オピーオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オピーオーン古希: Ὀφίων, Ophīōn)、あるいはオピオネウス古希: Ὀφιονεύς, Ophioneus)は、ギリシア神話の神である。オーケアノスの娘エウリュノメーを妻とし、オリュンポスの原初の支配者といわれる[1]。名にオピス(蛇)の語を含むため、蛇の神と考えられている。日本語では長母音を省略してオピオンとも表記される。

神話[編集]

シュロスのペレキューデースによると、かつて神々の間に戦争が起こり[2]オピオネウスクロノスは互いに軍を率いて戦ったが、そのさい両者はどちらかの軍をオゲノス(オーケアノス)に突き落とした方が勝者となり天を支配することができる、という約束をした[3]

この戦いはロドスのアポローニオスによるとクロノスの勝利に終わった。オピーオーンはクロノスと腕力を競って敗れると、妻のエウリュノメーとともにクロノスとレアーにオリュンポスの支配権を譲って、海の中に消えたという[4]。『アルゴナウティカ』の中でこの神話を語っているのはトラーキアの楽人オルペウスであるため、この神話はオルペウスの著書の断片であるとか、オルペウス教の神話であるといわれることがある。

さらにペレキューデースはオピオネウスの誕生や[5]、オピオニーダイ(オピオネウスの子供たち)に関する神話も書いたらしいが[6]、現存していない。

イギリス詩人ロバート・グレーヴスは独自に再構築した原ギリシアの創造神話を「ペラスゴイ人の創世神話」として紹介しているが、そこではオピーオーンはペラスゴイ人の創造神話の神の1人だったと語られている。それによるとオピーオーンはエウリュノメーが北風を両手で捕まえ、激しくこすり伸ばすことで生まれたとされる。そしてエウリュノメーに欲情して交わり、宇宙卵をもうけ、卵の中から世界を孵化させた。しかしオピーオーンはエウリュノメーを差し置いて自らを世界の創造者だと主張したため、怒ったエウリュノメーに踏みつけられた上に牙を抜かれ、地下に追放されたという[7]

脚注[編集]

  1. ^ ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』1巻503~504。
  2. ^ テュロスのマクシモス『哲学談義』4・4。
  3. ^ オリゲネス『ケルソス論駁』6・24。
  4. ^ ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』1巻503~506。
  5. ^ テュロスのマクシモス『哲学談義』4・4。
  6. ^ ビュブロスのピロンエウセビオス『福音の準備』引用1・10、50)。
  7. ^ ロバート・グレーヴス、1・a~d。

参考文献[編集]