蝶花楼桃花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春風亭ぴっかりから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
蝶花楼ちょうかろう 桃花ももか
蝶花楼(ちょうかろう) 桃花(ももか)
本名 高橋たかはし 由佳ゆか
別名 光(輝美男五での名前)
生年月日 (1981-05-13) 1981年5月13日(41歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 春風亭小朝
名跡 1. 春風亭ぽっぽ
(2007年 - 2011年)
2. 春風亭ぴっかり☆
(2011年 - 2022年)
3. 蝶花楼桃花
(2022年 - )
出囃子 仙桃
活動期間 2006年 -
所属 落語協会
東宝芸能(マネジメント)
公式サイト 公式サイト
受賞歴
2012年NHK新人演芸大賞(落語部門)決勝進出
2016年NHK新人落語大賞決勝進出
2020年NHK新人落語大賞決勝進出
2021年:浅草芸能大賞新人賞[1]

蝶花楼 桃花(ちょうかろう ももか、1981年5月13日 - )は、落語家。本名∶高橋 由佳東京都出身、所属事務所は東宝芸能出囃子は「仙桃」。

経歴[編集]

実践学園高等学校卒業後に幼少時代から好きなミュージカルの勉強のため、尚美学園系列の専門学校尚美ミュージックカレッジ専門学校に入学。卒業後は舞台女優を目指し、演劇倶楽部『座』に研究生として在籍、女優として活動していた。その研究生時代にカリキュラムの講師として来ていた落語家・鈴々舎馬桜の講義で古典芸能、落語にふれ、本格的に落語の世界を目指すべく春風亭小朝に入門した。前座名は「ぽっぽ」。由来は入門日の11月11日第一次世界大戦休戦記念日だったので平和の象徴である鳩から。初ネタは2007年2月11日、沼津で開催された「小朝・正蔵二人会」での「狸の札」。寄席での初高座は新宿末廣亭での「平林」。

2011年(平成23年)11月、二ツ目に昇進し「ぴっかり☆」と改名。二ツ目の高座名「ぴっかり☆」の由来は二ツ目昇進日の11月1日灯台記念日であることから。なお、名前は末尾に☆マーク(読みはない)が入るのが正式な表記であるが、これは寄席文字に無いため、定席めくりには表記されない。

前座の時のヘアスタイルはボブだったが、二ツ目になると同時にカーリーボブに変更。真打昇進と同時に、ストレートボブに戻している。

2018年、演芸男装ユニット「輝美男五」[2]に参加。ユニット内での男装キャラクターの名前は「光」(芸名から)。

2022年3月下席より三遊亭律歌柳家風柳林家はな平と共に真打に昇進、「蝶花楼桃花ちょうかろうももか」に改名した[3][4][5][6][7]。「蝶花楼」の亭号を名乗る噺家[注釈 1]は2019年3月に七代目蝶花楼馬楽が死去して以来いなかったが、3年ぶりの亭号復活となる[8]。3月21日の鈴本演芸場での真打昇進披露興行の大初日にはネタ下ろしとなる「天下一うかれの屑より」を演目に選んでいる[9]

人物[編集]

中村倫也の熱狂的なファン。

小さい頃はミュージカルが好きで宝塚の涼風真世のファン。弟子入り前の24歳の時にAKB48のオーディション(第1期)に7歳サバ読みで応募し、最終審査まで残ったが、秋元康に実年齢を見抜かれて不合格[10][11][12][13]。また、2014年に行われた「大人AKB48 オーディション」を受験し、最終審査まで進出している[14]

その縁もあり、師匠の小朝がプロデュースしたAKB48の著名人公演「イヴはアダムの肋骨」の演目「南京玉すだれ」の指導をメンバーに行っている[15]

芸歴[編集]

出囃子[編集]

メディア[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

インターネット放送[編集]

イベント[編集]

  • 週プレ酒場ならではの女流落語会(2017年、歌舞伎町・週プレ酒場)[19]

ダウンロード・シングル[編集]

  • Fly High~桃色の花を~(2022年3月21日)[20]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小朝の師匠・五代目柳朝彦六が五代目蝶花楼馬楽を名乗っていた時期に入門したため、前座名が「蝶花楼小照」であった。

出典[編集]

  1. ^ 第38回浅草芸能大賞 新人賞 春風亭 ぴっかり☆さん(落語家)”. 公益財団法人台東区芸術文化財団 (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  2. ^ 輝美男五”. 2020年10月11日閲覧。
  3. ^ 令和4年 春 真打昇進決定 - 一般社団法人 落語協会 2021年5月1日
  4. ^ a b 令和4年 春 真打昇進襲名披露興行”. 一般社団法人落語協会 (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。
  5. ^ 寄席のオオタニサン、大人AKB最終選考…落語協会新真打ちは個性派ぞろい 来月から披露興行」『日刊スポーツ』、2022年2月21日。2022年3月12日閲覧。
  6. ^ 柳家風柳「江戸と上方の二刀流で寄席の大谷さん目指す」」『サンスポ』、2022年2月21日。2022年3月12日閲覧。
  7. ^ それぞれ重ならない方向性…新真打4人が運ぶ〝新しい春〟」『夕刊フジ』、2022年2月28日。2022年3月12日閲覧。
  8. ^ 春風亭ぴっかり☆真打ち昇進で「蝶花楼桃花」に改名 命名は師匠小朝 - 日刊スポーツ 2021年9月27日
  9. ^ 春風亭ぴっかり☆改め蝶花楼桃花が真打昇進披露興行 口上では師匠・小朝が涙の祝福 - サンスポ 2022年3月21日
  10. ^ 2010年7月21日放送の「AKBINGO!」で春風亭小朝が発言。
  11. ^ 春風亭ぴっかり☆10日連続公演に挑戦 日刊スポーツ2013年5月10日
  12. ^ 女性落語家、輝き満開 アイドル・会社勤めをネタに 朝日新聞2016年10月18日(東京本社版夕刊1面)
  13. ^ AKB不合格・OL経験…観客沸かす女性落語家たち 朝日新聞2016年10月24日(18日付け記事の公開部分拡大版)
  14. ^ 春風亭ぴっかり「見事!散りましたぁあ」 - 日刊スポーツ 2014年4月15日
  15. ^ AKB“小朝選抜”が特別公演初日 南京玉すだれ、アカペラも披露
  16. ^ 令和4年 春 真打昇進決定 - 一般社団法人 落語協会 2021年5月1日
  17. ^ “春風亭ぴっかり☆改め「蝶花楼桃花」来年3月真打ち昇進「重み感じながら精進」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年9月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/09/28/0014714802.shtml 2021年9月28日閲覧。 
  18. ^ 【夜桜亭日記】第1回、春風亭ぴっかりさんと国本はる乃さんをお招きしました![桜H27/6/27] - YouTube
  19. ^ 評判の女流落語家3名が週プレ酒場に! 談志に男と間違われ、元アイドル候補生、ピンク落語…三者三様の個性がキラリ☆”. 週プレNEWS (2017年8月8日). 2017年10月25日閲覧。
  20. ^ @s_ppikari. "3/21に先行配信、蝶花楼桃花のデビューシングル『Fly High~桃色の花を~』" (ツイート). Twitterより2022年3月23日閲覧

外部リンク[編集]