名鉄9500系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄9500系電車
Nagoya Railway 9500 in Zengo Station.jpg
名鉄名古屋本線・前後駅に停車中の9500系電車(9501編成)
基本情報
運用者 名古屋鉄道
製造所 日本車輌製造
製造年 2019年 -
製造数 16両(4両組成×4編成)
運用開始 2019年12月1日
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度(常用) 3.5km/h/s
減速度(非常) 4.0km/h/s
編成定員 524人(座席186人)
編成重量 131.9t
車体長

先頭車:18,385mm

中間車:18,230mm
車体幅 2,744mm
車体高 4,016mm
台車 日本製鉄製FS571MC(M・Mc)FS571TC(T・Tc)
主電動機 全閉外扇誘導電動機 SEA-448形
主電動機出力 170kW
駆動方式 歯車形継手式平行カルダン軸駆動
歯車比 96:17=5.65
制御装置 東芝製ハイブリッドSiC適用VVVFインバータ制御
制動装置 電気指令式空気ブレーキ回生ブレーキ併用)オール電気ブレーキ
保安装置 M式ATS
テンプレートを表示

名鉄9500系電車(めいてつ9500けいでんしゃ)は、名古屋鉄道(名鉄)が2019年令和元年)12月から運用している通勤形電車である。

概要[編集]

本系列は名古屋鉄道の2019年度設備投資計画で、鉄道事業におけるサービス改善工事などの一環として16両新造された通勤形車両である。瀬戸線4000系以来11年ぶりの新形式で、令和改元後初めて新造した車両でもある。同社初となる車内防犯カメラ、4か国語に対応した車内案内表示器、通勤車両で無料Wi-Fiサービス「MEITETSU FREE Wi-Fi」を搭載した車両となる[1]。また、客室内は全席ロングシートとなっている。9500系電車は3300系をベースに仕様変更したものであり、名鉄は2019年末までに運行開始の方針を示している[2]。なお、9500系電車は名古屋本線を中心に、犬山線空港線常滑線など、ワンマン線区以外で運行する予定である[3]

ベースとなる3300系・3150系のうち、2015年度以降に製造された編成は車体前面下部やスカート(排障装置)にも名鉄カラー「スカーレットレッド」を配色している。本系列では、先頭部におけるスカーレットレッドの範囲をさらに拡大し、車体前面から側面の乗務員扉付近までスカーレットレッドのデザインを施している。前照灯・尾灯はLED化され、形状も変更。名鉄らしさを強調し、シャープで精悍な印象も与える外観デザインに仕上げた[3]

9500系は日本車輌製造が製造。片側3扉のステンレス製で、日車式ブロック工法車体を採用している[3]

2019年7月8日から9日にかけて、日本車輌製造から9501Fの甲種輸送が行われ、名鉄各線で試運転が行われている。同年11月6日から7日にかけて9503F・9504Fの甲種輸送が行われ、2019年導入予定の全編成が甲種輸送された。2019年12月1日より9501F、9502F[4]が、同年12月7日に9503F、9504Fが営業運転開始した。

3500系、3700系、3300系とは共通運用であり、3100系や3150系とも連結できる。

室内[編集]

座席等[編集]

座席のレイアウトは、3300系などと同様で、引き続き座席はすべて片持ち式のロングシートとなっている。ただし座席は従来のモケットからチェック柄のモケットに変更された。

車内側の貫通扉や客用扉も従来のグレーから、濃ベージュ色に変更された。

その他の化粧板は従来通りグレーであるが、艶消しとされた。

バリアフリー設備[編集]

3300系と比べて吊り手の高さが50mm、荷棚の高さが45mm下げられた。各車両に優先席エリアを設け、座席や床を赤紫色、吊り手を黄色として通常の座席と識別しやすいように配慮した。車いすやベビーカー利用者向けのフリースペースを各車両に設置し、手すりや立席用の腰当てが設けられた。緊急時の避難誘導用に、非常はしごが各編成に1台、座席下に設置された[5]

案内設備[編集]

従来の車両と同様に17インチLCD画面による車内案内表示装置が設置されている。LCD画面には、停車駅(駅ナンバリング対応)の案内や所要時間、ニュースや扉の開閉の注意などを表示するが、新たに中国語および韓国語での案内が行われるようになった。また、各ドア上に扉開閉動作表示灯が取り付けられ、開閉のタイミングで赤色LEDが点灯するようになった。さらに、名鉄の車両としては初となる防犯カメラが各車両3台、LCDと同様に千鳥配置でドア上に設けられた。「MEITETSU FREE Wi-Fi」も名鉄の通勤車両としては初の搭載で、車内にステッカーが掲出された[5]

編成表[編集]

凡例
Tc …制御車、Mc …制御電動車、M …電動車、T…付随車
VVVF/SIV…制御装置補助電源装置、CP…電動空気圧縮機、PT…集電装置
9500系
← 豊橋
名鉄岐阜 →
製造次数 備考
形式 ク9500 モ9550 サ9650 モ9600
区分 Tc M T Mc
車両番号
9501 9551 9651 9601 1次車 2019年7月落成[6]
9502 9552 9652 9602 1次車 2019年10月落成
9503 9553 9653 9603 1次車 2019年11月落成[7]
9504 9554 9654 9604 1次車 2019年11月落成[7]
CP VVVF/SIV,PT CP VVVF/SIV,PT    

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名鉄、新型車両9500系を4編成新造 - 名鉄名古屋駅4線化計画も発表”. マイナビニュース (2019年3月25日). 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ 名古屋鉄道 新型車両9500系を4編成新造!無料Wi-Fiサービス提供へ。” (日本語). jafmate.jp. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ a b c 名鉄9500系、新型車両を公開 - スカーレットレッド強調、写真97枚” (日本語). マイナビニュース (2019年10月1日). 2019年10月2日閲覧。
  4. ^ 名鉄9500系が営業運転開始” (日本語). 鉄道ファン. 2019年12月2日閲覧。
  5. ^ a b 名鉄9500系、新型車両の主要諸元は” (日本語). マイナビニュース. 2019年12月5日閲覧。
  6. ^ 名鉄9500系が甲種輸送される” (日本語). 鉄道ファン. 2019年12月5日閲覧。
  7. ^ a b 名鉄9500系2本が甲種輸送される” (日本語). 鉄道ファン. 2019年12月5日閲覧。