京滋バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京滋バイパス下り宇治西IC付近

京滋バイパス(けいじバイパス、英語: KEIJI BY-PASS)は、滋賀県草津市から京都府乙訓郡大山崎町に至る一般国道1号24号478号バイパス道路である。

一般道路有料道路に分かれる。

一般道路[編集]

国道1号標識国道24号標識国道478号標識

石山IC宇治西IC間の山岳部以外の部分については地域交通を担う道路として一般道(側道)が整備されている。

国道24号交点-大久保バイパス交点までの区間は国道24号、瀬田東IC-石山寺三丁目交点及び大久保バイパス交点-国道1号枚方バイパス交点までの区間は国道1号としてそれぞれ指定を受けている。

なお、国道24号交点-宇治市隼上り間については、宇治市道莵道槇島線として指定されている。

供用区間[編集]

交差する道路[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
交差する道路 交差する場所 路線番号 起点から
(km)
国道1号国道8号重複) 四日市方面
国道1号(国道8号重複) - 滋賀県 草津市 新矢倉 国道1号
県道43号平野草津線 野路中央
京滋バイパス(有料道路30-2 瀬田東
名神高速道路 30-2 瀬田東
県道2号大津能登川長浜線
大津市 -
県道16号大津信楽線 瀬田南
不通区間
国道24号 京都方面 府道69号城陽宇治線 京都府 宇治市 国道24号
京滋バイパス(有料道路5 宇治西 -
京滋バイパス(有料道路) 6 巨椋 -
- 国道24号(大久保バイパス奈良方面 久御山町
国道1号
国道1号(第二京阪道路 大内
国道1号(枚方バイパス 京滋バイパス森
国道478号京都第二外環状道路

道路管理者[編集]

国土交通省

交通量[編集]

24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

滋賀県

  • 草津市東矢倉3丁目 : 41,137

京都府

  • 久世郡久御山町森字大内 : 35,493

有料道路[編集]

高速自動車国道
(有料)
一般国道自動車専用道路(B)
大阪圏都市圏自動車専用道路

京滋バイパス

京滋バイパス
地図
高速道路図(京都付近)
総距離 27.7 km
開通年 1988年 - 2003年
起点 大津市
主な
経由都市
宇治市八幡市京都市
終点 乙訓郡大山崎町
接続する
主な道路
記法
名神高速道路栗東名古屋方面)
第二京阪道路
国道24号大久保バイパス
名神高速道路(吹田大阪方面)
京都縦貫自動車道
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

名神高速道路と一体となっており、大津市街京都市街迂回するだけではなく、名神の栗東名古屋方面と吹田大阪方面とを接続する役割も兼ね備えている。

計画当初の京滋バイパスは、瀬田東IC-巨椋ICであり、国道1号のバイパスとしての位置付け(上記の通り大津市、京都市の中心部の通行を回避する)であった。

その後の計画で、名神高速道路の渋滞緩和と京都市の環状道路の機能を持つ道路づくりの必要性から、国道9号バイパスであった京都丹波道路と京滋バイパスを結ぶ路線、京都第二外環状道路が計画され、瀬田東JCT大山崎JCTで名神高速道路と接続するようにした。京都丹波道路を含む京都縦貫自動車道と京都第二外環状道路は国道478号に指定され、一貫した整備が続けられている。 ただし京都第二外環状道路のうち、久御山淀IC-大山崎JCTは名神高速道路の改築事業として建設された。

以上の経緯のため、事業路線名は以下の3つに分かれる。

2003年8月10日に大山崎JCT-久御山JCTが開通し、これにより瀬田東JCT-大山崎JCTは名神高速道路と京滋バイパスの2ルート化が完成した。道路名では、利用者の分かりやすさおよび連続性から、大山崎JCT-瀬田東JCTにおいて京滋バイパスとされた。また、それまで名神高速道路栗東方面から京滋バイパスに入るには瀬田東ICの出口料金所でそれまでの通行料金を支払ってから京滋バイパスに流入し、南郷ICまたは南郷本線料金所で京滋バイパスの通行料金を支払っていたが、瀬田東ICが直結化されて瀬田東JCTとなり、同時に南郷本線料金所が廃止されて名神高速道路と同一の料金体系に組み込まれることになった。そのため、瀬田東ICから京滋バイパスを利用した場合を除き、大山崎JCT-瀬田東JCT間は京滋バイパス経由でも名神高速道路経由として取り扱われ、通行料金も同額である。名神高速道路ETC割引制度の対象道路としても、大都市近郊区間であり早朝夜間割引深夜割引等が適用される。

概要[編集]

通過する自治体[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については、道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は、施設が供用していないことを示す。
  • (数字)は、他路線の番号。
  • 路線名の特記がないものは市道
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
(30-2) 瀬田東IC 国道1号一般道路草津方面 479.5 滋賀県 大津市
瀬田東JCT 名神高速道路 栗東名古屋方面 480.0
1 石山IC 県道106号千町石山寺辺線 482.6 宇治・大阪方面出入口
2 南郷IC 県道3号大津南郷宇治線 487.2 栗東・名古屋方面出入口
- 南郷TB - 2003年3月30日廃止
3 笠取IC 489.1 吹田・大阪方面出入口 京都府 宇治市
- 宇治トンネル - 492 上り4,303m 下り4,313m
補足参照
4 宇治東IC 府道7号京都宇治線 494.0 栗東・名古屋方面出入口
5 宇治西IC 国道24号一般道路 496.1
6 巨椋IC 国道24号(一般道路 498.1 栗東・名古屋方面出入口
(2) 久御山JCT 第二京阪道路 499.8 久御山町
7 久御山IC 国道478号京都第二外環状道路 500.9 吹田・大阪方面出入口
8 久御山淀IC 国道478号(京都第二外環状道路) 503.9
(33-3) 大山崎JCT/IC 国道171号
名神高速道路
507.2 大山崎町
京都縦貫自動車道京都第二外環状道路) 亀岡宮津方面

主なトンネルと橋[編集]

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
瀬田東JCT/IC-石山IC 0 0
石山IC-南郷IC 1 1
南郷IC-笠取IC 2 2
笠取IC-宇治東IC 1 1
宇治東IC-大山崎JCT/IC 0 0
合計 4 4

歴史[編集]

道路管理者[編集]

  • NEXCO西日本 関西支社
    • 茨木管理事務所 : 全線
    (茨木管理事務所管理区間はこの他、名神高速道路京都東IC-吹田JCT、第二京阪道路巨椋池TB-枚方東IC、京奈道路全線)

ハイウェイラジオ[編集]

  • 石山(石山IC-南郷IC)
  • 宇治トンネル上り(笠取IC-宇治東IC 宇治トンネル上り線内)
  • 宇治トンネル下り(笠取IC-宇治東IC 宇治トンネル下り線内) 

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 備考
瀬田東IC-石山IC 4=2+2 80km/h
石山IC-南郷IC
南郷IC-大山崎JCT

※上り線に登坂車線あり。

冬季の通行規制[編集]

降雪時には通行止になる場合がある。 24時間体制で除雪作業を行っている名神高速が代替ルートとなるため、京滋バイパスの除雪作業は後回しになることがあり、規制解除に時間がかかる場合がある。

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[1][2]

  • 斜字は推計値を示す。
  • 道路交通センサスにおける路線名は、事業路線名(以下)に同じ。参照する際は注意されたい。
    • 瀬田東IC/JCT-久御山IC : 一般国道1号(京滋バイパス)
    • 久御山IC-久御山淀IC : 一般国道478号(京滋バイパス)
    • 久御山淀IC-大山崎JCT : 名神高速道路(支線)
区間 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度) 備考 所在地
台数 混雑度
瀬田東IC/JCT-石山IC 26,774 43,802 0.78 滋賀県
石山IC-南郷IC 31,046 48,886 0.85
南郷IC-笠取IC 30,379 47,815 0.88
京都府
笠取IC-宇治東IC 33,689 51,653 0.97
宇治東IC-宇治西IC 28,547 45,698 0.68
宇治西IC-巨椋IC 29,188 48,377 0.75
巨椋IC-久御山JCT 20,588 39,625 0.62
久御山JCT-久御山IC 23,121 23,672 0.35
久御山IC-久御山淀IC 27,206 26,659 0.39
久御山淀IC-大山崎JCT/IC 29,136 27,147 0.38

並行する新名神高速道路[編集]

名神高速道路に並行して新名神高速道路が計画されている。現在は亀山JCT-草津JCTが供用されているが、この新名神高速道路の大津JCT-城陽JCT/IC八幡JCT/IC-高槻第一JCTの一部が当バイパスと並行しているため既にバイパス機能を果たしているとし、建設・供用しても十分な需要が見込めないとした旨の意見書を道路関係四公団民営化推進委員会委員であった猪瀬直樹東京都副知事が当時の小泉純一郎内閣総理大臣に提出したことにより「当面着工しない区間」に指定され建設が凍結されていたが後に凍結解除された。

一方、交通集中期や名神集中工事期間には十分にバイパス機能が果たせているとは言えない状況であり、バイパス内に休憩施設となるサービスエリア・パーキングエリアが1箇所も存在しないことや、瀬田東JCT・大山崎JCTでの再合流で詰まりやすいこと、高速自動車国道規格の名神高速道路に比べてカーブや勾配など、道路線形が悪いことが主な原因であると考えられる。

補足[編集]

京滋バイパスには休憩施設・IC利用車が少ないため、混雑することが少ない(名神高速道路の瀬田東JCT-大山崎JCTには大津SA桂川PAの2カ所の休憩施設、京都東IC京都南ICがある)。しかし、瀬田東JCT・大山崎JCTが名神高速道路に後付けで設置された構造である(特に用地の制約が大きかった大山崎JCTの構造は極めて複雑なものになっており、急なループを通って合流しなければならない瀬田東JCTともどもランプで減速運転が必要となる)がゆえに、交通量が多い時期には名神分岐部・合流部での渋滞が頻繁に発生している。第二京阪道路の開通後は、名神吹田JCTを経由していた車の一部が門真JCT・久御山JCTを経由して京滋バイパスを利用するようになったことから、久御山JCT以東の交通量が増え、瀬田東JCTを先頭とする渋滞が頻繁に発生している。

当路線の宇治トンネルは国道1号の中で最も長い4,313mであり、トンネル内は宇治東IC、笠取IC手前500mを除き車線変更禁止である。

宇治東ICがハーフICであるため、宇治川東側から京滋バイパスの吹田・大阪方面に流入する場合、宇治西ICまで行かなければならない。そのため、ラッシュ時は宇治東ICと宇治西IC間の一般道路部が渋滞することがある。この一般道路部はVICSリンク未対応区間であるため、渋滞回避予測がしにくい。

久御山JCT付近では、開通前に映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の撮影が行われた。

脚注[編集]

  1. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(滋賀県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 3. 2012年5月23日閲覧。
  2. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(京都府) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 1,3,15. 2012年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]