キュクレウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キュクレウス古希: Κυχρεύς, Kychreus)は、ギリシア神話の人物で、サラミース島の王である。

河神アーソーポスの娘サラミースポセイドーンの子[1]。あるいは大地から生まれたとされ、半身半蛇の姿であったといわれる[2]。グラウケー、カリクローの父。一説にグラウケーはアクタイオスの妻で、テラモーンの母[3]。カリクローはスケイローン(一説にはケイローン)の妻で、エンデーイスの母[4]

キュクレウスはサラミース島の人々を悩ませていた大蛇を殺して王となった。しかしキュクレウスは男子がなかったので、死に際してキュクレウスを頼って亡命して来たテラモーンに王国を譲った[5]

サラミース島はキュクレウスが母の名にちなんで呼んだことに由来し、島にはキュクレウスの聖域があった[6]。キュクレウスはアテーナイでも崇拝され、アテーナイがメガラとサラミース島をめぐって争ったとき、ソロンは密かにサラミース島に渡ってキュクレウスとペリペーモスに犠牲を捧げ、サラミース島を占領したといわれる[7]。またサラミース海戦のときに1匹の大蛇が現れたとされ、神託によればその大蛇はキュクレウスであった[8]エレウシースでもキュクレウスは蛇の姿をしていると考えられ、デーメーテールの使いとされた[9]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・7。
  2. ^ リュコプローン、111。
  3. ^ レーロスのペレキューデース(アポロドーロス引用、3巻12・6)。
  4. ^ プルタルコス「テーセウス伝」10。
  5. ^ アポロドーロス、3巻12・7。
  6. ^ パウサニアス、1巻35・2、36・1。
  7. ^ プルタルコス「テーセウス伝」10、「ソロン伝」9。
  8. ^ パウサニアス、1巻36・1。
  9. ^ ストラボン、9・1・9。

参考文献[編集]