エウリュメドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エウリュメドーン古希: Εὐρυμέδων, Eurymedōn)は、ギリシア神話巨人、あるいは人物である。長母音を省略してエウリュメドンとも表記される。「広く支配する者」という意味で、神話学者カール・ケレーニイは「海の支配者」と解釈している[1]

ほか数人が知られている。以下に順に説明する。

ギガースの王[編集]

エウリュメドーンはギガースの王で、ペリボイアの父。ペリボイアはポセイドーンとの間にパイアーケス人初代の王ナウシトオスを生んだ。エウリュメドーンは自身の傲慢さによって滅ぼされた[2]

アレクサンドリアの詩人エウポリオンは、エウリュメドーンが結婚前のヘーラーを犯し、ヘーラーはプロメーテウスを生んだという異説を伝えている[3]

ミーノースの子[編集]

この人物はクレータ島の王ミーノースとニュムペーのパレイアの子で、ネーパリオーン、クリューセース、ピロラーオスと兄弟[4]

エウリュメドーンとその兄弟はパロス島の住人だったが、彼らはヘーラクレースアマゾーンの女王ヒッポリュテーを取りに行く途中で島に立ち寄ったとき、その乗組員のうちの2人を殺してしまった。そのためヘーラクレースは彼らを殺し、町を包囲した。人々はヘーラクレースに願い出て、殺された者の代わりに島の人間を誰でも2人選ぶよう求めた。そこでヘーラクレースは怒りを解き、ミーノースの子アンドロゲオースの子アルカイオスステネロスを選んで船出した[5]

アガメムノーンの御者[編集]

この人物はミュケーナイの王アガメムノーンの御者。ペイライオスの孫で、プトレマイオスの子。アガメムノーンに従ってトロイア戦争に参加したが[6]、帰国後、アイギストスに殺された。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ギリシアの神話 神々の時代』p.50。
  2. ^ 『オデュッセイア』第7巻。
  3. ^ 『イーリアス』14巻295行への古註(カール・ケレーニイ『プロメテウス』p.61、99)。
  4. ^ アポロドーロス、3巻1・2。
  5. ^ アポロドーロス、2巻5・9。
  6. ^ 『イーリアス』4巻。
  7. ^ ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』4巻1514行。
  8. ^ ヒュギーヌス、14。

参考文献[編集]