トモーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トモーロス山。現在のトルコ西部、イズミル県のボズダ山。

トモーロス古希: Τμῶλος, Tmōlos, ラテン語: Tmolus)は、ギリシア神話に登場する山の神、あるいは人間である。長母音を省略してトモロスとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

タンタロスの父[編集]

このトモーロスは、リューディア地方のトモーロス山の神で、プルートーとの間にタンタロスをもうけたといわれる[1]。ただし、普通はタンタロスはゼウスとプルートーの子とされる。

オウィディウスの『変身物語』によると、トモーロスはアポローンパーンが音楽の腕を競ったときに判定役となり、アポローンに勝利の裁定を下した。しかしその場に居合わせたミダース王だけはこの裁定に反論しため、アポローンはミダース王の耳をロバの耳に変えた[2]ヒュギーヌスによると、この争いはアポローンとマルシュアースとの間で起こったもので、トモーロスは判定者の役目をミダース王にも与えたとしており、両者はそれぞれ異なる判定を下したという[3]

オムパレーの夫[編集]

このトモーロスは、リューディア王で、オムパレーの夫である。死後オムパレーに王権を残して死んだ[4]

脚注[編集]

  1. ^ エウリーピデースオレステース』5行への古註(ケレーニイの邦訳、p.51)。
  2. ^ オウィディウス『変身物語』11巻150行-193行。
  3. ^ ヒュギーヌス、191話。
  4. ^ アポロドーロス、2巻6・3。

参考文献[編集]

関連項目[編集]