クッパファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオシリーズ > キャラクター > クッパファミリー

クッパファミリーは、マリオシリーズゲームキャラクタークッパの家族とされているキャラクター群。

一連のマリオシリーズにおいて登場したクッパの血族とされており、おもにマリオに敵対するクッパのサポートをする場合が多い。個別記事があるものは、その項目を参照。

クッパ[編集]

クッパファミリーの長およびカメ族の首領。

クッパアオ(青クッパ)[編集]

ファミリーコンピュータ ディスクシステム版『スーパーマリオブラザーズ2』のW8-4・W9-3・WD-4に登場するクッパの色違いキャラクター[1]。ステージの終盤で通常のクッパの前に登場する。色以外は本来のクッパと同じだが、炎は吐かない。この青いクッパを指して攻略本などに「クッパの兄弟」と書かれていたこともあるが、これは公式設定ではない。ファイアボールで倒した場合、W8-4とW9-3のものはそのままの姿だが、WD-4のはトゲゾーになる。ただし、WD-4では最後に登場するクッパもトゲゾーになる。なお、前作『スーパーマリオブラザーズ』においても、同じ配色のクッパを見る事ができる(クッパの手前の窪みの一番前方で待つ)。

スーパーファミコンでリメイクされた『スーパーマリオコレクション』では、原作でこの青いクッパが出現していた場所でも、通常と同じ緑色のクッパが登場する。また、WD-4のクッパの正体は両方ともクッパそのものに変更された。

スーパーファミコン版『ヨッシーのクッキー』に、ルイージ・赤ヨッシー・デイジーと共に隠しキャラクターとして登場するものの、クッパとの関連性については触れられることはなく、これ以降の作品には全く登場しない。『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のキャラクター選択時、クッパの色を青系統のものに変更すれば、それらしい物を再現できる。

コクッパ[編集]

スーパーマリオブラザーズ3』で初登場した、クッパ軍団に所属する子供のカメ族達。当初はクッパの子供達とされていたが、後年の設定では部下として扱われている。

ミニクッパ[編集]

マリオパーティシリーズ』で登場したクッパの分身たち。英語名は「Koopa Kid」だが、クッパ本人が創り出した小型の分身であるため、クッパの子供ではない。

クッパ Jr.[編集]

スーパーマリオサンシャイン』で突如登場した、新たなクッパの息子。この作品以降、父親であるクッパの悪事に加担するというスタイルが定着した。また各パーティゲームシリーズでも登場し、幅広い活躍を見せている。

脚注[編集]

  1. ^ 元々は、『スーパーマリオブラザーズ』にて画面スクロールを利用してクッパの色が通常の緑から青へ一時的に変化するという裏技があり、それを『2』で正式な仕様として取り入れたものとなっている。