プロクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロクレース古希: Προκλῆς, Proclēs, 在位:紀元前930年頃)はギリシア神話の登場人物で、スパルタ王家の一つエウリュポーン朝の始祖とされる人物である。長母音を省略してプロクレスとも表記される。

プロクレスはヘーラクレースから数えて6代目の子孫であり、アリストデーモスアルゲイアーの子であり、エウリュステネースという双子の兄弟がいた[1][2]。アリストデーモスは幼い子らを残して死んだため、アルゲイアーの兄弟のテーラースが二人の後見人となった[3]。そして、成人するとプロクレースとエウリュステネースはデルポイの神託に従って互いを共同統治者としてスパルタの王位に就いたが、彼らは仲が悪かった[4]。このため、代々スパルタには王がそれぞれの家系から二人いる。

次の王位には子のソオスがついた[5]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオレー
 
ヒュロス
 
グレーノス
 
クテーシッポス
 
オネイテース
 
マカリアー
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオダイオス
 
アリスタイクメー
 
エウアイクメー
 
トラシュアノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーサメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリストマコス
 
レオーナッサ
 
 
 
 
 
アンティマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウテシオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
アリストデーモス
 
アルゲイアー
 
テーラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケイソス
 
カラノス
 
ヒュルネートー
 
デーイポンテース
 
アイピュトス
 
プロクレース
 
エウリュステネース
 
 
 


[編集]

  1. ^ パウサニアス、III. 1. 7-8
  2. ^ ヘロドトス, VII. 204
  3. ^ ibid, IV. 147
  4. ^ ibid, VI. 52
  5. ^ パウサニアス, III. 7. 1

参考文献[編集]

先代:
スパルタ王(エウリュポン朝)
紀元前930年
次代:
ソオス