クスートス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クスートス古希: Ξοῦθος, Xuthōs, 英語: Xuthus)は、ギリシア神話の登場人物である。長母音を省略してクストスとも表記される。

神話[編集]

ヘレーン・母オルセーイスOrseis)の次男で、 兄弟には兄の長男アイオロスと 弟の三男ドーロスがいる。

アテーナイエレクテウスの娘クレウーサと結婚し[1] 、2人の息子イオーンIon)とアカイオスAchaeus)の父となったため[2]イオニア人アカイア人の始祖とされている。ほか、娘のディオメーデーは後にポーキスデーイオーンの妻となった。

系図[編集]

ウーラノス
 
ガイア
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアペトス
 
 
 
 
 
アシアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロメーテウス
 
エピメーテウス
 
パンドーラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デウカリオーン
 
 
 
ピュラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
オルセーイス
 
 
 
アムピクテュオーン
 
 
 
プロートゲネイア
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドーロス
 
クスートス
 
クレウーサ
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオーン
 
アカイオス
 
 
 
カリュケー
 
アエトリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス1巻7・3。
  2. ^ パウサニアス、7巻1・2。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]