イズミル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Turkey.svgİzmir ili
イズミル県
Acropolis - Bergama (Pergamon) - Turkey - 10 (5747249729).jpg
イズミル県の位置
イズミル県の位置
概要
地方: エーゲ海地方 (トルコ)
県都: コナク
県番号: 35
面積: 11,891 (km2)
人口: 4,394,694 2020年
人口密度: 370 人/km2
自治体数: 30
Location ofイズミル県の位置

イズミル県の自治体
市外局番: 0232
知事:
Yavuz Selim Köşger 
公式サイト:

イズミル県(イズミルけん、トルコ語: İzmir ili)はトルコ共和国エーゲ海地方にある県。エーゲ海を西に臨み、エーゲ海沿岸の東端に位置している。面積は11973km2、人口は432万0519人でありトルコで三番目に人口が多い。イズミル大都市自治体とは同一範囲である[1]

北にバルケスィル県、東にマニサ県、南にアイドゥン県と接している。県番号は35であり、トルコのナンバープレート番号も35とされる。

歴史[編集]

この地域は紀元前11世紀のイオニアギリシャ人によってスミルナ市として設置された。

元々、古代ギリシャ帝国の一部であり、その後ペルシャ人に征服され、さらに後にローマ帝国によって奪還された。ローマ帝国の解体後は、ビザンチン帝国がこの地を征服し、さらにその後オスマン帝国に征服されることになる。

第一次世界大戦でオスマン帝国は敗戦し、この県はギリシャに割譲されることになったが、トルコ独立戦争時にケマル・アタテュルクの率いる軍によってギリシャから取り戻された。結果としてローザンヌ条約で全てのトルコ人およびムスリム以外の人間がこの県から追放され、イズミル県はトルコ共和国に編入されたのである。

1984年にイズミル市は大都市自治体に指定されていた。2007年にイズミル周辺の9つの自治体が同市に編入し[2][3]、2012年にイズミル県全域がイズミル大都市自治体として指定され、現在に至る[1]

地域[編集]

この県には30の区がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Başbakanlık Mevzuatı Geliştirme ve Yayın Genel Müdürlüğü”. www.resmigazete.gov.tr (12/11/2012). 2022年2月3日閲覧。
  2. ^ Büyükşehir Belediyesi Kanunu 5216” (トルコ語). İzmir Metropolitan Municipality. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ Projenin Sınırları” (トルコ語). İzmir Metropolitan Municipality (2009年). 2019年11月25日閲覧。