕の整備・交換が困難になることから、前面のみ種別・行先表示がフルカラーLEDに変更され、現在は全編成交換完了している。

運用[編集]

都営フェスタで並んだ2100形と京成AE100形

原則的に、自社線内の本線・久里浜線折り返しの快特として泉岳寺品川 - 京急久里浜三崎口間を運転する。朝には特急エアポート急行にも使用され、平日夜間は「京急ウィング号」、平日朝は「モーニング・ウィング号」として運用される。立席定員が少ない上に2ドアで乗降に時間が掛かるため、女性専用車両が設定される平日朝ラッシュ時最混雑時間帯の上り列車には「モーニング・ウィング号」を除き使用されない。また、午前中のみ空港線への乗り入れがあり、平日は3回、土休日は1回羽田空港へ乗り入れる。本線の堀ノ内 - 浦賀間は早朝しか運用されない。また、逗子線は定期運用はないものの、稀に事故や悪天候等による運用変更で代走として充当される。なお、大師線は4両固定編成のみしか入線できないため運用できない。

当初はエアポート快特へ投入する計画があったため、先頭車は地下鉄線への乗り入れに必要な非常用貫通扉を装備するが、2扉・クロスシートという構造から東京都交通局都営地下鉄)や京成電鉄が乗り入れを認めていないため、自社線内のみで運転されている。このため、8両編成12本96両の製造計画に対して10本80両が落成したところで車両の増備は新1000形に変更され、2100形の製造は2000年に終了した。

しかし、600形(2代)からの歴代快特専用車で初めて非常用貫通扉が装備されたことで、2000形までは不可能だった快特専用車の泉岳寺乗り入れを実現し、都営浅草線列車との接続改善に繋がった。ただし10本しかないことから、車両の定期点検時には運用可能な編成が足りなくなる場合があり、その場合は3扉の1500形・600形・新1000形が代走する[27]

京急社内で使用されている列車の車両組成を表す表には「8E」[28]と表記される。

2011年11月5日には2141編成が馬込車両検修場で開催された「都営交通100周年記念フェスタin浅草線」で展示された[29]。本形式にとってはこれが浅草線初走行となった。

イベント・ラッピング列車[編集]

「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」色の2157編成
(2006年10月26日 / 津久井浜)

本形式はイベント列車・ラッピング列車としての使用が多い。これまでに運行されたものは以下のとおりである。

  • 2001年
  • 2004年
  • 2005年
    • 6月下旬 - 7月14日 「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」にて事前に募集した新1000形「羽田第2ターミナルPR電車」と600形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」の写真や絵画を車内で展示。
    • 11月下旬 - 2006年1月 「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」は600形と同様のラッピングを貼付し『レインボートレイン』として運行。詳細は600形を参照。
  • 2006年
  • 2007年
    • 4月9日 2133編成が横須賀市市制100周年記念ラッピング電車となっている。側面中央の窓下には『横須賀が好き!』と大書され、客用ドア横には横須賀市の名所をイメージしたラッピングが貼付されている。
  • 2009年
  • 2010年
    • 5月16日から「羽田空港国際ターミナル」ラッピング電車が運行。当初は3月からの運行予定だったが、同年3月27日に「国際ターミナル駅」(当時の仮称、同年5月14日羽田空港国際線ターミナル駅に正式決定)で発生した火災により中止となっていた[30]
    • 6月18日 - 8月31日 2133編成が京急環境電車として運行、車体に「ノルエコ」のラッピングを行った。
  • 2012年
  • 2014年
  • 2015年
    • 10月5日 -11月22日 2165編成に「カワサキ ハロウィン2015」と「かわさきジャズ2015」をPRするラッピングを施した「Kawasaki Autumn号」を運行。
  • 2016年
    • 2月1日 - 3月14日 2149編成がバレンタイン列車「KEIKYU LOVE TRAIN」として運行。車内のシートカバーをバレンタイン仕様に変更するとともに、2155号車の優先席の一部(4席分)を「相合席」に、吊り革の一部をハート型に変更した[32]
    • 2月22日 - 6月5日 台湾鉄路管理局との友好鉄道協定締結1周年を記念し、台鉄で活躍する客車(普快車)と「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」の車体色が類似していることから、「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」色の2133編成を普快車のデザインに近づけるため、車体、排障器にラッピングを施して、台鉄列車の普快車のデザインとしたラッピング列車を運行した。車両の前後には友好鉄道協定を記念したヘッドマークを掲出していた[33]。当初は3月26日で運行終了予定だったが、好評だったことから6月4日まで運行を延長することとなった。なお、何らかの都合で翌5日までこのラッピングで運行を継続している。
    • 11月14日 - 12月17日 ソニックシリーズ並びにぷよぷよシリーズ発売25周年を記念して、空港線大鳥居駅近くに事業所があるセガゲームスとのコラボレーションで、「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」にソニックシリーズとぷよぷよシリーズのキャラクターをラッピングした「京急セガトレイン」を運行[34]

 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 新車ガイド、p.56。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 新車ガイド、p.52。
  3. ^ 鉄道ファン640号付録 大手私鉄車両ファイル車両配置表
  4. ^ a b 新車ガイド、p.51。
  5. ^ a b c 京急2100形2133編成が「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」となり出場 鉄道ファン railf.jp
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 新車ガイド、p.53。
  7. ^ 新車ガイド、pp.51-52。
  8. ^ a b 新車ガイド、pp.52-53。
  9. ^ 車端部ボックスシートと補助座席は日本製である。
  10. ^ 新車ガイド、p.54。
  11. ^ 新車ガイド、pp.53-54。
  12. ^ フィルタリアクトルの質量を含んだ値である。
  13. ^ a b c 新車ガイド、p.55。
  14. ^ JTBキャンブックス『京急クロスシート車の系譜 - 京濱・湘南電鐵より今日の京急まで歴代の名車を綴る - 』を参照。
  15. ^ ただし、デハ2172が事故でワイパーカバーを破損した際、デハ2101が「2100」のカバーを貸与し、その後しばらくは落成時の「2101」表示で運用していた。
  16. ^ 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2010年10月臨時増刊号鉄道車両年鑑記事を参照。
  17. ^ 電機品のメーカーについては交通新聞社『私鉄車両編成表 2010』に東洋電機製であることが記載されている。
  18. ^ これは、東芝製のVVVFインバータ装置に更新された新1000形1405編成も同様である。
  19. ^ 2100形同様にシーメンス製の制御装置を持つJR東日本E501系も、2007年から2012年にかけて全編成が東芝製のIGBT方式の制御装置に更新されている。
  20. ^ 「大手私鉄車両ファイル 車両データバンク」『鉄道ファン』2009年9月号(通巻581号)付録、交友社
  21. ^ 「大手私鉄車両ファイル 車両データバンク」『鉄道ファン』2010年9月号(通巻593号)付録、交友社
  22. ^ 「大手私鉄車両ファイル 車両データバンク」『鉄道ファン』2011年9月号(通巻605号)付録、交友社
  23. ^ 「大手私鉄車両ファイル 車両データバンク」『鉄道ファン』2012年8月号(通巻616号)付録、交友社
  24. ^ 交通新聞社『鉄道ダイヤ情報』2013年3月号特集「京急電車2013」79頁記事
  25. ^ 京急2100形2101編成が試運転 鉄道ファン railf.jp
  26. ^ 平成28年 鉄道事業設備投資計画” (2016年5月11日). 2016年6月27日閲覧。
  27. ^ かつては2000形による代走も見られたが、その後日中の京急線内快特が泉岳寺発着になったため、原則として1500形・600形・新1000形に変更された。
  28. ^ 『京急ダイヤ100年史』p274
  29. ^ 「都営交通100周年記念フェスタin浅草線」追加情報”. 東京都交通局 (2011年10月25日). 2014年10月18日閲覧。
  30. ^ 【京急】2100形に「世界へ。京急で。」のラッピング」ネコ・パブリッシング『RMニュース』、2010年5月17日閲覧
  31. ^ 【京急】2100形に「梅ちゃん先生」ラッピング -鉄道ホビダス 2012年4月10日
  32. ^ “今年は吊り革だけじゃない!座席シートもチョコもハートになっちゃった!「KEIKYU LOVE TRAINキャンペーン」” (プレスリリース), 京浜急行電鉄株式会社, (2016年1月19日), http://www.keikyu.co.jp/company/news/2015/20160119HP_15184MK.html 2016年2月3日閲覧。 
  33. ^ “台鉄×京急 友好鉄道協定締結1周年記念 羽田空港国際線ターミナル駅に台湾・台鉄PRブースを設置 特大PRパネルで台湾の魅力を発信していきます” (プレスリリース), 京浜急行電鉄株式会社, (2016年2月17日), http://www.keikyu.co.jp/company/news/2015/20160217HP_15213MT.html 
  34. ^ セガゲームスの人気ゲーム「ソニック」&「ぷよぷよ」発売25周年記念企画ラッピング電車「京急セガトレイン」運航のお知らせセガ発祥の地の最寄駅「大鳥居駅」駅名看板も特別仕様に!セガ製品情報サイト 2016年11月7日

参考文献[編集]

  • JTBキャンブックス『京急クロスシート車の系譜 - 京濱・湘南電鐵より今日の京急まで歴代の名車を綴る - 』
  • JTBキャンブックス『京急の車両 - 現役全形式・徹底ガイド - 』
  • 広岡友紀、『日本の私鉄 京浜急行電鉄』、毎日新聞社、2010年7月30日発行
  • 吉本尚 『京急ダイヤ100年史』 電気車研究会1999年ISBN 4885480930
  • 京浜急行電鉄(株)鉄道本部車両部車両課「新車ガイド 京急2100形」、『鉄道ファン』第38巻第5号、交友社1998年5月、 51-56頁。
  • 鉄道図書刊行会鉄道ピクトリアル
    • 1998年5月号「京浜急行電鉄2100形」
    • 1998年7月臨時増刊号「特集:京浜急行電鉄」
    • 2010年10月臨時増刊号鉄道車両年鑑「京浜急行電鉄2100形VVVF制御装置更新工事」(京浜急行電鉄 (株) 鉄道本部運転車両部車両課 金子芽美 著)