ホンダ・CBR400F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CBR > ホンダ・CBR400F
ホンダ・CBR400F
1型カスタム車
CBR400F.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体型式 NC17
エンジン NC07E型 399cm3 
内径x行程 / 圧縮比 55mm x 42mm / 9.6:1
最高出力 58PS/12,300rpm
最大トルク 3.6kg-m/11,000rpm
車両重量 193kg
テンプレートを表示

CBR400F(シービーアールよんひゃくエフ)とは、本田技研工業1983年から1985年にかけて製造・販売していたオートバイである。

概要[編集]

1980年代初頭、業界は空前のオートバイブームを迎えていた。ホンダは激戦区400ccクラスにCBX400Fを擁していたが、各社のライバル勢に対抗すべく発売後わずか2年でフルモデルチェンジ、CBR400Fを発売した。

モデル一覧[編集]

1型[編集]

CBR400Fは1983年12月20日に発売された[1]。8500rpmを境に2バルブから4バルブに切り替わる回転数応答型バルブ休止機構「REV」を採用した空冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンは、発売当時クラス最高の58PS/12,300rpmの最高出力と、3.6kg-m/11,000rpmの最大トルクを発生した。

車体は角断面パイプダブルクレードルフレームにフロント16インチ、リア18インチのNSコムスターホイールを装備。ブレーキはインボードディスクから一般的なアウターボードとなり、前2枚、後1枚のトリプルディスクとした。またデュアルピストンキャリパーの採用や、よりコンパクトになったTRAC(ブレーキトルク応答型アンチダイブ機構)の採用など、足回りは前モデルから大幅に強化された。また角型ヘッドライト下に大型のオイルクーラーを装備し、外観面での特徴となった。

1984年5月31日には、CBR400Fエンデュランスが発売された[2]。ハーフフェアリング、アンダーカウル、さらに2灯式ハロゲンヘッドライトを追加したモデルである。さらに7月にはエンデュランスにフルフェアリングを装備した4,000台限定特別仕様車が発売され、通称エンデュランスと呼ばれた[3]

2型[編集]

1985年8月31日には、CBR400F、CBR400Fエンデュランスはマイナーチェンジを行い、2型となった。ステンレス製集合管マフラーを新たに採用、同時に車体各部の軽量化をはかりアルミ製スイングアーム、アルミ製3本スポークキャストホイールを装備した。外装もアンダーカウルを廃止しすっきりとした印象となった。また、このモデルより、当時盛んだったバイクレースTT-F3を意識した・リアカウル一体式シングルシート、ジュラルミン鍛造バックステップを標準装着したCBR400Fフォーミュラ3が追加された[4]

CBR400Fはホンダ最後の空冷スーパースポーツとして各社の水冷勢に対抗していたが、1986年7月に後継のCBR400Rへとモデルチェンジした。


2010年代に入り、いわゆる暴走族とそのフォロワーに人気の高いCBX400FやHAWK系の中古市場在庫が減少・価格が高騰したため、その後釜として中古車の価格が高騰、盗難事例も増加している。[要出典]

脚注[編集]

外部リンク[編集]