北れい吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「北昤吉」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

北 昤吉(きた れいきち、1885年7月21日 - 1961年8月5日)は、日本思想家評論家政治家教育者。鴨湖、光永、禮華と号す。二二六事件で死刑に処された北一輝の実弟。

人物[編集]

1921年 ドイツ ハイデルベルク城にて

新潟県佐渡市(旧新潟県両津市湊)出身。新潟県立佐渡中学校(新制佐渡高校)を経て早稲田大学では哲学を学び、ドイツ西南学派を研究。ベルクソンリッケルトクローチェなどの影響を受けている。

1914年より早稲田大学講師となり哲学を講ずる。またこのころより大正デモクラシーの旗手として論壇に登場し、民本主義の学問的根拠、政治学のあり方をめぐって吉野作造と論争する。1918年6月渡米、ハーバード大学等で学ぶ。その後フランス、イタリア、スイス、ドイツを歴訪し、1922年に帰朝。

在英ユダヤ人政治学者のハロルド・ラスキと友人になったが帰国直後には兄の北一輝ソ連外交官でユダヤ人のヨッフェを批判していた旨を後に回顧している[1]。また、改造読売新聞東京日々新聞などに論文を寄稿した。

1923年12月27日の虎の門事件(天皇暗殺未遂)の翌日に弁護士小川平吉(警視総監斎藤樹の義理父)が発起した青天会に参加し、また小川と共に日本新聞を主宰した。青天会と日本新聞とは不離の関係にあり、会員の重なる者は本人のほか、井上哲次郎五百木良三阪東宣雄花井卓蔵蜷川新本多熊太郎頭山満大木遠吉大島健一東条英機若槻礼次郎鎌田栄吉原嘉道永田鉄山荒木貞夫永田秀次郎筧克彦川島卓吉上杉慎吉近衛文麿北里柴三郎金杉英五郎江木千之平沼騏一郎星野錫長崎英造鈴木梅四郎若宮卯之助綾川武治国本社)、中谷武世下位春吉等であった[2]。北はその他にも愛国勤労党など様々な愛国的団体に参加した。

その後には大東文化協会に入り大東文化大学教授、大正大学教授をも兼任する[3]1928年、総合評論雑誌「祖国」を創刊、自ら主幹となり評論活動に入る。この雑誌は本来左右を問わない言論発表の場であったが、後に「祖国(同志)会」の機関紙へと性質を変える。

早稲田大学時代の教え子であった金原省吾らに請われて帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)の創立者兼初代校長となるが、学校の運営と移転問題をめぐって学生と対立し、学生のストライキ事件を期に学校は分裂する。1935年、多摩美術専門学校(現在の多摩美術大学)を創設。1936年二・二六事件直前の第19回衆議院議員総選挙で無所属で当選し、政治家へと転身。当選後立憲民政党に入党[4]

戦後一時公職追放に遭遇した時期を除き、衆議院議員として戦後まで活動することとなる。戦前より鳩山一郎と政治活動をともにし、翼賛選挙に反対して議員有志による「同交会」を結成、戦後は自由党鳩山派日本民主党自由民主党に属した。1952年より評論雑誌「猶興」を創刊。兄の北一輝とは相克があったともいわれるが、戦後に兄の「国体論」を出版するなど、その思想を肯定的に評価し、また影響を受けている面も見られる。また、「祖国」において軍国主義論、戦争哲学を発表したことなどから軍国賛美、極端国家主義的であるとしてパージの憂き目を見ているが、それら論評の真意については議論の余地がある。

主要著作・訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『小川平吉翁の回顧』、p.p.55。
  2. ^ 『小川平吉翁の回顧』、p.p.57。
  3. ^ 大東文化協会は、青天会平沼騏一郎が初代総長、青天会社長小川の義理の息子の衆議院議員宮澤裕が初代幹部の一人である。
  4. ^ 大東文化協会は1937年、ヒトラーゲッペルス共著の『人民戦線に対するナチスの宣戦』を翻訳出版。

参考文献[編集]

  • 稲邊小二郎 『一輝と昤吉 -北兄弟の相克-』、新潟日報事業社、2002年6月。ISBN 4-88862-912-9

関連項目[編集]