第一次世界大戦休戦記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第一次世界大戦休戦記念日(だいいちじせかいたいせんきゅうせんきねんび)である11月11日はフランス[1]、ベルギー[2]、セルビア[3]で休日として祝われる、終戦と戦没者追悼の日である[4]。英語ではArmistice(「休戦協定」)からArmistice Dayとも呼ばれる(イギリスでは後にリメンブランス・デーとなった)[5]。アメリカ合衆国でも1919年から11月11日はArmistice Dayとされていたが、第二次世界大戦後、11月11日が連邦政府の祝日復員軍人の日として祝われるようになった[6][7]

11月11日11時はドイツと連合国の休戦協定がなった日時である[8]

2018年には100周年のため仏独両国およびヨーロッパ諸国をはじめとする各国が国際的に企画を実施した[9]

出典[編集]

  1. ^ データブック国際労働比較2012
  2. ^ Mission : Embassy of Japan in Belgium
  3. ^ 大使館案内 : 在セルビア日本国大使館
  4. ^ 1918年11月11日休戦記念日 在日フランス大使館
  5. ^ 粟津 賢太 追悼の多文化主義とナショナリズム:イギリスの事例を中心に 宗教法 (26), 53-77, 2007
  6. ^ 軽部恵子 映画で学ぶ第1次世界大戦(関連サイト付) 桃山学院大学人間科学39 2010-12-15
  7. ^ Veterans Day | U.S. Embassy in Austria
  8. ^ 第一次世界大戦の記憶・記録、6月30日まで募集中!(英国) | カレントアウェアネス・ポータル
  9. ^ 第1次世界大戦休戦記念日、60カ国以上の首脳がパリに 在日フランス大使館

関連項目[編集]