ネクスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネクスコ各社の管轄図

NEXCOネクスコNippon EXpressway COmpany Limited)は、2005年10月1日日本道路公団(JH)の民営化により発足した高速道路会社3社の愛称2006年4月に命名された。

以下は、3社の一覧である。

民営化初年度の決算は3社とも100億円前後の黒字を達成した。中でも東名高速道路名神高速道路中央自動車道の3路線(ただし、全区間ではない)を管理しているNEXCO中日本は最も黒字幅が大きかった。ほとんどの高速道路で通行量が増加し、3社にとっては好調なスタートを切った。

その後、2007年4月2日にNEXCO中日本の研究機関(中央研究所)が分離・独立し、3社共同出資の研究機関として高速道路総合技術研究所(NEXCO総研)が発足した。

ネクスコの頭文字である「N」をとったロゴマークは3次元的に造形することによって、未来へと続く高速道路のダイナミズムを表すと同時に「道を走ること」がもたらしてくれる心の躍動感を表している。また、各社のブランドカラー(コーポレートカラー)はNEXCO東日本は東日本・北日本の安息を感じさせる自然をイメージした深みと明るさのあるネクスコグリーン、NEXCO中日本は中部日本エリアの活発な賑わいをイメージした力強く生き生きとしたネクスコオレンジ、NEXCO西日本は西日本・南日本の海と空の明るさをイメージした、鮮やかで清澄感のある青色を採用している。

各社のブランドカラー(コーポレートカラー)は三原色とほぼ対応しているが、それぞれの営業エリアが大ざっぱに共通するJRグループ各社とも似たものが使用されている。例えば、NEXCO東日本のコーポレートカラーは、同社の営業エリアの多くが共通するJR東日本およびJR北海道のコーポレートカラーと同じ緑である(ただし、色の濃さで言えば、JR東日本のものに近い)。NEXCO中日本のコーポレートカラーは、同じく同社の営業エリアの多くが共通するJR東海のコーポレートカラーと同じオレンジ色、NEXCO西日本のコーポレートカラーは、同じく同社の営業エリアの多くが共通するJR西日本およびJR四国のコーポレートカラーと同じ青である(ただし、色の濃さで言えば、JR四国のものに近い)。なお、九州北陸など、このことには当てはまらない地域も存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]