アーチェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
洋弓から転送)
移動: 案内検索
アーチェリー

アーチェリー (Archery) はを射、標的を狙う射撃競技である。日本語では「洋弓」と呼ぶことで「和弓」と区別することもある。

弓の形態と種類[編集]

リカーブボウ
オリンピック競技に使用されている弓。日本で最も普及している。大きく分けて「ワンピースボウ」(ハンドル・リムが一体の弓)と「テイクダウンボウ」(ハンドルとリムが別の部品の弓)の2つに分かれる。現在は「テイクダウンボウ」が主流。弓の構成は主に、ハンドル、リム、スタビライザー(弓の振動を除去し、安定させる棒)サイト(照準器)からなっている。
ベアボウ
リカーブボウと使用する弓は同じだが、弓の構成パーツがハンドル、リムだけと限られている。厳密には一定の直径の穴を弦を張らない弓が通り抜けられればよいので、小さな錘をハンドルにつけることは許されている。
コンパウンドボウ
世界的に見て最も普及している弓。滑車を用いた構造で、ドローイング中(弦を引いている途中)はリカーブボウ同様に重いが、フルドローに近づくにつれて荷重が減りフルドロー時には表示されているポンド数の半分から30%にまで引きが軽くなる。よってエイミング中(的を狙っている途中)の負荷が軽いためより精度の高いエイミングを行うことができる。このため、リカーブよりも強い弓を使う選手が多い。また、リリーサーという道具でリリース(矢の発射)を行うため、リリースが機械的に安定しておりリカーブボウに比べて的中精度は高い。映画『ランボー』シリーズ内でジョン・ランボーが使用しているのもコンパウンドボウである。

射法[編集]

1本の矢を射る一連の動作を分解して理解する方法は何通りかあるが、例えば全日本アーチェリー連盟では以下のように8節に分けている。

  1. Stance スタンス(足踏み)
  2. Set セット(胴造り)
  3. Nocking ノッキング(矢つがえ)
  4. Set up セットアップ(打ちおこし)
  5. Drawing ドローイング(引き分け)
  6. Full Draw フルドロー (会)
  7. Release リリース(離れ)
  8. Follow Through フォロースルー(残身(残心とも))

これらは、弓道の射法八節を参考としている。

アメリカなどではハンティングがメインのため、特に精神統一をするといった考え方はいっさいない。 そのため、自由なフォームやテンポで打つ人が多い。 たとえば、精度だけではなく、連射がうまかったり、歩きながら狙い撃つなどである。 特にトレディッショナルと呼ばれるタイプのアーチャーには驚くほど雑なフォームでありながら高精度で打てる人もいる。

競技形態[編集]

アーチェリーは非常に多くの競技形態がある。日本では、主に「アウトドアターゲットアーチェリー」「フィールドアーチェリー」「インドアアーチェリー」の3つが盛んである。その他にも「スキーアーチェリー(ランアーチェリー)」もある(1964年夏季オリンピック種目にも選ばれ、1972年ミュンヘンオリンピックから実施された)。

以下に、日本で盛んに行われている競技に関して、距離別に概要をまとめる。

インドアアーチェリー[編集]

インドアアーチェリーは室内体育館などで行うターゲットアーチェリーのことで、冬季に盛んに行われる。距離は18mがあり、使用する的は直径40cmのターゲットまたは5点以下をカットし縦に3つ並べた3スポットターゲットの的を用いる。競技者は30射ないし60射弓を射ち、総合得点(満点は60射で600点)で勝敗を競う。的が小さく、太い矢を利用した方が高得点を取り易い傾向があるため、多くの人が専用の太いアルミ製の矢を使用する。

50m、30m[編集]

多くの大学において普段取り入れられている練習形態、及び試合形式がこの50m、30m競技である。この競技では各距離において36射、合計72射(つまり満点は720点)してその総合得点で勝敗を決める。試合形式としては個人戦と団体戦があり、団体戦は大学の場合4~8人からなるチームレギュラーが相手チームと競技を行い、その総合得点が高い方が勝利となる。レギュラーの規定人数は各地区ごとに異なる。

1440ラウンド(シングルラウンド)[編集]

シングルラウンドは過去にオリンピックや全日本選手権、インカレなど大きな競技会において予選として利用された競技方式であり、男子は90,70,50,30mの各距離から女子は70,60,50,30mの各距離からそれぞれ36射し合計144射(1440点満点)で争われる競技である。

70mW/50mW[編集]

70mW(ダブル)/50mW(ダブル)はインターハイや国体などの競技会において予選として採用されている競技方式であり、リカーブは70mを72射し、コンパウンドは50mを72射して、その合計点により、決勝ラウンドのランキングを行う。2013年の世界アーチェリーの決議に基づき、2014年以降はこの形式が最も基本的なアウトドアターゲットアーチェリーのフォーマットとなった。

オリンピックラウンド[編集]

ほぼすべてのメジャーな競技会において決勝ラウンドとして行われる試合形式。選手2人(男女別々)が交互に的に向かって70mから12射し、その合計点数で勝者を決定する。1射につき各選手30秒の持ち時間がありその時間内に矢を射る必要がある。

フィールドアーチェリー[編集]

3Dアーチェリー(作り物の熊の形の的を狙っている)

フィールドアーチェリーは上記の4タイプとは大分競技の趣が異なり、山や野原に設置されている的に向かって矢をうち、ゴルフのように各ポストを回って最後に総合計を競う競技である。社会人を中心に多くの競技者がいる。この競技にはマークドとアンマークドと呼ばれる2タイプが存在し、マークドではシューティングラインから的までの射距離が表示されているのに対し、アンマークドでは未表示であり自分の目測で距離を算定し照準を調整しなければならない。レンジファインダーなどの測距機器を使用することはルール違反である(もっとも競技の始まる前に弓具チェックがなされ、レンジファインダーが見つかった場合は一時的に没収される)。

さらに、さほど普及していない競技ではあるが、以下のものもある。

3Dアーチェリー[編集]

的が発泡スチロールなどでできた鹿や熊などの哺乳類の形をしており、バイタルパート(急所)に近いほど高い点が得られるフィールド競技。これは的が立体なため「3Dアーチェリー」と呼ばれる。

スキーアーチェリー[編集]

クロスカントリースキーとアーチェリーの複合競技。バイアスロンのアーチェリー版といえるため「アーチェリーバイアスロン」という呼び名もある。選手は試合中にスキー板を取り除くことを禁止されており、行射地点で弓を使うときに板と靴の固定は外すが、その際もかならず体のどこかにスキー板が触れていなければならない。使用する的は直径16cmで、この的を18mの距離から狙う。

スキーアーチェリーは、銃規制が厳しい国の人間にとって、参加のハードルが低くなるため、日本においても少数ながら大会が開かれている。

夏季にはランニングとアーチェリーの複合競技である「アーカスロン」という競技も存在し、これも「ランニングバイアスロン」のアーチェリー版といえる。

フライトアーチェリー[編集]

合計6射で最大飛距離を競う競技。他の競技と異なり的を使用しないため、正確性を必要としない。また、この競技を行うには広い射場が必要になるため、射場は飛行場のような場所に限られる。

ホースバックアーチェリー[編集]

流鏑馬のように、走っている馬に騎乗した状態で的に当てる競技。モンゴルなど騎馬の伝統がある国で盛んである。日本でも練習できる場所があり[1]、大会が開かれたこともある[2]

日本での歴史[編集]

もともと、イギリスやアメリカではポピュラーなスポーツである。かつて、日本ではあまり知られておらず全日本弓道連盟によって「洋弓部」として管轄されていた時代がある。現在でも、日本ではアーチェリーよりも弓道の方が競技人口が多い。

著名なアーチェリー選手[編集]

男子[編集]

経験者

女子[編集]

メーカー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NPO法人 国際ホースバックアーチェリー協会
  2. ^ 青森 やぶさめの国際大会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]