ゴールデンエイジ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴールデンエイジ
メンバー ヤマト
たっぷり藤原
結成年 2011年[1]
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2011年10月1日[1] -
出身 ワタナベコメディスクール13期生
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 ヤマト[2]
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ゴールデンエイジは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はワタナベエンターテインメント

メンバー[編集]

略歴[編集]

二人とも同じ中学の同級生で、中学3年生の時に同じクラスになり、座席も前後同士だった[2][11]。それまであまり接点も無かった同士で、お互いの第一印象は「背がでかい」(ヤマト→藤原)、「背が小さいが頭がでかい」(藤原→ヤマト)というものだった[11]

お互い大学、専門学校をそれぞれ卒業し、就職せずアルバイトをしていたところで、ヤマトから藤原を誘って2010年10月ワタナベコメディスクールに13期生として入学。最初藤原は父と一緒に仕事をするために誘いを断ったが、ヤマトは同スクールのオーディションのエントリーを藤原に内緒で準備し、藤原を「友達のパーティーでネタをやる」と言って誘い出し、同スクールの前で本当のことを打ち明けた[11][2]。それでも藤原は承諾しなかったが、ヤマトが「これで売れなかったら50万円の学費を(藤原に)払う」と言って承諾をもらい、ヤマト曰く「一年がかりで口説き落とし」て結成に至った[2]

1年後の卒業公演を経ての審査ではワタナベエンターテインメント所属にならず、その後フリーでの活動の後、約2年後に同事務所所属となった[11]

芸風[編集]

漫才コントとも演じている。藤原のツッコミを受けてヤマトは何でも「いるよ」と言い返し、藤原を困らせるというようなネタを展開[13]2016年キングオブコントでは2回戦まで進出[14]、同年のM-1グランプリでは3回戦まで進出[1]

出演[編集]

  • 日立 世界・ふしぎ発見!TBS)- 2016年1月9日、藤原のみ
  • ネプ&ローラの爆笑まとめ!(TBS)- 2016年8月27日(直前SP)、2016年12月10日(直前SP)
  • ZIP!日本テレビ)- 「ワラガチャ!」コーナー 2016年7月25日初出演 以後不定期レギュラー出演

ラジオ[編集]

  • ナベラジ(ソラトニワ原宿FM)- 毎週土曜20:00 レギュラー

インターネット放送[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c コンビ情報 ゴールデンエイジ”. M-1グランプリ. 2016年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(236)】すべてにおいて頂点を目指すコンビ、ゴールデンエイジ(1/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月1日). 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ a b TEPPEN芸人名鑑「ゴールデンエイジ」
  4. ^ a b 大和秀行Facebook「大和 秀行さんの自己紹介」
  5. ^ a b #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」参照
  6. ^ ヤマト(ゴールデンエイジ) (自己紹介)より(2016年12月12日閲覧)
  7. ^ 得意トーク一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年12月12日閲覧。
  8. ^ ヤマトプロフィール(Ameba)(2016年12月12日閲覧)
  9. ^ 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年12月12日閲覧。
  10. ^ a b c 特技一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年12月12日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g ナベラジ初MC「ゴールデンエイジ」! #ナベラジ #soraxniwa”. Soraxniwa FM (2016年10月22日). 2016年12月12日閲覧。
  12. ^ スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年12月12日閲覧。
  13. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(236)】すべてにおいて頂点を目指すコンビ、ゴールデンエイジ(2/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月1日). 2017年1月2日閲覧。
  14. ^ キングオブコント2016 公式サイトより(2016年12月12日閲覧)。