ネペレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イクシーオーンとネペレー

ネペレー古希: Νεφέλη, Nephelē)は、ギリシア神話に登場するニュムペーあるいは人物である。長母音を省略してネペレとも表記される。

概要[編集]

イクシーオーンを罰する計略のため、ゼウスヘーラーに似せて象った雲から生まれた。

イクシーオーンとネペレー[編集]

血縁者を殺した罪人イクシーオーンを、ゼウスは宴の席に招いた。 イクシーオーンは「ゼウスがヘーラーをしばしば裏切ってきたことから、その恨みを晴らす機会を得れば彼女は応じるだろう」と宴の席でヘーラーを口説くが、それはゼウスが前もって雲から作ったネペレーだった。 イクシーオーンはネペレーと交わっているところをゼウスに見つかり、ヘルメースに鞭打たれた上タルタロスに送られることとなった。

イクシーオーンの死後[編集]

ネペレーはイクシーオーンの子として半人半馬のケンタウロスの祖先を産んだ。 その後、テッサリアアイオロスの息子アタマースと再婚し、彼とのあいだにプリクソスレウコーンヘレーをもうけた。 プリクソスはのちにアタマースの後妻イーノーから殺されそうになったところを、これを憐れんだゼウスから黄金の空飛ぶ羊を贈られ、ヘレーとともにこの羊に乗ってテッサリアを逃れる。しかし途中でヘレーは海に落ち、ヘレースポントスの地名の由来となった。プリクソスは無事コルキスに到着し、黄金の羊をゼウスに捧げた。

一説によれば、プリクソスとヘレーはイーノーを罰しようとしたためにディオニューソスによって狂気にかけられ、森の中にさまよっていたところをネペレから黄金の羊を授けられたともいう。

この黄金の羊は、おひつじ座の由来ともなっており、さらにのちのイアーソーンアルゴナウタイの冒険につながる。

関連項目[編集]