アプシュルトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アプシュルトス古希: Ἄψυρτος, Apsyrtos)、あるいはアブシュルトス古希: Ἄβσυρτος, Absyrtos[1])は、ギリシア神話の人物である。

アポロドーロスによればコルキスの王アイエーテースオーケアノスの娘エイデュイアの子で、メーデイア[2]カルキオペーの弟だが[3]ロドスのアポローニオスによるとアイエーテースとコーカサスニュンペーのアステロディアーの子で、異母兄弟のメーデイア、カルキオペーの兄である[4]

アプシュルトスはメーデイアがアルゴナウタイを助けたために殺されたが、様々な説がある。

神話[編集]

アポロドーロス[編集]

ハーバート・ジェームズ・ドレイパーの1904年の絵画『金羊毛』。アプシュルトスは今まさに海に投げ入れられようとしている。ブラッドフォードカートライト・ホール英語版所蔵。

アポロドーロスによれば、アプシュルトスはメーデイアに殺された。イアーソーンとアルゴナウタイが金羊毛の毛皮を求めてコルキスにやって来たとき、メーデイアはイアーソーンを助けた。そしてイアーソーンとともにコルキスから逃亡するさいにアプシュルトスも一緒に連れて行き、アイエーテースが追いかけてくるとアプシュルトスを八裂きにして海に投げ込み、時間を稼いだ。アイエーテースが海からアプシュルトスの遺体を拾い集めたときにはアルゴー船を見失っていたため、アイエーテースは引き返してアプシュルトスを埋葬し、埋葬した地をトモイと名づけた[5][注釈 1]

エウリーピデース悲劇メーデイア』でもアプシュルトスはメーデイアの弟であり、アルゴー船に乗るときに殺されたと述べられている[6][7]

ロドスのアポローニオス[編集]

ロドスのアポローニオスによれば、アプシュルトスはメーデイアの奸計に従ったイアーソーンに殺された。メーデイアがアルゴナウタイとともに逃げたとき、アプシュルトスはアイエーテースの命令で大軍を率いて追跡した。そしてアルゴー船より先にイストロス河(ドナウ川)をさかのぼり、アドリア海に出て、イリュリアと沿岸の島々に軍を上陸させ、海路を封鎖してアルゴー船を待ち受けた。しかしブリュゴイ人の2つの島だけはアルテミスの聖域だったので上陸しなかった。そこでアルゴナウタイはブリュゴイ人の2つの島のうち、アルテミスの神殿がないほうの島に上陸した[8]

追い詰められたメーデイアはイアーソーンに奸計を勧めた。そこでイアーソーンは財宝でアプシュルトスをもてなし、メーデイアはアプシュルトスの伝令使を説得して、アプシュルトスと会って話をつけると伝えさせた。このためアプシュルトスはアルテミスの神殿がある島でメーデイアと会う約束をして、1人で会いに行き、隠れていたイアーソーンに殺された[9]。その地は今はアプシュルテイス人の土地(アプシュルティデス諸島)であり[10][11]、この地名はアプシュルトスに由来するとされる。アプシュルトスが殺されると、兵たちはアイエーテースを恐れ、この土地やイリュリアなど様々な土地に住みついた[12]

ヒュギーヌス[編集]

ヒュギーヌスによれば、アプシュルトスはアルゴナウタイをアドリア海のイストリア半島アルキノオス王のところまで追いかけて行って戦おうとしたが、アルキノオスが間に立って仲裁し、メーデイアをイアーソーンの妻と裁定した。しかしアプシュルトスはアイエーテースの怒りを恐れたため、さらにアルゴナウタイをアテーナーの島まで追いかけて行き、この島でイアーソーンに殺された。アプシュルトスの兵たちはこの地に1市を創建し、アプシュルトスにちなんでアプロソスと名づけ、住みついた[13][注釈 2]

また後日談によれば、アプソロスのコルキス人はヘビの害に苦しめられたが、アテーナイを追放されたメーデイアがコルキスに帰る途中に立ち寄り、ヘビたちをアプシュルトスの墓に投げ込んで人々を助けた。ヘビたちはアプシュルトスの墓から出ようとすると死んでしまうので、そこから出て来なかったという[14]

系図[編集]

オケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセーイス
 
ヘーリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
オデュッセウス
 
 
クレータの牡牛
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
 
 
ペルセース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エイデュイア
 
アイエーテース
 
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
ミーノータウロス
 
カトレウス
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーデイア
 
イアーソーン
 
 
カルキオペー
 
プリクソス
 
 
アプシュルトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メルメロス
 
ペレース
 
アルゴス
 
キュティッソーロス
 
プロンテス
 
メラース
 
プレスボーン
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ トモイは黒海沿岸の地。
  2. ^ アルキノオスは普通はスケリア島の王。

脚注[編集]

  1. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.25a。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・23。
  3. ^ アポロドーロス、1巻9・1。
  4. ^ ロドスのアポローニオス、3巻241行-244行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻9・23-9・24。
  6. ^ エウリーピデース『メーデイア』167行-168行。
  7. ^ エウリーピデース『メーデイア』1334行。
  8. ^ ロドスのアポローニオス、4巻303行-338行。
  9. ^ ロドスのアポローニオス、4巻410行-481行。
  10. ^ ロドスのアポローニオス、4巻480行-481行。
  11. ^ ストラボン、7巻5・5。
  12. ^ ロドスのアポローニオス、4巻511行-521行。
  13. ^ ヒュギーヌス、23話。
  14. ^ ヒュギーヌス、26話。

参考文献[編集]

関連項目[編集]