エドガー・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エドガー・サリヴァン
出身地 日本の旗 東京都文京区江戸川橋
ジャンル J-POP
テクノポップ
オルタナティヴ
ブラックミュージック
ヒップホップ
活動期間 2015年5月19日 -
事務所 アミューズ
共同作業者 箭内道彦
公式サイト エドガー・サリヴァン 公式サイト
メンバー 佐々木萌(ボーカル
坂本遥(ギター
高木祥太(ベース
旧メンバー 篠原佑太(ドラム
2015年5月19日 - 2016年4月5日
友田ジュン(キーボード
(2015年5月19日 - 2016年4月5日)
フジファブリック
オルタナティヴ
ブラックミュージック

エドガー・サリヴァン(EDOGA-SULLIVAN)は、東京都出身の音楽ユニット

概要[編集]

[1][2][3]

  • バンド名の由来は、3人が出逢った頃に練習をしていた音楽スタジオが有楽町線 江戸川橋駅近くだったことと、米バラエティ番組「エド・サリヴァン・ショー」のようなエンターテイメントや感動を創って届けたいという想いから、その司会者である「エド・サリヴァン」の名前と「エドガワ」をかけて「エドガー・サリヴァン」と名付けたこと。
  • 佐々木以外のメンバーは、元々は佐々木のソロ活動のサポートメンバーであり、そこから現在へと発展[4]
  • 全員が曲を作り、アレンジも手がける[5]
  • ドン・キホーテが手掛けるプライベートブランド「RESTORATION」とのコラボレーションにて、カタログ、ムービーの出演だけではなく、テーマソング「ミラクルショッピング」をリアレンジ。

来歴[編集]

[1][2][6]

2015年

  • 5月19日、別々の分野で音楽活動をしてきたメンバー5人が、東京の江戸川橋で出会い「エドガー・サリヴァン」を結成し、渋谷で活動開始。
  • 11月22日、自主制作盤「あなたに恋をするe.p.」を発売し、500枚近くを完売。

2016年

  • 4月5日、Dr 篠原、Key 友田が「青山月見ル君想フ」でのライブを最後に脱退し、3人での活動を開始。
  • 2016年6月 - 2017年2月、4作に渡り制作・公開された映画「教科書にないッ!!」の主題歌を、全作において担当。箭内道彦の目に留まり、立ち上げたコミュニティーFM「渋谷のラジオ」に新人にしてレギュラーパーソナリティーとして選出される。

2017年

  • 9月上旬、ドン・キホーテのテーマソング「ミラクルショッピング」をリアレンジし、店内放送に起用。
  • 10月3日より、渋谷LUSHにて4週連続で対バンLIVEを繰り広げる企画「エドガー・サリヴァン Presents “Music Harvest Festival” ~渋谷の秋、音楽大収穫祭~ supported by 渋谷のラジオ」の開催も決定。

メンバー[編集]

[2][7][8][9]

佐々木 萌(ささき もえ、1994年3月13日北海道札幌市

  • ボーカル、作詞作曲担当。
  • 好きなミュージシャンはフジファブリック
  • ハナマサニッシンが好物。
  • 大学入学で上京し、日々の物足りなさを埋めるため音楽活動を開始。
  • Tシャツブランド undetroze(アンデトローゼ)のモデル。
  • ピアノの他、ギター演奏も可能であり、YouTubeに弾き語り動画を投稿している[10]
  • 唯一の女性メンバー。

坂本 遥(さかもと はるか、1994年2月21日神奈川県横浜市

高木 祥太(たかぎ しょうた、1995年2月20日、神奈川県横浜市)

  • ベース担当。
  • 最年少メンバーであり2人より1学年下にあたるメンバー。
  • 影響を受けた音楽はブラックミュージック
  • 無礼メン、カルピスソーダのCM内の架空ユニット ソーダーズのベース担当。
  • 高校2年生時にベースを始め、2012年度のベースコンテスト「亀田杯」にてファイナリストへ進出。

旧メンバー[編集]

篠原 佑太(しのはら ゆうた)

  • ドラム担当。
  • 2015年5月19日 - 2016年4月5日在籍。2016年4月5日、「青山月見ル君想フ」でのライブを最後に脱退。

友田 ジュン(ともだ じゅん)

  • キーボード担当。
  • 2015年5月19日 - 2016年4月5日在籍。2016年4月5日、「青山月見ル君想フ」でのライブを最後に脱退。

作品[編集]

インディーズ[編集]

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル 収録曲 備考
2nd 2015年11月22日 あなたに恋をするe.p. 自主制作。

メジャー[編集]

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 レーベル 収録曲 備考
1st 2016年11月9日 トーキョー・ネイチャー HPP-1004 Here,play pop!
2nd 2017年9月27日 Fight at Tokio GTCG-0683 アミューズ
3rd 2018年5月30日 JAPONICA!!! GTCG-0703 アミューズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b エドガー・サリヴァン” (日本語). エドガー・サリヴァン. 2018年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c 60秒で分かるエドガー・サリヴァンの紹介!!” (日本語). kamikudarock.com. 2018年6月8日閲覧。
  3. ^ アミューズモバイル” (日本語). アミューズモバイル. 2018年6月8日閲覧。
  4. ^ “注目度大爆発のエドガー・サリヴァン 憂いを帯びた声をのせたテクニカルなポップスを奏でる3人組に直撃 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. https://spice.eplus.jp/articles/198071 2018年8月1日閲覧。 
  5. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “新世代音楽ユニット、エドガー・サリヴァンの切実な音|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. https://style.nikkei.com/article/DGXMZO13969870R10C17A3000000 2018年8月1日閲覧。 
  6. ^ “エドガー・サリヴァン on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/EDOGA_SULLIVAN/status/714800227765489664 2018年6月8日閲覧。 
  7. ^ 肉のハナマサとNISSINと音楽が好きなタイプの佐々木萌さん(@skmoeee) • Instagram写真と動画” (日本語). www.instagram.com. 2018年6月8日閲覧。
  8. ^ さかもとはるかさん(@retrock_haruka) • Instagram写真と動画” (日本語). www.instagram.com. 2018年6月8日閲覧。
  9. ^ Shorter Takagiさん(@shortakagi) • Instagram写真と動画” (日本語). www.instagram.com. 2018年6月8日閲覧。
  10. ^ SasakiMoe SP” (日本語). YouTube. 2018年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]