谷島屋書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社谷島屋
YAJIMAYA BOOKSTORE
YAJIMAYA BOOKSTORE Renjaku store ac.jpg
谷島屋書店本部がある連尺店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
静岡県浜松市中区連尺町309-1
設立 1872年
業種 小売業
事業内容 書籍・雑誌販売、教科書販売、CD・DVD販売、CD・DVDレンタル、オンライン書店、英語教室、音楽教室、ベネッセグリムスクール、家庭学習教材販売
代表者 斉藤行雄
資本金 2000万円(2019年)
売上高 73億1700万円(2005年度)
従業員数 300名、うち正社員70名(2019年)
外部リンク http://www.yajimaya.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社谷島屋(かぶしきがいしゃ やじまや)は、静岡県浜松市中区連尺町309-1に本社を構える書店チェーン。創業は1872年(明治5年)。

歴史[編集]

創設者は初代斉藤源三郎である[1][2]。源三郎は1845年(弘化元年)に谷島屋太兵衛の養嗣子になると、1868年(明治元年)に浜松の紺屋町に書店の「博文舎」を開店させた[1]。当時の浜松では博文舎が唯一の書籍専門店であり[2]浜松城主の井上正直が書いた「博文舎」という扁額がある。1872年(明治5年)に明治政府によって学制が発布されると、博文舎が刊行した『遠江風土歌』が浜松県の教科書に採用されている[1]。同年、斎藤源三郎は浜松宿の大手門前に、屋号の谷島屋を店名とた「谷島屋書店」を創業し、書籍販売の専業となった[1][2]

1874年(明治7年)には文部省から教科書の地方翻刻権を許可され、博文舎の名前で発行された教科書が静岡県内の小学校で広く使用された[1][2]。1886年(明治19年)に教科書検定制度が定められると、検定教科書の供給が谷島屋の営業の柱となった[1]。1916年(大正5年)に三代目の斉藤義雄の時代になると、俳人・図案家の相生垣瓜人によって現在でも用いられているブックカバー(包装紙)がデザインされた[1]。1924年(大正13年)には静岡市に進出した[2]。1938年(昭和13年)には小説家の島崎藤村が谷島屋書店の大看板の題字を書き[2]、現在の連尺店にはこの大看板の複製が飾られている。1941年(昭和16年)には富士市に進出し、戦後の1948年(昭和23年)には磐田市に進出した[2]

2008年(平成20年)には浜松駅の駅ビルであるメイワンに、静岡県で初めて書店にカフェを併設した浜松本店を開店させた[1]。メイワンの浜松本店の売場面積は約600坪であり、約42万冊の本が陳列されている[1]。これにともなって、それまでの浜松本店は連尺店に改称している。同年6月には磐田市のららぽーと磐田に、やはりカフェを併設したららぽーと磐田店を開店させた[1]。2009年(平成21年)には書籍のネット販売を行う「谷島屋オンライン書店」を設立した[1]

特色[編集]

静岡県浜松市磐田市静岡市富士市富士宮市を営業エリアとし、2019年(令和元年)時点で19店舗を構えている。現在はTポイントに加盟しており、「谷島屋Tカード」を発行している。

CDDVDの購入やレンタルができる店舗がある。音楽教室「ヤジマヤスクールズ」や英語教室も運営している。

店舗[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]