ホンダ・CB300R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CB300R
Honda CB 300 R.jpg
基本情報
エンジン 291.6cm3 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
テンプレートを表示

CB300R(シービーさんびゃくアール)はブラジル・ホンダが製造販売している自動二輪車である。他国では観られない独特の排気量設定であり、2010年現在、日本を含むアジア地域では未展開。

概要[編集]

2009年に先代をフルモデルチェンジして誕生[1]。ブラジルやユーロ圏独特のDOHC単気筒エンジンを搭載し、過去に日本国内で販売されていたホンダ・GB250クラブマンやAX-1などに用いられていたエンジンとの互換性は低い。外観はヘッドライトとメーター付近を覆う小型フェアリングを配するなど若者向けの設定がなされている。

脚注[編集]

  1. ^ 本田技研工業株式会社第86期事業報告p5

外部リンク[編集]