ふくだみゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふくだ みゆき
ふくだ みゆき
2018年9月、K's cinemaにて
別名義 福田 美由紀
生年月日 (1987-10-13) 1987年10月13日(31歳)
出身地 日本の旗 日本 群馬県前橋市
血液型 B型
職業 映画監督
ジャンル アニメ映画実写映画
活動期間 2010年 -
配偶者 上田慎一郎
公式サイト ふくだみゆきごと。
主な作品
アニメ映画
こんぷれっくす×コンプレックス

ふくだ みゆき1987年10月13日[1] - )は、日本映画監督Flashアニメーション作家、イラストレーター美術監督群馬県前橋市出身[2]。夫は同じく映画監督の上田慎一郎[3][4]

経歴[編集]

前橋市立前橋高等学校[5]金沢学院大学美術文化学部情報デザイン学科卒業[6]。大学時代から実写映画の制作に取り組もうとするが撮り方が分からず[7]、絵が描けたことからアニメ制作を開始し[8]NHKデジタル・スタジアム』で短編アニメ作品がセレクション入りを果たすなど評価される[6]

大学卒業後の2010年3月に映画監督を目指して上京し、フリーの映像クリエイターとしてアニメーションイラストを中心に活動を開始[9]。同年10月、「Short Film Festa Nippon 2010」の授賞式で同映画祭のプロデューサーを務めていた上田慎一郎に出会い、実写映画の勉強のため、上田が立ち上げていた映画製作団体「PANPOKOPINA」に参加[10][11]。同団体では主に美術スタッフとして活動。

2013年に「PANPOKOPINA」での自身初の監督作かつ自身初の中編実写映画『マシュマロ×ぺいん』を制作[8]。この映画より平仮名表記のふくだみゆき名義を使用している[注 1]。同作は国内の映画祭で5冠を受賞[8][注 2]2017年には吉本興業の「地域発信型映画」として地元の前橋市を舞台に中編実写映画2作目『耳かきランデブー』を制作し[2]、第9回沖縄国際映画祭で上映された[18]

前述の『マシュマロ×ぺいん』が「横濱HAPPY MUS!C映画祭」で評価され、ガチンコ・フィルムの上映支援・制作支援候補になり[19][20]2014年、およそ5年ぶりに自主制作アニメ『こんぷれっくす×コンプレックス』に着手[8][21]。同作は2015年に完成し、ガチンコ・フィルム主催の「横濱キネマ・カーニバル 其の弐」にて上映[22]。その後、同作が国内の映画祭で様々な賞を受賞したことから、2017年下北沢トリウッド第七藝術劇場で監督作初の劇場公開を果たす[23][24]2018年には同作が毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞[25][注 3]。自主制作の作品の同賞受賞は史上初の快挙だった[27]。同賞の受賞をもって、同年にも再度劇場公開を果たしている[28][29]

2018年の夏に夫の上田慎一郎の監督映画『カメラを止めるな!』がヒットしたことも手伝い、上田の作品との同時上映で『耳かきランデブー』[30]と『こんぷれっくす×コンプレックス』[31]の2作品が同年10月から監督作初の全国公開となった。

人物[編集]

幼少期から絵を描くことが好きだったという[8]。関わった映像作品ではキャストの似顔絵などのイラストを描き、制作陣の士気を高めるのに手伝っている[3][32]。映像作品外では、自身の結婚式の際には来場者100名超の似顔絵を描き切っていたり[33]、一時期には一般の人からも似顔絵の依頼を受け付けていたりもしていた[34]

かつては「東京女子エロ画祭[35][36]や「無差別級紙芝居[37][38]などのイベントに積極的に参加しており、「思春期男子のとマインド」をテーマにした作風を特徴とした[39]。映像作品では『失恋』『こんぷれっくす×コンプレックス』『耳かきランデブー』といったフェチシズムを持った女性を登場させる作品が多く、そのフェチシズムについてシリアスにはさせずポップに描く[10]。なお、ふくだ自身も毛フェチである[24][40][41]。アニメーション制作はAdobe Flashを使用し[9]、先に録音したセリフに合わせて映像を作るプレスコアリング手法をとることがほとんど[24]。大学時代は人物はイラストで背景には写真を用いる手法を好んだ[9]。ふくだ本人曰く、ずぼらで気持ちにムラがあるため、監督作はたまにしか作らないという[42]

2018年9月、『こんぷれっくす×コンプレックス』の舞台挨拶に登壇するふくだと夫の上田慎一郎(右)

「PANPOKOPINA」が一時休止状態となった2011年4月から上田慎一郎と交際を始め[10]2014年12月12日に結婚[43]。上田のブログにあるいかだ漂流事件の記事を見たことが交際のきっかけだったとインタビューなどで語っている[10]2017年には長男が誕生。なお、長男は生後3ヶ月にして映画『カメラを止めるな!』に出演している[44]。上田の作品にも妻として大きく関わっており、脚本のダメ出しなども忌憚なく述べる[44][45]。また、上田のメンタルケアにも一躍買っているという[45]

2015年頃には『こんぷれっくす×コンプレックス』が夫の上田監督作『テイク8』とともに国内の映画祭で同時受賞することが複数回あり、インディペンデント映画界では夫婦監督として知られた存在だった[46][47]映画活動家松崎まことは、当時は上田よりもふくだの方が才能があると評していたと語り[48]、ふくだ自身も上田より先に売れると思っていたと語っている[10]。また、『耳かきランデブー』出演の山本博ロバート)からは「スゴイ才能の持ち主」と絶賛され[49]、同作以外の『こんぷれっくす×コンプレックス』[50]や夫の上田の監督作『カメラを止めるな![51]のトークイベントのゲストを請け負うなど、夫婦ともども評価されている。

ハロー!プロジェクトのファンで、中でもBerryz工房の大ファン[40]。映画監督を目指し始めたころは同グループのミュージック・ビデオ監督を務めることが夢の一つだったという[52]嗣永桃子の芸能界引退後は、Berryz工房のメンバーにも届くくらいの魅力的な作品を作ることが夢になっている[53]

好きな食べ物はかぼちゃ[54]

作品[編集]

Flashアニメ[編集]

短編映画[編集]

イラスト[編集]

  • Kindle小説「生罪〜名も呼ばれぬ妹へ〜」(作:川崎僚) - 表紙イラスト[56]

紙芝居[編集]

  • はみぱん。(2011年)
    • 2011年11月26日「無差別級紙芝居の夜明け」で披露[57]
  • デビュー☆(2012年)
    • 2012年8月12日「無差別級紙芝居のフェス」で披露[38]

他、「無差別級紙芝居の宴」や「ロックvs紙芝居」にも参加しているが作品名は不明[37]

その他[編集]

  • ミュージック・ビデオ 北村瞳「こんぷれっくす」(2016年)[58]
  • 厚生労働省職業安定局 若者雇用促進総合サイト PR動画(2018年)[59]
    • 新卒応援ハローワークPR動画「新卒応援ハローワークへ行こう!」
    • 中小企業等担い手育成支援事業PR動画「中小企業等担い手育成支援事業のご紹介」

参加作品[編集]

映画(参加作品)[編集]

短編映画(参加作品)[編集]

その他(参加作品)[編集]

  • ミュージック・ビデオ ill hiss clover「SOS」(2014年、監督:上田慎一郎)
  • そごう川口店 26周年記念 オリジナルショートムービー「Musical 魔法の城のメグミちゃん」(2017年、監督:角川裕明) - イラスト[61]

出演[編集]

映画(出演)[編集]

短編映画(出演)[編集]

  • プレイバック・プレイボール(2011年、監督:南翔也) - 学生 / 片野(声) 役
  • 恋する小説家(2011年、監督:上田慎一郎) - アパレル店員 役

テレビ番組[編集]

DVD[編集]

  • 無差別級紙芝居のフェス(2013年) 紙芝居「デビュー☆」を披露[63]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ キャスト募集時点では「福田美由紀」名義だが[12]、公開後には「ふくだみゆき」名義としている[13]
  2. ^ 以下の5冠。また、この他にキネマ旬報の2015年文化映画第30位に選出されている。
    • 「映文連アワード2014」パーソナル・コミュニケーション部門優秀賞[14]
    • 「第17回うえだ城下町映画祭 第11回自主制作映画コンテスト」審査員賞(柘植靖司賞)[15]
    • 「P-LABO映画祭2013」最優秀脚本賞・最優秀女優賞(富永茜[16]
    • 「第1回TOKYO月イチ映画祭」グランプリ[17]
  3. ^ 『こんぷれっくす×コンプレックス』の2015年の公開は僅かに限られており、2017年の2館の劇場公開をもって2017年度の表彰対象となった[26]

出典[編集]

  1. ^ 「こんぷれっくす×コンプレックス」公式 [@wakigeanime_cc] (2018-10-13). "本日は我らがふくだみゆき監督のお誕生日です!おめでとうございます!" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  2. ^ a b “前橋舞台の短編映画 「ロバート」山本さん(邑楽出身)出演 4月に沖縄で上映 吉本興業”. きたかんナビ. 上毛新聞. (2017年1月12日). http://kitakan-navi.jp/archives/17770 2018年10月13日閲覧。 
  3. ^ a b “「カメラを止めるな!」上田慎一郎監督&ふくだみゆき夫妻、超コアな観客とQ&A”. 映画.com. (2018年10月10日). https://eiga.com/news/20181011/3/ 2018年10月13日閲覧。 
  4. ^ a b “「カメ止め」上田慎一郎に「深イイ話」がTV初密着、高校時代の自主映画もOA”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月30日). https://natalie.mu/eiga/news/301622 2018年10月4日閲覧。 
  5. ^ 自己紹介”. ふくだみゆきごと。. 2018年10月3日閲覧。
  6. ^ a b 合格者の皆様へ”. 金沢学院大学 メディアデザイン学科. 2018年10月3日閲覧。
  7. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2018-03-31). "私はアニメ監督のイメージが強い方も多いかと思うのですが、実写も撮ります。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  8. ^ a b c d e f ふくだ みゆき”. あしたのSHOW. TOKYO MX. 2018年10月4日閲覧。
  9. ^ a b c 福田美由紀さんのポートフォリオ”. グラフィカルジョブ. 2018年10月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e 上田慎一郎; ふくだみゆき (2018年9月9日). 「カメラを止めるな!」上田慎一郎&ふくだみゆき 世界一ホットな“夫婦監督”に聞いた創作と2人のヒミツ. インタビュアー:竹内みちまろ. FRIDAYデジタル GOLD.. https://friday.kodansha.ne.jp/sn/u/other/105372 2018年10月13日閲覧。 
  11. ^ ふくだみゆき; 上田慎一郎 (2017年4月14日). ワキ毛×青春の短編アニメ『こんぷれっくす×コンプレックス』ふくだみゆき監督&上田慎一郎PDインタビュー!. (インタビュー). おたぽる.. http://otapol.jp/2017/04/post-10289_2.html 2018年10月13日閲覧。 
  12. ^ 上田慎一郎 (2012年10月8日). “短編映画「マシュマロ×ぺいん」出演者大募集!”. push your back. 2018年10月13日閲覧。
  13. ^ 上田慎一郎 (2013年4月27日). “上映情報! 中之島映画祭、P-LABO映画祭2013”. push your back. 2018年10月13日閲覧。
  14. ^ 映文連アワード2014受賞作決定!”. 映文連アワード2014. 2018年10月13日閲覧。
  15. ^ 第17回うえだ城下町映画祭”. 2018年10月13日閲覧。
  16. ^ P-LABO FILMFES 2013”. 2018年10月13日閲覧。
  17. ^ 『第1回TOKYO月イチ映画祭』結果発表”. 短編映画は面白い!TOKYO月イチ映画祭 (2013年8月8日). 2018年10月13日閲覧。
  18. ^ 4月23日(日) | スケジュール”. 島ぜんぶでおーきな祭 -第9回沖縄国際映画祭-. 2018年10月13日閲覧。
  19. ^ コンペティション”. 横濱HAPPY MUS!C映画祭. 2018年10月13日閲覧。
  20. ^ 映画制作支援”. 横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル. 2018年10月13日閲覧。
  21. ^ ふくだみゆき (2014年3月2日). “新作アニメーション作品『こんぷれっくす(仮)』キャスト募集!”. 毛が好き。。. 2018年10月13日閲覧。
  22. ^ インディペンデント映画フェスティバル キネマ・カーニバル”. ガチンコ・フィルム. 2018年10月13日閲覧。
  23. ^ “ワキ毛青春アニメ「こんぷれっくす×コンプレックス」 2月4日よりロードショー”. アニメ!アニメ!. (2016年12月14日). https://animeanime.jp/article/2016/12/24/31905.html 2018年10月13日閲覧。 
  24. ^ a b c ふくだみゆき; 上田慎一郎 (2017年4月14日). ワキ毛×青春の短編アニメ『こんぷれっくす×コンプレックス』ふくだみゆき監督&上田慎一郎PDインタビュー!. (インタビュー). おたぽる.. http://otapol.jp/2017/04/post-10289.html 2018年10月13日閲覧。 
  25. ^ 毎日映画コンクール 第72回(2017年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞. 2018年10月13日閲覧。
  26. ^ 「こんぷれっくす×コンプレックス」公式 [@wakigeanime_cc] (2018-01-19). "2015年の横浜ではイベントは2週間ありましたが、「こんぷれっくす×コンプレックス」の上映は5回のみなので、2017年公開の扱いになります!" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  27. ^ “毎日映画コンクール初の快挙‼️完全自主映画のワキ毛青春アニメ『こんぷれっくす×コンプレックス』がアニメーション映画賞を受賞!”. cinefil. (2018年1月19日). http://cinefil.tokyo/_ct/17143193 2018年10月13日閲覧。 
  28. ^ “「こんぷれっくす×コンプレックス」毎日映画コンクール受賞記念で下北沢トリウッド凱旋上映”. アニメハック (映画.com). (2018年1月23日). https://anime.eiga.com/news/105747/ 2018年10月13日閲覧。 
  29. ^ “ふくだみゆき×上田慎一郎、わき毛青春アニメ「こんぷれっくす×コンプレックス」上映”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月4日). https://natalie.mu/eiga/news/298011 2018年10月13日閲覧。 
  30. ^ “上田慎一郎の“女子高生版「カメ止め」”が劇場公開、ふくだみゆき監督作も同時上映”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年10月6日). https://natalie.mu/eiga/news/302657 2018年10月13日閲覧。 
  31. ^ “”勢い止まらぬ”展開に!上田慎一郎とふくだみゆきの夫婦監督での全国公開も決定!『こんぷれっくす×コンプレックス』&『恋する小説家』”. cinefil. (2018年9月26日). http://cinefil.tokyo/_ct/17208831 2018年10月13日閲覧。 
  32. ^ 春名風花 (2018年1月18日). “こんぷれっくす×コンプレックスがすごいことになった”. 春名風花 公式ブログ. 2018年10月13日閲覧。
  33. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2015-11-05). "結婚式にお越しいただいたみなさんに、それぞれの似顔絵付きのお礼状をお送りしました。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  34. ^ お写真を元に似顔絵を描きます SNSアイコンや名刺に!プレゼントにも☆”. 2018年10月13日閲覧。
  35. ^ 高揚 | ふくだ みゆき”. 東京女子エロ画祭. 2018年10月13日閲覧。
  36. ^ 15歳。 | ふくだ みゆき”. 東京女子エロ画祭. 2018年10月13日閲覧。
  37. ^ a b “前代未聞の異種格闘戦「ロックvs紙芝居」!…え、なぜ戦うの!?”. J-CASTトレンド. (2011年10月13日). https://www.j-cast.com/trend/2011/10/13109312.html?p=all 2018年10月14日閲覧。 
  38. ^ a b “18組のクリエイターによるオリジナル紙芝居バトル『無差別級紙芝居のフェス』”. cinra.net. (2012年7月25日). https://www.cinra.net/news/2012/07/25/211933.php 2018年10月4日閲覧。 
  39. ^ 出演者情報”. ロックvs紙芝居. 2018年10月13日閲覧。
  40. ^ a b 第4回 福田美由紀監督「CHOCOLATE」”. 映画チャンネル (2011年1月22日). 2018年10月15日閲覧。
  41. ^ 映画チャンネル第34回:ゲスト・上田慎一郎監督”. 映画チャンネル (2014年7月7日). 2018年10月15日閲覧。
  42. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2016-12-23). "私はすごくズボラで気持ちにムラがあるので監督作はたまにしか作りません。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  43. ^ ふくだみゆき (2014年12月31日). “結婚しました。”. note. 2018年10月5日閲覧。
  44. ^ a b 上田慎一郎 (2018年8月3日). 「カメラを止めるな!」上田慎一郎監督  "特大ブレイク"寸前の手応えと不安を直撃!. インタビュアー:竹内みちまろ. FRIDAYデジタル GOLD.. https://friday.kodansha.ne.jp/sn/u/column/105019 2018年10月13日閲覧。 
  45. ^ a b 上田慎一郎 (2018年6月21日). 『カメラを止めるな!』に騙される人が続出中!? “新世代の三谷幸喜”上田慎一郎監督インタビュー. インタビュアー:長野辰次. 日刊サイゾー.. http://www.cyzo.com/2018/06/post_166736_entry_4.html 2018年10月13日閲覧。 
  46. ^ 上田慎一郎×ふくだみゆき 夫婦(めおと)監督傑作選”. LOFT9. LOFT PROJECT SCHEDULE. 2018年10月6日閲覧。
  47. ^ “”カメ止め”の上田慎一郎プロデュース!自主映画で毎日映画コンクール アニメーション映画賞の驚異のアニメ『こんぷれっくす×コンプレックス』再上映!”. cinefil. (2018年8月29日). http://cinefil.tokyo/_ct/17201588 2018年10月13日閲覧。 
  48. ^ 松崎まこと [@nenbutsunomatsu] (2018-08-12). "『コンプレックス×こんぷれっくす』を初見の際は、「奥さんの方が才能ある」と思った(笑)。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  49. ^ 山本博 ロバート [@yamamotoperoshi] (2017-02-16). "「こんぷれっくす×コンプレックス」ふくだみゆき監督と。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  50. ^ 「こんぷれっくす×コンプレックス」公式 [@wakigeanime_cc] (2017-01-31). "【新着イベント!!】2/16(木)20:00回上映後イベント《ロバート山本DAY!!》" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  51. ^ 映画「カメラを止めるな!」公式 [@wakigeanime_cc] (2018-06-28). "☆18:40回上映後≪ロバート 山本博×上田監督トーク≫" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  52. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2014-08-02). "いつか、ベリのMVの監督をするのが夢だったのに、もう一生叶わないかもしれないのね。。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  53. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2018-02-09). "映画監督を目指し始めた頃は、いつかBerryz工房のMV監督をするのが夢の一つでもありました。" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  54. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2012-01-28). "ふくだはこの世でかぼちゃが一番好きなので、アイコンはかぼちゃ色なのです。" (ツイート). 2018年11月21日閲覧Twitterより. 
  55. ^ こんぷれっくす×コンプレックス”. 第七藝術劇場. 2018年10月13日閲覧。
  56. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2016-05-29). "こちら表紙のイラスト描かせて頂きましたー!" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  57. ^ REPORT”. 澤田裕太郎の個人サイトですが. 2011年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月4日閲覧。
  58. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2016-07-07). "アニメ「こんぷれっくす×コンプレックス」の主題歌、北村瞳さんの【こんぷれっくす】のMVを監督しました!" (ツイート). 2018年10月13日閲覧Twitterより. 
  59. ^ ふくだみゆき [@miyukifukuda] (2018-11-01). "この夏はこちらのアニメを作っていました。" (ツイート). 2018年11月2日閲覧Twitterより. 
  60. ^ ふくださんは映画『父の愛人』で助監督をしてくれたひとです。”. Facebook. 映画「父の愛人」 (2016年11月6日). 2018年10月15日閲覧。
  61. ^ 角川裕明 (2017年11月2日). “霊と窓と恵と語と森。”. ミュージカル映画監督の『角川的独言。』. 2018年10月13日閲覧。
  62. ^ “お米派?おっぱい派?「カメラを止めるな!」「こめぱい」ソフト特典の収録に潜入”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月21日). https://natalie.mu/eiga/news/307639 2018年11月21日閲覧。 
  63. ^ あの伝説のイベント「無差別級紙芝居のフェス」がDVD化!!”. 青木基晃の日記 (2013年4月8日). 2018年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]